あなたの番です エレベーターの秘密!久住はドライバーで何してる?

スポンサーリンク

あなたの番です,エレベーター,あなたの番です,ドライバー

ドラマ「あなたの番です」で袴田演じる久住がエレベーターでコソコソとドライバーをいじっているのがバレて、話題になっていますね・・・。気弱そうに見えて侮れない人物、久住は一体何をしているのでしょうか?ドラマ「あなたの番です」のエレベーターやドライバーの秘密は?

「あなたの番です」の見逃し動画を無料視聴する方法・再放送情報はこちらをチェック!!

>>「あなたの番です」の動画を無料視聴する方法を実際に検証しました!

 

スポンサーリンク

 

あなたの番ですの久住(袴田吉彦)ってどんな人物?

『あなたの番です』の袴田吉彦さん演じる久住譲は、あのマンションの101号室の住人です。

45歳独身で、職業は会社員です。

性格的には、人がよく、でもとても流されやすい性格です。

そして、何故か外出するときは、いつもマスクにサングラスなどで顔を隠し怪しいスタイルです。

でもこれに関しては、『あなたの番です・第5話』で、久住自身がこう話しています。

「自分は昔から俳優の袴田吉彦に似ていると言われ続けて、からかわれたりしたのがトラウマだから、いつもマスクにサングラスで外出している」と。自虐ネタで笑えました(笑)

これで怪しい格好の謎は解けましたね。

あとは、久住はブータン料理店『ドルジ食堂』の常連客です。

 

あなたの番ですの久住(袴田吉彦)がエレベーターをドライバーでいじっていることが発覚!

『あなたの番です・第3話』で、片桐仁さん演じる、マンション403号室に住む藤井淳史が、洗濯機の中にあった生首に恐れおののいて部屋の外に飛び出し、エレベーターに乗ろうとボタンを押したけど、4階の表示が出ているにもかかわらずドアが開かなかったシーンがありました。

そして、藤井は仕方なく部屋に戻りましたが、そのタイミングで、久住らしき人ががエントランスから出ていきました。

翌朝には、久住がドライバーを持って、エレベーターで1階に降りていったのです。

マンションの103号室に住む、生瀬勝久さん演じる田宮淳一郎が、1階からエレベーターに乗ろうとした時に、久住と鉢合せますが、久住はささっとドライバーを隠し、怪しい行動をしました。

田宮は、エレベーターで降りてきた久住が、またそのまま上がろうとした為、これは1階に降りるためにエレベーターに乗ったんじゃないな…と怪しい目で久住を見ていました。

スポンサーリンク
  

 

あなたの番ですの久住(袴田吉彦)はエレベーターを止めていた?なぜ?

こうなると、やはりエレベーターを止めていたのは久住ということになりそうですね…。

止めていた理由は謎のままですが、『あなたの番です・第5話』で、警察捜査資料から久住の勤務先が一瞬映ったようなんです。そこに記載されていた、久住の勤務先は「JB設備」という会社でした。

もしこの会社が、エレベーターや住居設備のメンテナンスなどをする会社だとしたら、久住にはエレベーターを止めることは可能ということにもなりえます。

また、エレベーターを止めていた理由は、普通に考えたら、久住が藤井の部屋に生首を置いた犯人…ということになるような気がします。まだまだ謎です。

 

スポンサーリンク

 

あなたの番ですの久住のエレベーターとドライバーにみんなの考察は?

『あなたの番です』の久住の考察をします。

『あなたの番です・第3話』までの久住は、マンションの住人達と紙を引くシーンで、普段はあまり浮かない顔の久住が、その時だけ変にハキハキしてること。

『あなたの番です・第2話』で、ブータン料理屋で久住が、藤井と、原田知世演じる手塚奈菜と、田中圭演じる手塚翔太と、この4人が鉢合わせた時に、久住が藤井をずっと尾行していたこと。

藤井が部屋の洗濯機の中に、ドクター山際の生首を見つけた後に、久住はエレベーターの扉を開かないようにエレベーターの中に隠れていたんじゃないか…てことは犯人??

それから、住民会での話し合いの時に、警察に交換殺人ゲームのことを話すか話さないかの意見を出し合っているときも、断固として警察に届けを出すのを拒否するような姿勢を見せたこと。

これら、数々の怪しい久住の行動や言動から、久住が犯人なのではないか説があがっているみたいです。

そもそも、一番初めに、交換殺人を提案したのも久住なんです。

一体、いい人間なのか、それとも実は悪い人間なのか、死んだかと思いきや、生きていますし・・・怪しすぎる久住にこれからも注目ですね!

ドラマ「あなたの番です」の動画を無料で見る方法はコチラ!

>>無料で見る!

 

スポンサーリンク
  

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。