贄姫と獣の王88話ネタバレ最新と感想!最終回直前にサリフィとおーさまは!

漫画

花とゆめ掲載の大人気漫画・贄姫と獣の王88話ネタバレ最新と感想!最終回直前にサリフィとおーさまは!贄姫と獣の王88話ネタバレ最新と感想!最終回直前にサリフィとおーさまは!いつ掲載されるのかどうかもチェック!

最新話更新中→『贄姫と獣の王』ネタバレ一覧

 

前回のネタバレはこちら↓

>>贄姫と獣の王87話ネタバレ最新と感想!ラスト目前でサリフィはどうなる?

 

本記事は「贄姫と獣の王」のネタバレをしていますが、「U-NEXT」なら文字だけでなく、漫画で最新話や最新刊をすぐに読むことができますよ♪

▼31日間の無料体験・600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※U-NEXTでは、31日間の無料トライアルを開催中!登録日を含む31日以内で解約すれば違約金もかからずに解約可能です♪

スポンサーリンク

 

贄姫と獣の王88話ネタバレ最新と感想!

それではここから、贄姫と獣の王88話のネタバレ最新情報をチェックしていきましょう!

「贄姫と獣の王88話」は、10月5日発売の花とゆめに掲載されました!

 

日記の中には

レオの母が書いた日記には、レオの出自についても書かれていました。

そこには、子を思う母の気持ちが綴られていたのです。

そして、レオは愛されて生まれてきたし、レオもまた心から誰かを愛し、自分のことも愛してほしいと……。

 

スポンサーリンク

 

おーさまの涙

それを読みながらおーさまは涙を流します。

サリフィがのぞき込むと、おーさまは大丈夫だと答えます。

それは悲しい涙ではないことをサリフィはわかっているのでした。

 

おーさまの真実

おーさまは、本当の意味で自分が何者かわかったような気がしたのです。

そして、真実を知ることができて良かったというのでした。

これからは何の隠し立てもなく、みんなの前に出るのだと言います。

そして、サリフィに対して「お前もみんなの前に出てほしい。私とともに」と言うのでした。

 

スポンサーリンク

 

おーさまの宣言

そして、いよいよみんなの前におーさまは姿を現したのです。

人を愛することを知ったのだと宣言するのです。

生贄として差し出された小さな娘が誰よりも強い心を持ち、自分を支え続けてくれたのだと語ります。

その娘を愛したことにより気が付いた、真に目指すべき国とは、ありのままに人を愛し、愛されることが許される国であるのだと……。

 

オズマルゴを守る

そして、サリフィを紹介します。

サリフィとともに、オズマルゴを守り続けていくことを民衆に誓うのでした。

ここからが、本当の始まり、この国みんなの始まりなのです。

 

スポンサーリンク

 

贄姫と獣の王88話の前の話のネタバレ情報!

「贄姫と獣の王88話」の情報が入るまで、「贄姫と獣の王」のこれまでの話のネタバレ情報をここで振り返っておきましょう!

こちらでは、2020年9月19日に発売となった『花とゆめ』に掲載された「贄姫と獣の王87話」のネタバレをご紹介いたします。

 

王はオーサマだけ

セトが滅び、この国の王になれるのは、オーサマだけだと言われますが、オーサマは、ただ権利だけで玉座に戻ろうとするならセトと同じだというのでした。

これからのことは宰相と元老院に任せるといますが、オーサマこそがオズマルゴ王だと言って、周りはそれを認めません。

それを見て、サリフィは、オーサマに「よかったね」と言います。

するとオーサマは、皆がいたから、そしてお前がいたからだというのです。

 

スポンサーリンク

 

アヌビスは初めての友

オーサマはサリフィとともに、アヌビスのところへ行き、オーサマは自分が心から愛した女を心から認めてほしかったといいます。

その後、サリフィは読むか読まないかはオーサマ次第だと言って、オーサマに日記を渡します。

日記には、一人の人間の娘が魔族の子を身ごもったことに気付いた日からかかれていました。

 

贄姫と獣の王88話ネタバレ最新と感想!最終回直前にサリフィとおーさまは!まとめ

今回は「贄姫と獣の王88話ネタバレ最新と感想!最終回直前にサリフィとおーさまは!」という内容でご紹介してきました。

いよいよ最終回直前、サリフィとおーさまがオズマルゴの新たな始まりへと力を注ぐのですね♪

今後が気になります。見守りたいと思います♪

最新情報が入ったら更新していきますね!

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

 

スポンサーリンク