吉田孝行監督が一度解任(辞任)された理由は?松田直樹との友情に涙!

スポーツ

吉田孝行監督が一度解任(辞任)された理由は結局なんだったの?松田直樹との友情話が泣ける・・・!監督に返り咲いた吉田孝行監督が一度解任(辞任)された経緯や理由はなんだったっけ?もう一度監督に選ばれちゃっていいの?吉田孝行監督と松田直樹との男の友情話が泣ける!

 

スポンサーリンク

 

吉田孝行と松田直樹は親友だった!故人に捧ぐ伝説のプレーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

弊社にて制作協力しております。ご支援のほどよろしくお願いいたします。 #Repost @matsudanaoki_fes (@get_repost) ・・・ #松田直樹 氏の命日である8/4に「松田直樹 メモリアル」の新イベントを! 大人も子どもも楽しめて学べるフットサル大会「#松田直樹メモリアルフェス」の開催を目指し #クラウドファンディング に挑戦します! ご支援よろしくお願いします! 詳しくはプロフィールにある「松田直樹メモリアルフェス 特設サイト」をご覧ください。 #松田直樹メモリアルフェス #松田直樹 #サッカー #AED #クラファン #クラウドファンディング #マリノス #fmarinos #松本山雅fc #yamaga

Kishi8knot aka カトマンズカレー店主さん(@kishimyhood)がシェアした投稿 –

2011年8月6日、J1第20節の浦和対神戸が行われました。4日に死去した松本山雅の松田直樹選手を追悼してJリーグ、JFLの各会場では半旗が掲げられ、黙祷がささげられました。

試合後のインタビューで吉田孝行は、「直樹が決めさせてくれたんだと思ってます。自分にとっては特別な存在で、大事な親友なので。残念ですけど、今日は見守ってくれたと思います」とコメントしています。

試合では松田選手とまったく同じ、1977年3月14日が誕生日の神戸FW吉田孝行が活躍。各年代の代表チームや横浜FMでともにプレーし、松田選手を「親友」と呼ぶ吉田は14分にボレーシュートを決めると、腕の喪章を天へ掲げ、得点を松田選手にささげました。

このプレーが伝説的なプレーとして称賛されているそうです。

 

吉田孝行の親友・松田直樹ってどんな人?

魂をほとばしらせる熱きプレーで歴史に名前を刻んだ名ディフェンダー、松田直樹。

あるインタビューで松田直樹の人柄が分かるエピソードがありました。

「サッカーが好きだ、というヤツには絶対に負けたくないですね。オレは本当に1日中、サッカーのことしか考えていないし、サッカーが大好きで仕方がない。サッカーは世界を動かせると思っているから。それくらいすごいスポーツだというのをみんなに伝えたい。本当に面白いんだ、と。好き、好き、本当に好きですね」

さらに、ホームの日産スタジアムで行われた退団セレモニーで、松田さんは号泣しながら現役続行を宣言した。

「オレ、サッカーが大好きだから、もう少しだけ続けさせてください」

これを見る限り、松田直樹は本当に心からサッカーを愛し、プレーでファンを魅了する選手でした。

 

スポンサーリンク

 

吉田孝行を一度は監督から解任(辞任)した理由は?誰が継いだ?

2018年、ネルシーニョ監督に代わって指揮を執ることになった吉田監督は、“バルサ化”を目指し10勝6分10敗の成績。

チームは、一時4位と上位に食い込んだものの、24節の横浜戦からリーグ戦3連敗を喫し、8位まで後退しており、目標のACL出場権獲得が難しい状況となっています。

詳しく調べると、元スペイン代表MFイニエスタを獲得した神戸。ACL出場圏内の3位以内を目標に掲げているが、直近のリーグ戦で3連敗して8位に後退しました。

イニエスタはここまで8試合に出場し、2得点1アシストをマークするなど圧倒的な技術の高さをみせていますが、チームの成績は3勝1分け4敗。

イニエスタ加入前は18試合で25得点と1試合平均で1・39得点をマークしていたが、イニエスタが出場した8試合では8得点と平均1得点にとどまっています。

世界的名手が加入しても得点数が低下し、チーム成績が伸びていかないことで、クラブは監督をはじめコーチ陣の入れ替えを決断したとみられています。

吉田監督は、公式ホームページで以下のようにコメントしました。

「ヴィッセル神戸に関わる全ての皆さま、日頃よりご支援、ご声援いただき誠にありがとうございます。今シーズンは ACL 出場を目標に戦っております。私の力不足で満足のいく結果を出すことができず、クラブの成長をお見せすることができず、悔しい思いで一杯です。

私はヴィッセル神戸が大好きで、現役時代からこのクラブでタイトルを獲ることが夢でした。現役引退後も全力で向き合ってきました。このクラブはまだまだ成長して、目標を達成できるクラブだと思います。

このクラブへの愛情は尽きることはありません。今後ともご声援のほど、宜しくお願いします」

吉田孝行の愛を感じるメッセージです。そしてその後、新監督はファン・マヌエル・リージョ監督となりました。

スポンサーリンク

 

吉田孝行は再び監督に!初陣の成果や評判は?

ファン・マヌエル・リージョ監督との契約を解除し、吉田監督が再任した神戸。MFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャ不在の中、新体制での初陣で勝利を目指したものの、10分に興梠慎三にPKを決められて失点しました。

その後、反撃に転じるもゴールを破ることができず、開幕以来の無得点で3連敗を喫しました。

吉田孝行は試合を振り返り、「全体的に自分たちがボールを持てていました。負けたので結果はしっかり受け止めますし、修正していきたいです。数的優位をいかに作れるかというところをハーフタイムに話して、後半はチャンスができていました。ですが、そういうところで仕留めなければいけない。全体的に決して悪いサッカーをしたわけではない」と、内容に関しては一定の評価を下しました。

 

吉田孝行監督が一度解任(辞任)された理由は?松田直樹との友情に涙!まとめ

準備期間が短い中での初陣となりましたが、「ファンマ(リージョ前監督)体制でやってきた攻撃のベースは変えていません。奪われたところで全体をコンパクトにするということはうるさく言ってきました」と、まずは前体制を踏襲しつつ、切り替えの部分に気を付けていたことを明かしました。

吉田孝行は、一度解任されましたがどってきてファンはうれしいのではないでしょうか。今後の活躍を期待しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

>>吉田孝行はイケメン!嫁は誰?

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。