イッテQのナレーション変わった?変更理由や2人いる説を検証!

イッテq,ナレーション,変わった,変更
イッテQ

イッテq,ナレーション,変わった,変更

イッテQのナレーション変わった?声が変わった気がする・・・という説は本当なのでしょうか?変更理由や2人いる説を検証!イッテQのナレーションは実際に変わったの?いつ?変更理由やナレーションは2人いる説を検証!イッテQのナレーションはどこで使い分けているの?

 

 

イッテQのナレーションは面白いツッコミと声で大人気!

日本テレビ系『謎とき冒険バラエティー世界の果てまでイッテQ!』は、今や大人にも子供にも大人気の番組です。

司会者・内村光良をはじめ、「イッテQ!」メンバーがとにかく面白いと人気です。

「イッテQ!」のレギュラーメンバーには、珍獣ハンターでお馴染みのイモトアヤコさん、宮川探検隊でお馴染みの宮川大輔さん、温泉同好会でお馴染みのいとうあさこさんや、お笑いトリオ芸人「森三中」の大島美幸さん、黒沢かずこさん、村上知子さんがいます。他にも、24時間マラソン完走でも有名になったみやぞんさんや、出川イングリッシュでお馴染みの出川哲朗さん、Qチューブでお馴染みの、芸人「ロッチ」のロッチ中岡さん、ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也さんなどなど…。

最近では、ゲストで女優の木村佳乃さんなど、普段見れないような行動だったり、女優の皮を破ったいろいろな過酷な挑戦などが見れて、とても笑えて楽しいです!!

https://twitter.com/maximacchan/status/1104358820904488960?s=21

でも番組人気の理由は、出演者の方々だけではないんです。

番組を陰で盛り上げているのに忘れてはいけないのが、ナレーターさんです!!

「イッテQ!」の人気の秘密には、いつも面白おかしく、番組を盛り上げてくれるのはナレーターさんのおかげでもあります。

少し毒舌で口が悪くて、あまりにも面白いナレーションをすることから「イッテQ!」の名物となっているそうです。

ナレーターさんも番組「イッテQ」の人気を支えているというわけですね!!

 

イッテQのナレーション変わったという噂は本当?変更理由は?

イッテQのナレーションは、変わったのではなく、もともと担当が2人いるらしいです。

担当者1人目は、高木文彦さんです。

そして担当者2人目は、真地勇志さんです。

 

スポンサーリンク

 

イッテQのナレーションを担当している人は3人いた?

イッテQのナレーションを担当している人は3人いる?ということで調べてみましたが、やっぱり上記のお2人だけのようで、他には見当たりませんでした…。

ただ、番組内の看板コーナー、俳優の金子貴俊が海の奇跡の映像の撮影に挑戦する「オーシャンズ金子」のコーナーのナレーションに関しては、田口トモロヲさんという方が担当しています。

田口トモロヲさんは、もともと「プロジェクトX」のナレーターさんで、「イッテQ」でも、「プロジェクトX」のパロディ要素を含む「オーシャンズ金子のプロジェクトQ」でナレーションで出演しているので、それで3人ということなのかもしれませんね。

 

イッテQのナレーション:立木文彦のプロフィールと経歴

名前:立木文彦(たちきふみひこ)

生年月日:1961年4月29日

出身地:長崎県

血液型:A型

職業:声優、ナレーター

事務所:大沢事務所
主なナレーション担当番組として、日本テレビ「嵐にしやがれ」、「世界の何だコレ!?ミステリー」などに声出演しています。「うわっ!ダマされた大賞」や「オールスター感謝祭」、最近では、総合格闘技イベント「PRIDE」のナレーターとしても有名な方ですね!

1982年に「戦闘メカ ザブングル」というアニメの端役がデビューでした。

その後、たくさんのアニメに出演し、洋画の吹き替えを担当したり、色々な番組やCMのナレーションも努めています。

声に特徴があり、低めのダンディな声で、なのに今まで声が枯れたことがないという強い声帯の持ち主でもあるそうですよ。
また、ファンの方たちからは「ぶんちゃん」や「ふーみん」と呼ばれているそうで、親しまれているそうです。
スポンサーリンク

イッテQのナレーション:真地 勇志のプロフィールと経歴

名前:真地勇志(まちゆうじ)

生年月日:1962年8月8日

出身地:神奈川県

血液型:A型

職業:声優、ナレーター

事務所:青二プロダクション
主なナレーション担当番組として、日本テレビ「一億人の大質問!?笑ってコラえて!」や日本テレビ「秘密のケンミンSHOW」に声出演しています。

他にも、TBS「世界・ふしぎ発見!」や「新・情報7days ニュースキャスター」など、多数のテレビ番組でナレーションを務めています。

また、過去の番組ではありますが「あいのり」のナレーターとしても、とても有名な方でした。

どこかで聞いたことあるような…といった声が、真地さんだった!という人も多いのではないでしょうか??

「バナナマンのせっかくグルメ」の第2期レギュラー放送の途中、2017年3月19日から、番組内のグルメパートのナレーションも担当し始めました。

 

イッテQのオーシャンズ金子のナレーション:田口トモロヲのプロフィールと経歴

名前:田口トモロヲ(たぐちともろを)・本名:田口智朗(たぐちともお)

生年月日:1957年11月30日

出身地:東京都武蔵野市

血液型:O型

職業:俳優、ナレーター

事務所:マッシュ

主なナレーション担当番組は、「植物男子ベランダー」や「バイプレイヤーズ」シリーズ、その他にも、数々のテレビドラマや映画に出演しています。

田口トモロヲさんは、大学時代から劇団に所属していましたが、それだけではなかなか生計がうまくたたず、「エロ漫画家」や「イラストレーター」、「ライター」などの仕事もしていたようです。

一番驚くのが、なんと田口トモロヲさん、俳優として、「ピンク映画」や「アダルトビデオ」にも出演していたとか!!

パンク・ファンクバンド、「ばちかぶり」のボーカリストとしても活動しています。

かつてNHKで放送されていたドキュメンタリー番組の「プロジェクトX~挑戦者たち~」のナレーションでも有名な方です。

また、あの高視聴率ドラマ「ドクターX」でもナレーションを務めていて、有名な冒頭の言葉、『群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器。外科医・大門未知子。またの名を、ドクターⅩ』も、田口トモロヲさんのお声です。

 

スポンサーリンク

 

イッテQのナレーションを効果的に使う編集も面白い!

イッテQのナレーションは、NEWSの手越祐也さんを無茶苦茶いじる、「イエーイ」というナレーションや、オカリナさんを「宇宙人」、いとうあさこさんをいじる「ババア」呼ばわりしているナレーションが、斬新でちょっと笑えてしまい、センスに溢れています。

たまに、このツッコミというか言い回しが苦手で、「このナレーションだと番組を見たくない…」なんて意見もあるようですが。

個人的には、手越裕也さんが何かの挑戦に失敗するたびに、「それでは御唱和してください。どうか成功しないでください。」と言ってみたり、時には「出川哲朗53歳 魂の叫びを我々は聞いた!」など、天才的というか、普通思いつかないような言葉選びで、視聴者の心をつかんでいて大好きです。

「イッテQ」の出演者さんたちの、色々な挑戦も、時にすごく笑えてしまいますが、そのロケVTRをさらに面白く作り上げる、絶妙なナレーションさん達のセンスはすごいですね。

 

イッテQのナレーション変わった?変更理由や2人いる説を検証!まとめ

調べた結果、「イッテQ」のナレーションさんが変更?という事に関しては、変更したのではなく、初めから交代で、そして企画コーナーによって3人の方々が回している、ということだったようですね。

立木文彦さん・真地勇志さん・田口トモロヲさんの凄腕ナレーションお3方でした。

ナレーションの方々って、失礼ながら、みなさんも普段テレビを見ていて、あまり重要視したことがないと思いますが…(笑)よく聞いてみると、「あ!あの番組でもこの声聞いたことある!!」とか「ん?この声どっかで聞いたような…??」といった風に思うことはあると思います。

番組の面白さも大切ですが、ナレーションの方によって、また一つ番組の面白みが変わったりすることもありますし、そこを注目して番組を視聴してみても、とっても面白いと思いますよ~!!

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。