吉高由里子の演技力評価!うまいか下手か業界とネットの声を検証

吉高由里子

吉高由里子の演技力評価をチェック!演技うまい?それとも演技下手?業界とネットの声を冷静に検証してました!どのドラマのどんな役だと得意?今までのドラマ作品での吉高由里子の演技力の評価を比較検証しましたよ。演技はうまいのか演技下手なのか?業界とネットの声!

 

スポンサーリンク

 

吉高由里子の演技力評価!うまいか下手か業界とネットの声を検証

吉高由里子さんといえば女優ですから、演技力も話題ですよね。

演技うまい?演技下手?と、いろんな意見が見られたようです。

いったい吉高由里子さんは、演技うまい、演技下手、どちらなのでしょう。

その演技力に対するネット上の声などを、さっそく見ていきたいと思います。

 

吉高由里子の演技力は?主演が多いけど、実際はどう?ドラマごとの評価

吉高由里子さんといえば、もはや見かけないことはない女優です。

毎年、主演しているドラマが必ずといっていいほどありますよね。

なんといっても、NHK連続テレビ小説『花子とアン』にも出演していますから、実力はたしかなはず。

それだけに、演技力は高いように思えますが、実際には、どうなっていたのでしょうか。

ドラマ別に、吉高由里子さんの演技力はどう評価されていたのか、確認していきたいと思います。

 

吉高由里子の演技力評価:ドラマ「美丘-君がいた日々-」

まず、難病の女性役を演じて話題になった、記念すべき初主演作でもある、『美丘-君がいた日々-』。

これについては、絶賛する声もあった一方で、役自体が向いていないという厳しい声もあったようですね。

けっこう両極端な評価だったといえそうです。

 

スポンサーリンク

 

吉高由里子の演技力評価:ドラマ「花子とアン」

代表作であるNHK連続テレビ小説『花子とアン』でも、やはり、賛否両論だったみたいでした。

しかし、どこがいいとも、どこが悪いとも、あまりいいがたいというのが実情だったようですが。

 

吉高由里子の演技力評価:ドラマ「東京タラレバ娘」

一方、比較的評判がよかったのが、『東京タラレバ娘』。

演技力に関しては、役柄がコミカルだったからか、肯定的なものがほとんど。

キャスティングについては、原作コミックのファンから不評もありましたが、否定的な意見といえば、それくらいのものでした。

 

吉高由里子が演技下手と言われた作品は?どんな評価?

それでは、吉高由里子さんが演技下手だと思われたのは、どんな作品だったのでしょうか?

評価がどうなっていたのか気になりますよね。

不評がダントツだったのは、ドラマ『ガリレオ』でした。

これは演技下手というよりは、役柄に問題があったようですね。

かなりうるさい感じの女性を演じていたので、見ていて違和感を覚えてしまう視聴者が少なくなかったようなのです。

吉高由里子さんも不運だったといえそうですけどね。

 

また、おなじくドラマといえば、『東京DOGS』での演技も疑問視されていました。

演技下手というか、厳密にいえば、存在感が足りなかったとみる意見が多かったそうなのです。

吉高由里子さんは、主人公ではありませんでしたが、よりによってヒロインだったため、これはたしかにかなりまずかったといえそうですね。

スポンサーリンク

 

吉高由里子は演技うまいと言われている理由!

一方、吉高由里子さんには、当たり前ではありますが、演技うまいという評価もちゃんとありました。

そのように言われている理由とは、どのようなものだったのでしょうか?

 

まず、映画『紀子の食卓』では、特異な世界観ながらも、高い存在感を発揮していました。

それ以前に、園子温監督作品だけに、演技下手だったら、務まらないでしょうけどね。

 

また、演技指導が厳しいことでも有名だった蜷川幸雄監督作品の映画『蛇にピアス』でも、濡れ場を演じて、絶賛されました。

あの若さであの過激なストーリーの主人公を演じたのは、かなりの実力の持ち主といっていいでしょう。

これらを見てみますと、吉高由里子さんは、ちょっときわどい感じの作品になると、俄然、実力を発揮していくタイプの女優なのかもしれませんね。

今後は、吉高由里子さんの個性にあった役柄が多く回ってくればいいですね。

>>吉高由里子の事故前と現在の顔が違う?

 

吉高由里子の演技力評価!うまいか下手か業界とネットの声を検証まとめ

今回は「吉高由里子の演技力評価!うまいか下手か業界とネットの声を検証」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、最新の情報が入ったら更新していきますね!

>>吉高由里子の髪の毛薄い!髪質細く白髪で老け見え?髪が増えた方法

スポンサーリンク
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。