エドワードエルリックの年齢は100歳?身長が意外と高い?名言も!

スポンサーリンク

エドワードエルリック,年齢,100歳,身長,名言

鋼の錬金術師の主人公エドワードエルリックの年齢は100歳?それとももう変わってる?身長や年齢・名言について情報をまとめてみました!エドワードエルリックの年齢は本当に100歳?どこで本当の年齢はわかる?身長も伸びているようです!今は何センチなの?

 

スポンサーリンク

 

エドワードエルリック プロフィール

『鋼の錬金術師』に登場するエドワードエルリックとは、どのようなキャラクターなのか、そのプロフィールを確認しておきましょう。

エドワードエルリックは、『鋼の錬金術師』の主人公で、錬金術師。

子供のころから、弟であるアルフォンスエルリックといっしょに、錬金術に励んでいきます。

しかし、そんななか、エドワードエルリックは、人体錬成に失敗してしまったことなどにより、こともあろうに、左足と右腕を無くしてしまうという悲劇に見舞われることに。

以後、エドワードエルリックは、苦労をしながら身体の足りなくなった部分を補いつつ、錬金術に励んでいき、とうとう国家錬金術師となったのでした。

まだたったの12歳の時のことで、史上最年少という栄誉だったのです。

一方、アルフォンスエルリックもおなじように身体を奪われてしまっており、エドワードエルリックは、兄弟そろって、身体を取り戻すために、賢者の石というものを見つけようと、歩んでいくのでした。

 

エドワードエルリック 年齢は100歳?

さて、『鋼の錬金術師』のエドワードエルリックといえば、あることがファンの間で話題になっていました。

それは、エドワードエルリックの年齢だったのでした。

なんと、エドワードエルリックの年齢は100歳に達していたといわれていたのですね。

おそらくですが、人気漫画作品の主人公としては、人間じゃない者を除けば、最高齢に近いキャラクターなのではないでしょうか?

もっとも、これは番外編でのことで、最終巻では16歳でしたけどね。

さて、それでも、100歳になっていたことはおどろくべきでしょうが、エドワードエルリックには、もう1つ気になることがあったのでした。

エドワードエルリックは、1899年生まれにもかかわらず、1999年ではなく、2005年に100歳になっていたため、これが疑問に思われていたとか。

たしかに不思議ですが、これは、エドワードエルリックが、子供のころ途中で現実世界に行ったために起こったことのようですね。

そういわれましても、100歳というのは、やっぱり、おどろきなのですが。

 

スポンサーリンク
  

 

エドワードエルリック 身長は何センチ?何歳のとき何センチ?

エドワードエルリックといえば、その身長も気になるファンが多かったようなのです。

いったい、エドワードエルリックの身長は、何センチあったというのでしょうか。

調べてみたところ、165センチ程度だとされていました。

実は、ほかならぬエドワードエルリック自身が、身長はそれくらいではないかと言及していたのですね。

16歳で165センチであれば、やや高い気がしますが、実際のエドワードエルリックは、もっと背が低いとみられていました。

それは、頭がとがっていて、靴も厚いためで、それを引いたら150センチくらい?といわれていたのですね。

 

エドワードエルリックの名言

ほかの漫画のキャラクターと同じく、エドワードエルリックにも名言が多々ありました。

なかでも心にしみるのが、「そんな事自分で考えろ。立って歩け。前へ進め。あんたには立派な足がついてるじゃないか」。

なにしろ、エドワードエルリックには、左足がありませんからね。

涙なしには見ることができないような名言だといえるでしょう。

 

エドワードエルリックの年齢は100歳?身長が意外と高い?名言も!まとめ

今回は「エドワードエルリックの年齢は100歳?身長が意外と高い?名言も!」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また情報入りましたら更新していきますね!

>>鋼の錬金術師で人気キャラランキング!

スポンサーリンク
  

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。