韓国人の肌があんなに綺麗な理由は実は〇〇だった!

韓国人,肌が綺麗な理由
美容

韓国人,肌が綺麗な理由

韓国人のお肌はとても綺麗な印象が強いですよね!

特に韓国の芸能人はお肌の美しさを全面的に押し出した写真などを自撮りすることが多いですし、日々のケアをもアピールしています。

しかし、いくら日々のケアをしていたとしてもなぜ、韓国人の方があんなにもお肌が綺麗なのかその理由をご存知でしょうか?

芸能人だけでなく、一般人においても本当にお肌が綺麗。

『肌質が違う?』

と思ってしまう綺麗なんですよ。

ここでは、韓国人のお肌が綺麗な理由を徹底的に解明していきます。

 

韓国人の肌が綺麗な理由

お肌は化粧をすることで、毛穴やシワ・黒ずみも隠すことができますが、すっぴんまではどうにもなりません。

しかしながら韓国人のお肌は、すっぴんまで本当に綺麗です。

実際に、芸能人はもちろん、一般の方においても写真が大好きな韓国。

その写真もすっぴんが多く、『肌綺麗だなあ』と関心してしまうほど。

 

確かに韓国は世界的にみても『美容大国』と呼ばれていることはよく知られています。

日本でも韓国コスメの人気が高まっており、韓国までわざわざコスメを買いに人も続出しているようなんです。

旅行会社によってはツアーなども組まれているくらいですからね。

 

韓国人の肌の特徴

そんなお肌がとにかく綺麗な韓国人ではありますが、元々もっているお肌に何か特徴があるのでしょうか?

韓国人の女性はもちろん、男性においてもお肌が白くて綺麗な人が多いですよね。

芸能人をみていると特に感じますが、なぜそのように感じるのでしょうか。

お肌が綺麗過ぎるせいか、私たち日本人とは少し違った顔立ちをしている印象も受けますが、その理由としては『キメが細かい』ところにあります。

SNSなどで画像をよくみてほしいのですが、日本人のように特別な加工をしていないにも関わらず、キメ細かいお肌が印象的なんですよ。

スポンサーリンク

 

日本人とは何が違う?

では、私たち日本人と美肌で話題の韓国人とでは、お肌に特別な違いがあるのでしょうか?

肌質が根本的に違えば、納得せざるを得ないでしょう。

 

しかしながら、韓国人は見た目の通り、日本人と同じ黄色人種です。

私たち日本人と同じように黄色みがかった色白の方が多いですよね。

つまり、肌質も韓国人と日本人では大きくは変わらないのです。

 

ちなみに欧米人と日本人では角質層の厚みが違います。

日本人の角質層は欧米人の1/3程度しかなため、バリア機能が弱く欧米人用の化粧品は日本人には刺激が強すぎることがあります。

さらに、メラニンを作り出す機能が高く、紫外線を浴びなければある程度の白さを保てるものの、紫外線を浴び続けるとメラニン色素が一気に作られて褐色のお肌になっていきます。

 

一部では『韓国人の方が日本人に比べてお肌に厚みがある人が多い』という通説があるものの、これにははっきりした根拠はないでしょう。

最も大きな違いといえば『肌ケアへの関心の高さ』かもしれません。

韓国人の美意識の高さはかなり高いといわれ、日本人のケアは韓国人からしたら『そんなもんで美肌ケアしてるつもり?』となってしまうほど。

美容大国と言われるほどであり、その大きな要因は、お肌にいい習慣が自然と身に付き常に美を追求していること。

韓国コスメは日本にはないような斬新な発想のモノが多いですし、かたつむりクリームや蛇・蜂の毒を使ったコスメなどユニークなものもたくさんあるんですよ。

しっかりと有効成分に着目し、高い効果を発揮しているようです。

 

スポンサーリンク

遺伝・DNA

一説では、韓国人のお肌が綺麗な理由として、遺伝子レベルでお肌が綺麗な状態が備わっているとも言われています。

つまり、今現在お肌が綺麗な韓国人のご先祖様においてもお肌が綺麗だったということ。

長い期間に渡って行われた習慣こそが、韓国人の綺麗なお肌を作っているといえるのです。

 

習慣や価値観

『お肌は毎日のケアが大事』とはよく言われているものの、韓国人の美肌を実現している習慣は日本人とはレベルが違います。

生活習慣だけでなく、国全体での認識による違いもあるほど。

一体どんな慣習があるのか、1つ1つ具体的に解説していきます

 

食事に対する価値観

韓国人はそもそも、日本人比べものにならない程、食事に対する意識が高いです。

そもそも食事自体にかなり重きを置いていますし、食事の時間も毎日ほぼ一定なんだとか。

私たち日本人はどちらかというと『食べれる時に食べたいものを食べる』といった習慣がいつの間にか付いてしまっており、そのメニューに関してもあまり栄養バランスが良いとはいいにくいものばかりではないでしょうか。

その点韓国人は、毎日の食事内容に関しても無意識レベルでお肌に良いメニューを摂り続けているのです。

スポンサーリンク

 

キムチを食べる習慣

その中の一つに『キムチ』を食べる習慣があります。

『韓国といえばキムチ』といった印象が強いですが、これが美肌の秘訣になっているのです。

韓国ではよく『6歳になったらキムチを食べる』といった慣習もあり、幼い頃からキムチを食べるのが日常になっています。

 

そもそもキムチは漬物であり『発酵食品』ですよね。

つまり、体に植物性の乳酸菌を届けてくれるのです。

  • 食物繊維
  • たんぱく質
  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • カルシウム

といったなどのミネラルや栄養分が豊富に含まれています。

白菜、大根などの野菜に使われるキムチは加熱しないため、ビタミンCや酵素が壊れないまま摂取することができるんですね。

 

実際に、発酵食品は美肌の栄養素であるビタミンB群が多く作り出され、ビタミンAに関しては肌や臓器を保護してくれる作用もあります。

その“辛さ”と相まって新陳代謝を活発にし続けることが可能になるのです。

韓国では小学校でもキムチが出るほどですし、こうした長い年月による積み重ねが体質をも美肌体質にしてくれているのかもしれませんね。

『じゃあ私たちもキムチを食べまくればいいんだ!』

実はそういうわけでもなく、私たち日本人が急にキムチを食べ始めたところで、刺激物となってしまい胃を壊してしまうことになります。

ですので、習慣化することは良いことですが、急に美肌を手に入れることはできないのです。

日本で販売されているキムチは、日本人向けに味を加工してあったりしますので、やはり本場の韓国キムチがおすすめでしょう。

もちろん、キムチを食べ続ける習慣だけでなく、その他の習慣や要因が絡んでこそ美肌が実現可能なわけですよ。

 

その他の食事習慣に関しても、栄養バランスを考えた食事が多いとされています。

韓国料理は唐辛子を使った辛いものが多い印象がありがちですが、食材も野菜やお肉など栄養バランスが整っています。

韓国にはキムチ以外にもう一つ『わかめスープ』という習慣もあり、食事の時は必ず温かいスープを飲むのです。

食事の時間もほぼ決まっていて、規則正しく栄養バランスを考えたメニューをしっかり食べるのも美肌作りに役立っています。

韓国料理に使うコチジャンやテンメンジャンなども発酵させて作りますし、韓国にはサムゲタンなど漢方を使った薬膳料理が多いのも特徴です。

スポンサーリンク

 

美容皮膚科に行くのが当たり前

韓国の女性は特に『ニキビは病気』だという認識が強く、ニキビができてしまった場合は病院に行ってしっかり受診します。

この習慣て日本にはほとんどないですよね?

よほどひどいニキビや美意識が高い人でない限り、ニキビができてしまったからといって受診しません。

その点、韓国では小さなニキビでも受診することが多く、肌荒れですら病院に行きます。

シミに関しても、何の抵抗もなくレーザーで治療してしまうわけですよ。

だからこそ、ニキビでありがちなつぶしてしまって跡になるといったこともほとんどありませんし、お肌への負担をかけない状態を作っているのです。

 

整形

韓国は美容大国であるとともに、整形大国でもあります。

日本のように整形にそこまで抵抗があるわけでもなく、堂々と整形を告白しています。

実際に、韓国では就職のために整形をする方も多く、高学歴で容姿が良くないと就職しにくいといった現状もあるのだとか。

『レーザー』に関しても整形の部類に入りますが、日本では5万円前後かかってしまうところを、韓国では約1万円で済ますことが可能。

 

注射・点滴も?!

韓国人は肌を白くするために美白注射や点滴をする人が多いです。

サプリメントやクリームよりはるかに高い効果を発揮するため、週に1回〜2回といったかなり多い頻度でも通う人がいるのです。

 

例えばビタミン注射。

ビタミン注射は高濃度ビタミンCを肌に注入し、ビタミンCの持つ抗酸化作用によって、メラニンの抑制や肌質の改善を行います。

新陳代謝もよくなるだけでなく、副作用の心配もほとんどないので利用する人はかなり多いのが現状です。

こちらは月に2〜3回の通院と一回あたり5000円前後の費用がかかります。

日本では10,000円ほどかかるようです。

 

その他にも、プラセンタの注射もあります。

今でこそ知名度も上がっている『プラセンタ』ですが、これは胎盤エキスのことですね。

プラセンタを肌に注入すると美白効果や、抗酸化作用・シミの改善を見込むことができます。

しかしながらこれには多少のリスクも伴います。

  • 献血ができない
  • 同意書の作成
  • アレルギー反応
  • 感染のリスク
  • 週1回の通院(韓国では1000円〜)

といったことがあり、しっかりと理解した上で受診する必要があります。

ちなみに日本ですと約4000円ほどかかり、定期的な通院はやはり必要となってきます。

 

しかしながら韓国では、このような美肌対策にかかる価値観や費用も違いからも美肌を実現しやすいと考えることもできます。

スポンサーリンク

 

すっぴんでいる時間が長い

前述したように、韓国ではちょっとした外出だけでなく、仕事や行事以外ではすっぴんで過ごすことが当たり前。

メイクが何よりもお肌に負担をかけていることを知っており、すっぴんに自信を持っている韓国人は極力化粧をしない時間を長く作ります。

  • コンビニへ行く
  • 幼稚園の送り迎え
  • ママ友とランチ

といった日本人女性のようにいつでもどこでもバッチリメイクをすることはほとんどないわけです。

休みの日はメイクをせず、スキンケア用品も使わないことも多いんだとか。

メイクで負担がかからない日はあえてスキンケアもせず、お肌の抵抗力を維持しようとしているんですね。

 

睡眠の質が高い

お肌を綺麗に保つには、抵抗力だけでなくホルモンバランスも重要です。

成長ホルモンは特にお肌の新陳代謝に大きな影響を与えますが、夜間22時〜2時くらいが最も盛んに行われるため、その時間に質の高い睡眠を取ることでより効率的にお肌へのダメージを修復してくれるわけです。

だからこそ、生活習慣がきちんとしている方はお肌が綺麗な人が多いのです。

 

紫外線を浴びる機会が圧倒的に少ない

紫外線がお肌に悪影響なのは周知の事実です。

メラニンを生成し、シミやそばかすを作り出してしまうだけでなく、バリア機能をも定価させ悪循環を作ってしまうことに。

 

韓国人は紫外線を浴びる機会が極端に少ないとされています。

その理由はいくつかあるのですが、日本とはまるで違う慣習に驚いてしまうでしょう。

  • 勉強中心の生活
  • 子供中心の育児はない傾向にある
  • 外遊びをほとんどさせない
  • 保育園・幼稚園に園庭がない
  • 中学・高校で部活がない
  • 運動会もサクッと終わる

といったように、学生時代から外で運動しようとする意識すらあまりないわけです。

 

母親都合の育児があるとされる韓国では、日中はおばあちゃんに預けられていることも多く、ますます外遊びが体力的にも難しくなってくる。

園庭がないなんて日本ではほとんど考えられませんし、国として外で運動すること自体への関心の薄さが伺えます。

実際に体育の授業でも積極的な外での運動はしませんし、スポーツをしているのは将来運動選手の道を志す生徒だけだとされています。

 

このような習慣からも、韓国の成人女性は日本人のように日を浴びないで育つ人が多いということも考えられます。

ジムで初めて本気で走ったという人も多いと言われているほどです。

日本ではある意味ほぼ強制的に部活動をさせられる習慣があり、今でこそ文化系の部活が増えているものの、外で活動するスポーツが多いですよね。

日焼け止めを塗って対策をしたとしても、少なからずその影響は大人になっても残ってきます。

日本人と韓国人では紫外線の蓄積量が圧倒的に違うということですね。

スポンサーリンク

 

フェイスパック

韓国人女性はほぼ毎日のようにフェイスパックをしているようです。

美意識が高いだけでなく、フェイスパックが安く売られていることも要因になっています。

つまり、韓国ではパックは毎日使うものだから安い、という認識なんですね。

一方日本では、フェイパックといえば特別感がありますし、頻度も高くないでしょう。

男性であってもフェイスパックが日常化されているにが韓国です。

 

サウナ・垢すり

韓国には日本よりも手軽に入ることができるサウナが多くあり、週に何度も通う人が多いようです。。

汗をかいて体中の老廃物を出しつつ、体を中から温めようという考え方が浸透しています。

 

それだけでなく、垢すりに関しても日本のような特別感はなく、日常化しているんです。

毎日お風呂に入るのは当たり前ですが、その中で週に何回かサウナや垢すりを利用しお肌へのケアを欠かさないのが韓国というわけですね。

『よもぎ蒸し』と呼ばれる習慣もあるようで、老廃物を排出したり新陳代謝を高める習慣が本当に多いんです。

スポンサーリンク

 

コスメが充実している

コスメへの関心が高いだけでなく、前述しているようにその価格もリーズナブルなものが多いです。

また、韓国では気候的にも年中、乾燥気味な傾向にあります。

乾燥は肌荒れや肌トラブルの根源であることは確かですし、そもそも老化を早めます。

そういった環境要因もありつつ、日々の保湿ケアへの関心が高いと言えるでしょう。

韓国コスメがオイリー気味なのもこのためですね。

 

韓国人のお肌が綺麗な理由まとめ

韓国人がのお肌が綺麗な理由はその慣習や日常生活にありました。

つまり、美肌になるためには毎日のケアや習慣が最も重要であり、お肌を作っているには生活習慣だということ。

外で運動をしない、というのは極端な気もしますが、紫外線対策は毎日し続けるべきですよね。

肌質や年齢に合ったスキンケア用品を使うのも大切なことですが、外側からのケアが全てでなく体の中からのケアも重要です。

厚化粧に頼ることなく、素顔で綺麗を目指すべく、これらの習慣を参考にしていきたいですね。

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。