学校でメイクばれた時の言い訳は?ばれないナチュラルメイク方法!

学校,メイク,ばれた,ナチュラル,ばれない
メイク

学校,メイク,ばれた,ナチュラル,ばれない

学校でメイクばれた時の言い訳はなんというべき?ばれないナチュラルメイク方法をご紹介します!学校ではナチュラルメイクでちょっとでも可愛くなりたい!という女子必見の、メイクがばれた時の言い訳はどんなものが適切?ばれないナチュラルメイク方法をチェック!

スポンサーリンク

 

学校でメイクがばれた時の対応はどうすればいい?

中学生・高校生の時期って、丁度おしゃれに関心を持って、メイクに興味がわいたり、周りの目を意識し始める年齢なんではないでしょうか??

中学生はまだしも、高校生になって新しい環境に、新しい友達、自分を変えて新しい自分でスタートしたい!なんて思う子、多いと思います。私がそうでした…(笑)

雰囲気を変えるのに、まずはみんな髪形を変えたりしますね。

でも女の子なら、次に挑戦したいのはメイクなんじゃないかな~!!

ただ、メイクも加減が大事で、やりすぎだと可愛く変身どころか、逆にケバくなってしまったりしますが、これも初心者だとなかなか難しく、失敗することも多い気がします。

そもそも、普段からメイクを取り入れたいなら、余程拘束が緩いところでないと、生活指導の先生方なんかに、注意されてしまいますよね…。

とりあえず、学校でメイクがばれてしまったときは、第一に謝りましょう!!

やっぱり大体の学校は、メイクは禁止で校則違反になってしまうんだろうし、注意されたなら、ここは素直に謝った方が早いです…いろいろと(笑)

またこの時、下手な言い訳してしまうと、余計に先生からのお説教が長引いたり、『あの子だって…』とか友達のことを告げ口したりしたら、友達にも飛び火して、迷惑をかけてしまったり、最悪友情関係が怪しくなってしまう可能性もあります。

あとは、私立学校など、かなり校則が厳しい学校なら、学校メイクはあきらめるしかないですね。

高校を卒業すると、メイクが自由になることがほとんどで、あまりに濃いメイク以外は、メイクを注意される職場なんてそうそうないと思います。逆に、人前に出る仕事に就いた場合、メイクをしないことが失礼に当たったりもしますしね…。

学生のうちから毎日メイクを楽しむのも憧れますが、メイクをしていると、やっぱり肌の負担も少なからずあり、色素沈着を起こしやすかったり、肌荒れしやすかったりとデメリットもあるんです。

だから、校則が厳しい学校の場合は、学校ではメイクを少し我慢して、休日に思いっきり素敵なメイクをしたほうが、学生生活楽しめる場合もありますよ!!

 

スポンサーリンク

 

学校ではメイクが映える美肌やまつげ、美眉を育てるのも手!

まず、ナチュラルメイクに大事なのは、美肌です。

お年頃の女の子は、肌に自信がない子もいますよね。

にきび肌だったり、部活を頑張ってた証で、真っ黒に日焼けした肌だったり、ソバカスが嫌なんて子も…。

肌悩みはいろいろありますが、大事なのは日焼け止めです。

日焼け止めは、雨の日には必要ありませんが、晴れの日以外でも、曇りの日だって必須なんですよ!

体育で外に出る前や、プール、長時間外に出る前に、面倒くさくても日焼け止めを塗り直すことは大事です。

紫外線はお肌の大敵ともいわれていますし、なるべく日頃から、日焼け止めをつけておくといいでしょう!!

おススメは、夏場はSPF50 PA+++、秋〜春はSPF30 PA++くらいの日焼け止めです。

今は、ウォータープルーフの日焼け止めもありますし、日焼け止めを塗るだけで、肌がトーンアップして綺麗に見える効果のある日焼け止めなんかもあります。

そして、日焼け止めをつけた日は、必ずクレンジングをするのを忘れないように注意です。

クレンジングが面倒だって子には、肌に優しく、洗顔不要の日焼け止めもあるので、そちらがおススメです。

また、美肌だけではなく、美眉・美まつげも大事なポイントです。

今人気なのは、夜寝る前に眉毛やまつ毛につけるだけの、簡単な美容液です!!

眉毛はカットしたりシェーバーを使って剃るのはいいけど、ピンセットでの抜きすぎには注意です!!!

日頃の手入れを頑張って、美肌・美眉・美まつげを手に入れましょう~。

 

美肌づくりのポイント

美肌つくりには、まず、メイクをする前に、洗顔しておくことが大事です。

化粧水や乳液などでお肌を保湿して、整えてから行うといいと思います。

丁寧に洗顔することで、ニキビ予防にもなりますし、ただ洗顔の際はすすぎをきっちりとしてないと、ニキビの原因にもなりますので、すすぎ残しがないかなど、きちんと確認してください。

化粧水や乳液をつけるときも、顔をこすったりせずに、コットンを使ったり、優しくハンドプレスして、入れ込むようにつけていくと、美容成分が浸透しやすく、美肌になれますよ!

 

スポンサーリンク

 

美まつげ作りのポイント

さっきもいいましたが、美まつげ作りには、今人気のまつげ専用美容液です!!

これは寝る前に、マスカラのようにまつげにつけて寝るだけで、まつ育ができるアイテムです。

アレルギーなどで目を掻きすぎちゃったり、毎日のビューラーやマスからメイクで、まつげが切れて痛んだりしている子には、絶対おススメなので、ぜひ使ってみてください。

 

学校で比較的ばれないメイク方法!

学校でばれたくないメイクをしたいなら、隠したい部分だけを隠して、尚且つ他のメイクは、薄く控えめにということが大事になってきます。

例えば、ニキビやそばかすを気にしているなら、色付き下地やコンシーラーで、その部分を重点的に隠す…

目の大きさが気になるなら、まつげを軽くビューラーで上げて、カールをキープできるようなマスカラを薄く…

血色が気になるなら、薄めのチークに、つやつやしすぎない、できればマットタイプのリップを重ねる…など。

全部をばっちりではなく、どこを重要視するか絞って、メイクをしてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

ナチュラルに盛る方法

メイクをナチュラルに盛りたいなら、何度も言いますが、どこか1・2か所くらいに重点を置いて、メイクをすることです。

これは一番ナチュラルに仕上がると思いますし、メイクも綺麗に仕上がると思います。

挑戦してみてくださいね~!!

 

ベースメイク

ベースメイクですが、学生さんのきれいな肌には、まだファンデーションは肌に負担がかかるので、毎日の学校メイクにはおススメできません。

普段のベースメイクは、日焼け止めを使ったり、どうしても必要なら、CCクリームなどのあまり肌に負担のかかりにくいものを選ぶといいですよ。

一時すごく流行ったBBクリームよりも、CCクリームの方が、美容成分がたっぷり含まれていて、肌の負担も少なく、薄付きです。

日焼け止めも含まれているので、ベースメイクはCCクリーム1本で十分だと思います。

そして、もしそれでも気になる赤いニキビや、黒ずんだニキビ跡、ソバカスなどを隠したい場合は、コンシーラーをおススメします。

アイメイク

アイメイクですが、校則が厳しい学校ほど、アイシャドウ選びを気をつけた方がいいです。

パールやラメの入ったアイシャドウは、キラキラしすぎて見えるので、すぐバレてしまっておススメしません。

アイシャドウを使いたいなら、マットなブラウンシャドウが一番ナチュラルに仕上がりますよ。

あとは、目力アップにはアイラインがとても重要です!!!

特にまつ毛が薄い人などには、アイラインを隠して粘膜に引くようにすれば、確実に目力アップします。

また、アイラインの色は、ブラックよりもブラウンやネイビーの方が落ち着いた色で目立ちにくいですよ。

 

スポンサーリンク

 

まつげメイク

まつげメイクは、ビューラーでまつ毛をカールさせ、マスカラを軽く塗るといいです。

このマスカラも、学校ならば、ブラックよりは透明マスカラの方が、より目立つことなく自然に可愛く仕上がります。

また、普通のビューラーではまつ毛が下がりやすい人は、ホットビューラーを使ってみるのも手です。

ただ、注意点が!

ホットビューラーは、カールの持ちがよくなりますが、熱いので瞼のやけどには注意しましょう!

また、普通のビューラーでも、あまり力を入れてしまうとまつ毛が抜け落ちてしまいますから、なるべく優しく力を抜いてカールさせましょう。

 

リップメイク 放課後メイクのおすすめは?

学校でナチュラルに仕上げたいなら、リップは色付きリップで、尚且つグロス感のあまりない、マットなタイプをおススメしますが、放課後のメイクなら、それに透明グロスを重ねることで、一気に可愛さが増します!

グロスは唇がツヤツヤになるので、少し印象を変えたい時には、重要アイテムです。

うるうるな唇は、彼氏や好きな男の子と話したいときなどの自信に繋がるでしょうし、味方になってくれますよ!!!

 

学校でメイクばれた時の言い訳は?ばれないナチュラルメイク方法!まとめ

今回は「学校でメイクばれた時の言い訳は?ばれないナチュラルメイク方法!」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、良い情報が入ったら更新していきますね!

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。