梅雨の髪の毛対策はスタイリング剤とオイルでバッチリ!小頭効果も!

雨の日

梅雨の髪の毛対策って気になりますよね。どうしても癖が出てしまったりする季節です。そんな悩みには梅雨の季節はスタイリング剤とオイルでバッチリ!小頭効果もありますよ!梅雨の髪の毛対策として選ぶべきスタイリング剤やオイルでもチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

 

梅雨の髪の毛がまとまらない理由は?

雨の日や梅雨時は、髪がキマらなくて憂鬱‥‥。

スタイリングが上手くいっても家を出たら数分で崩れてしまったり、いつも以上にクセが出てしまったり‥‥。

そのそも雨の日は髪がまとまらない!という悩みはなぜ起きるのでしょうか。

雨の日や梅雨時に髪がまとまらない原因はズバリ、髪のダメージ!

髪が痛むと、まずキューティクルが剥がれてしまいます。

 

キューティクルが剥がれると、剥がれた部分から水分(湿気)を吸収します。

吸収した水分(湿気)は、キューティクルの内側にあるコルテックスにため込まれます。

この時、ため込んだ水分(湿気)が膨張し、髪にうねりが起こります。

 

さらに、水分(湿気)を含んだ髪の毛は、一本一本がそれぞれ膨張し、異なる形状になるため、髪全体の広がりに繋がってしまうのです。

髪が傷むとキューティクルが剥がれ、そこから水分を吸収して膨張し、うねりの原因に。

傷んだ髪の状態がイメージできたところで、次に、髪のダメージの原因をくわしく見ていきましょう。

 

梅雨の髪の毛がまとまらない理由①紫外線の影響

顔や手足など肌の紫外線対策をされている方は多いですが、髪の毛の紫外線対策をしているという方は多くはありません。

しかし、髪の毛は顔の倍以上の紫外線を受けていると言われているほど。

紫外線によって火傷のような状態になった髪はキューティクルが壊れてしまいます。

この痛みによって枝毛や切れ毛など様々な髪の悩みにつながります。

 

スポンサーリンク

 

梅雨の髪の毛がまとまらない理由②ブラッシングのしすぎ

髪の毛のブラッシングはサラサラな髪を作るために大切なことですが、絡まった髪を無理やり引っ張るようにブラッシングをすると痛みの原因に。

 

梅雨の髪の毛がまとまらない理由③ヘアカラーやパーマによるダメージ

女性はヘアカラーやパーマなどを頻繁に繰り返している方も多いですよね。

ヘアカラーで使用するブリーチ剤や、パーマをかけるときに使うパーマ剤に含まれる成分によってキューティクルが剥がれて髪内部の栄養分も流れ出てしまいます。

これを放置して、カラーやパーマを繰り返し続けると、より深刻なダメージになります。

 

スポンサーリンク

 

梅雨の髪の毛をまとめるための対策は?

湿気の多い日や雨の日でも、スタイリング剤を使えばしっかりと髪をセットできますが、さらにスタイル力をアップさせるためには崩れにくい髪を作る事が大切です。

よりスタイリング剤が効果を発揮してくれるような髪質作りのポイントをご紹介します。

 

梅雨の髪の毛対策:ドライヤーでしっかり乾かす!

髪型が崩れる一番の原因は水分です。

髪の表面に付いた水分は蒸発する際に髪の中の水分も奪っていってしまうのでキューティクルが浮いてきてしまい、うねりや広がりの元となってしまいます。

髪を洗ってからスタイリングを始めるという方は、頭皮の近くや襟足などの乾きにくい部分もしっかりと乾かしてからスタイリングをするようにしましょう。

 

梅雨の髪の毛対策:ヘアケアアイテムで髪の芯に潤いを

髪表面の水分ではなく髪の芯に潤いを持たせるとハリやコシが生まれ、しっとりと扱いやすくなります。

お風呂上がりのタオルドライの後に、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどで髪の芯に潤いをチャージしてからドライヤーをすれば、

髪の底力をアップさせてくれて徐々にセットが崩れにくい髪質になっていきますよ。

 

スポンサーリンク

 

梅雨の髪の毛をまとめるためのスタイリング剤3選

髪が広がるのはくせ毛や髪の傷み等、色々な原因がありますが特に、雨が多く湿度の高い季節には、毎朝、髪がパサパサして四苦八苦する事も少なくないですよね。

ですが、広がる髪の対策は、毎日のスタイリング剤やシャンプーに少し拘ってみるのもとても重要なポイントで髪質に合ったケアをする事で驚くほどパサパサが落ち着いて嘘のようにセットがしやすくなることも珍しくありません。

スタイリングした髪型を長時間しっかりキープしたい場合はヘアスプレーがおすすめ!

コテで巻いた髪やしっかりめのセットをする時に向いています。

 

梅雨の髪の毛スタイリング剤:VO5 スーパーキープ エクストラハード

 

ヘアスプレーのスーパーハードタイプではロングラン商品の「VO5 エクストラハード」。

男女問わず支持されているヘアスプレーでキープ力が高いので、動きのあるヘアスタイルを作りたい時や雨・風強く崩れるのが心配な時など、ここぞというタイミングで活躍してくれます。

髪をかっちり固める時にもふんわり感を出してキープする時にも、マルチに使えるのが魅力の一つ。

 

梅雨の髪の毛スタイリング剤:クフラ リッジカールスプレー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミルボン クフラ リッジカールスプレー 175g
価格:1026円(税込、送料別) (2019/6/7時点)

楽天で購入

 

 

巻き髪専用のヘアスプレーなのでコテで巻きを作る方におすすめ。

髪をコテで巻く前に使用します。

ボリュームのあるカールをふんわりとキープさせたい時にぴったりのヘアスプレーです。

べたつかず、ウェット感も出ないのでふわふわカールも長時間キープしてくれる上に短時間でカールを作ってくれるので、コテの熱による髪のダメージを軽減してくれます。

 

梅雨の髪の毛スタイリング剤:手ぐしが通せるケープ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花王 Kao 手ぐしが通せるケープ ふんわりスタイル用 微香(140g)
価格:619円(税込、送料別) (2019/6/7時点)

楽天で購入

 

 

ヘアスプレーなのに固まらずにスタイルキープ出来る新しいタイプのヘアスプレー「手ぐしが通せるケープ まとまりスタイル用」自然なまとまり感を出してくれます。湿気で髪が浮いてきてしまう方や、うねりが出てきてしまうといった方におすすめのヘアスプレーです。

固まらないので、気になったところは手ぐしを通して整える事が出来るのが最大のポイント

>>雨の日のロングアレンジはコチラ!

スポンサーリンク

梅雨の髪の毛をまとめるおすすめオイル3選

ヘアオイルはスタイリングにもヘアケアにも使えるマルチなヘアアイテム。

スタイリングの下地に使う場合が多いですが、最近のヘアオイルにはつけるだけで髪をまとめてくれる効果のあるものもあります。

また、潤いのある健康的な髪は扱いやすくスタイリングもやりやすくなるので、シャンプー後などにヘアオイルでしっかりケアをあげるのも効果的です。

>>雨の日のミディアムヘアアレンジ!

 

梅雨の髪の毛おすすめオイル:ケラスターゼ オレオリラックス

 

@コスメでベストコスメ大賞の殿堂入りもしたことのある実力派ヘアオイルです。

クセやダメージで広がりやすくなった髪に潤いをもたせてしっとりとまとまりやすい髪にしてくれます。

お風呂上がりのタオルドライの後に数プッシュを手に取り全体に馴染ませてからドライヤーをするのがおすすめの使い方です♪

 

梅雨の髪の毛おすすめオイル:マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター

 

またアレンジ前の髪にシュッとスプレーするだけで、きれいにまとまり、ヘアスタイルもキープしてくれるスタイリングウォーターです。

髪の毛が扱いやすくなるので、湿気の多い雨の日でも難しい編み込みもやりやすくなり、ヘアアレンジが苦手な人にもおすすめです。

さらに髪が細くて柔らかいお子さんの髪や、サラサラしてまとまりにくい髪にもぴったり。

 

梅雨の髪の毛おすすめオイル:ロレアルパリ 艶髪オイル

 

髪のバサつきが気になり、ツヤの少ない方はこちらのヘアオイルがおすすめ。

光を反射する特殊な成分を配合しているので鏡のようにキラキラとしたツヤ髪にしてくれます。

軽いつけ心地で寝グセ直し&スタイリングに使えるので、さっと馴染ませて髪を整えればそのままセット終了!朝の準備の時短にもなる便利アイテムです。

>>雨の日の髪型アレンジ前髪編!

 

梅雨の髪の毛対策はスタイリング剤とオイルでバッチリ!小頭効果も!まとめ

湿気が多く、雨の季節になると髪型も乱れがちでヘアスタイリングには不向きな時期となってしまいますが、湿度に強く髪質に合ったスタイリング剤を選べば梅雨でも快適に過ごす事が出来ます。

雨の季節が近づいてくるとバラエティショップなどでスタイリング剤の湿気対策コーナーなどが設けられている事もあるので、自分にあったものを見つけてみてくださいね。

これからの季節をこれらの技で乗り切りましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

>>雨の日の髪型キープ方法!学校でもOKなアレンジは?

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。