あなたの番です犬のぬいぐるみと車庫入れが謎?早苗犯人説の理由!

あなたの番です,犬のぬいぐるみ,車庫入れ,早苗,犯人,
あなたの番です

あなたの番です,犬のぬいぐるみ,車庫入れ,早苗,犯人,

ドラマ『あなたの番です』といえば、いろんなことが話題になっていますよね。ここで取り上げて行くのは、犬のぬいぐるみと車庫入れなどによる、榎本早苗犯人説。はたして、犬のぬいぐるみと車庫入れとは、いったい、何なのか、そして榎本早苗は犯人なのか、見てみましょう。

「あなたの番です」の見逃し動画を無料視聴する方法・再放送情報はこちらをチェック!!

>>「あなたの番です」の動画を無料視聴する方法を実際に検証しました!

 

スポンサーリンク

 

あなたの番ですの榎本早苗が犯人?どうゆう人物?

これまで、ドラマ『あなたの番です』では、手塚菜奈、手塚翔太など、さまざまな人物が犯人として疑われてきました。

そんななか、さらに犯人候補として浮上してきたのが、榎本早苗。

さて、榎本早苗というのは、どういった人物なのでしょうか…?

 

榎本早苗はキウンクエ蔵前402号室の住人で、職業は専業主婦。

夫の榎本正志は警察官です。

住民会会長を務めていて、手塚菜奈とは親しい関係となっていました。

 

あなたの番ですの榎本早苗の書いた紙

そんな榎本早苗は、「管理人さん」と書いた人物だったのではないかと疑われていたのですね。

おまけに、例の告白メモには、「初恋の人」、「電車の席を譲らない人」と書いていました。

曖昧で嘘っぽい。

これは本編でも話題になっていましたね!

実際のところ、どうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

あなたの番ですの早苗の車に犬のぬいぐるみ・・・あったものがなくなってる?

これだけではありません。

ドラマ『あなたの番です』で榎本早苗が犯人に疑われていた背景には、犬のぬいぐるみの存在がありました。

車の後部座席にあった犬のぬいぐるみが、なぜか、なくなっていたのです。

しかし、そもそも、榎本早苗と榎本正志には子供がいなかったため、犬のぬいぐるみがあったこと自体が不審に思われていた、ということだったのです。

どうして榎本早苗の車に犬のぬいぐるみがあったのか、そして消えたというのか…?

・・・これは9話で真実が少し明らかになりましたね・・・!!

 

スポンサーリンク

 

あなたの番ですの早苗の車庫入れの下手さが伏線?

しかし、ドラマ『あなたの番です』で榎本早苗が犯人に疑われていた理由としては、もっと不思議なものがあったのでした。

それは、どういうことかといいますと、榎本早苗が車を車庫に入れるのが、とにかく下手すぎたということだったのですね。

 

まず、記念すべき1話からして、榎本正志からクレームを付けられるほどのレベル。

2話に至っては、車庫に車を入れることができず泣いてしまい、手塚菜奈が入れてやったりもしました。

 

これではたしかに、車庫入れが下手というレベルを超えてしまっていますが、何か物語と本質的な関係があるというのでしょうか…?

 

スポンサーリンク

 

あなたの番ですの早苗の怪しい言動は他にも!

榎本早苗は、ドラマ『あなたの番です』において、さらに不可解な面が見られておりました。

数々のおかしな言動が指摘されていたのですね。

たとえば、手塚菜奈と親しいのはいいのですが、とにかくなれなれしすぎるきらいがありました。

おまけに、管理人が死んだ後も、他殺だと初めからわかっているといわんばかりの発言をしており、これでも疑念を持たれていたようですね。

 

こうやって見ていけばいくほど、怪しく思えて仕方がない、榎本早苗。

本当に犯人なのでしょうか?でも、第1章の段階でここまで進みましたから・・・真の黒幕ではない?

 

あなたの番です・キウンクエ蔵前の住人を部屋別まとめ。

それぞれの部屋のみんなの考察をまとめてあるのでリンクから是非チェックしてみてください♪

この、みんなの考察をみてから見ると、一層ドラマが奥深く、面白くなってきますよw

 

あなたの番です犬のぬいぐるみと車庫入れが謎?の早苗犯人説の理由!まとめ

榎本早苗は犯人なのかどうか、ドラマ『あなたの番です』の展開が興味深いですね。

そもそも、榎本早苗役を演じている木村多江さんは暗い役柄が多いため、これも怪しい印象にかかわっているのかもしれません。

今回ご紹介した説を踏まえた上で、「あなたの番です」を視聴し直すと、より物語を面白く感じることができますよ!!

こんな気になるポイント満載のドラマ「あなたの番です」を見返す方法を発見したので、是非チェックしてみてくださいね!!

↓ ↓ ↓

>>あなたの番ですの無料動画を見直して確かめる!

 

スポンサーリンク
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。