進撃の巨人強さランキング2020!最強は誰?

ランキング

進撃の巨人で最強の強さは誰なのか?ランキングでご紹介していきます。進撃の巨人を読んでいると誰が最強の強さなのか強さランキングが気になりますよね!ランキングで一緒にチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

 

目次(目次を見るには表示をクリック!)

進撃の巨人の強さランキング!

それではここから進撃の巨人最強の巨人強さランキングをランクダウンでご紹介していきます♪

 

進撃の巨人強さ最強ランキング23位:ゲルガー

リーゼントが特徴的な、調査兵団の兵士。

大のお酒好きです。

驚異的な殉職率の高さを有する調査兵団において「数年生き延びてきた」と豪語する精鋭兵。
任務では、ミケやナナバと組むことが多かったらしく、仲が良いです。
豪快で派手好きなところがあり、巨人を始末する際にも一体一体を加減抜きに全力で討伐することを心掛けていますが、ナナバにもっとやり繰りしながら戦うよう釘を刺されています。

途中、ミケの離脱と指名により南班を任されました。
南班は、巨人が出現した方角で最も危険で、且つ壁の破壊箇所を特定する任務を担います。

ちなみに南班のメンバーは、コニー・ライナー・ベルトルト・リーネとゲルガーの5名で構成されています。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング22位:ハンジ・ゾエ

調査兵団に所属する、第四分隊長。

身長170cmと長身で、平時では眼鏡、任務時にはゴーグルを着用しています。

一人称は「私」で、優しく気さくで気配りも欠かさない利発な性格。

調査兵団でも長期に活動しているベテランです。

ある時から、巨人の体の構造に疑問を持ち、それ以来巨人の実験に心血を注いでいますが、その情熱の過剰さゆえに巨人に頭を齧られかけたりと、命の危機に度々直面していて、部下たちから案じられて止まないが、改める気配は無いようです。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング21位:エルヴィン・スミス

調査兵団13代団長。
王都のゴロツキとして名高かったリヴァイや、巨人化能力を危険視されていたエレン・イェーガーを入団させるなど、状況に応じた柔軟な思考を持ちます。
その考えと行動には意味深な部分が多く、目的のためなら100人の仲間の命を捨てる覚悟をする非情で冷酷な一面もありますが、リヴァイをはじめ配下達からは、「考えを理解できずとも付いていく」と深く信頼されています。

5年前は、当時の団長のキース・シャーディスの指揮下で巨人と戦っていました。

巨人侵攻前の壁外調査から帰還した時に、当時のエレンと目が合いますが、何の戦果も上げられずに帰還してきた自分達を羨望の眼差しで見ていたため、思わず目を背けてしまいました。

後に、調査兵団に所属したエレンも、当時のエルヴィンと同じ経験をすることとなります。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング20位:ミケ・ザガリアス

長身と髭が特徴の男性で、5年前から生き残っている兵士の1人です。
巨人の存在を、匂いで感知できる程、並外れて鋭い嗅覚を持ちます。

そのせいかは不明ですが、初対面の人間の匂いを嗅いでは鼻で笑う、といった変わった癖を持っています。
日頃寡黙な上にこの妙な癖があるため、一見するとただの変人だが、人類最強の兵士リヴァイに次ぐ、対巨人戦闘能力を持つ調査兵団No.2で、複数の巨人を同時に相手に出来る実力者です。

加えて、勇敢さと冷静な判断力、高い指揮能力も兼ね備えていて、団長や部下達からの信頼は厚いです。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング19位:ミカサ・アッカーマン

本作、「進撃の巨人」のヒロインです。

作中では、ほぼ絶滅したとされる東洋系の血を継いだハーフ。

父親は西洋人で、母親が東洋人です。

幼少時に、母親によって一族が受け継ぐ刻印の刺青を右手首に付けられています。

今の所、そのことについての詳細は不明です。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング18位:ケニー・アッカーマン

長身痩躯で鋭い眼光の持ち主。

「切り裂きケニー」の異名を持つナイフの使い手です。

中央第一憲兵団に所属し「対人制圧部隊」の隊長でもあります。

部下からは、アッカーマン隊長と呼ばれています。

その風貌や、残忍な行動からは想像し難いですが、意外に饒舌です。

でも、冗談は笑えないようだ。
過去にヒストリアの母・アルマを殺しています。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング17位:リヴァイ・アッカーマン

リヴァイのフルネームです。

「アッカーマン」の姓は、実母のクシェル・アッカーマンの姓で、ケニー・アッカーマンは彼の伯父に当たる人物。
アッカーマン家は、彼が生まれる以前から当時4歳まで王政から迫害され、一族の血族者は姓を伏せることで生きていた為、彼は母から姓を教えられませんでした。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング16位:マルセル・ガリア―ド

作戦遂行能力が高く、始祖奪還作戦のリーダーに選ばれました。

でも、パラディ島内に潜入直後、たまたま出くわした巨人(ユミル)によって、ライナーを庇い、死亡しました。

戦士候補生の中でも、仲間を引っ張る兄貴分的な存在でした。

弟思いの一面もあり、弟のポルコが巨人を継承し余命13年にならないよう、弟の戦士選抜を裏で画策し阻止していました。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング15位:トム・クサヴァー

故人。

ジーク・イェーガーの先代である「獣の巨人」の資格者で、ジークは「クサヴァーさん」と呼んで慕っていました。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング14位:ユミル

『進撃の巨人』に登場する、主人公・エレン達と同じ104期生の一人です。

黒髪で長身の少女で、そばかすと特徴的な鋭い目つきをしています。
「トロスト区奪還戦」では、クリスタと同班で、打算的で世間ずれしたきつい言動が多いです。

個人としての戦闘技術はかなり高くて、本来なら104期上位十名入りは確実と目されるほど(10位以内に入らなかったのは、クリスタを憲兵団に入ることのできる10位以内に入れるために、周囲を蹴落としながら調整していたため)。また洞察力が異様に鋭く、他者が普段隠している心理の裏側やその背景を的確に嗅ぎ当てる嗅覚を持ちます。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング13位:ピーク

『進撃の巨人』マーレ編より登場するキャラクターで、ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンと同じ「マーレの戦士」の一員で、「車力の巨人」の正体。

同時期に巨人を継承した仲間内では、女性はピークとアニ・レオンハートのみです。

気だるげな言動が目立ちますが、マーレ側からは「判断力がある」と評価されています。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング12位:ポルコ・ガリア―ド

「マーレの戦士」の一員で、「顎の巨人」の現在の継承者。

また、かつて「戦士」の一員であったマルセル・ガリアードの実弟です。

兄・マルセルが捕食されたことで、ユミルのものとなっていた「顎」への変身能力を、ユミル自身の意志で継承。
彼女の記憶を通して、パラディ島潜入時代のライナーの姿をみて、「アニキの真似事」だと切り捨てました。

ちなみにマルセルが名前で呼ばれていたのに対し、ポルコは「ガリアード」とファミリーネームで呼ばれています。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング11位:アニ・レオンハート

冷静沈着で、感情表現に乏しい小柄な女性。
一匹狼で、目付きと雰囲気が鋭く、顔立ちは彫が深く、寡黙でぶっきらぼうな口調です。

エレン曰く「いつも怖い顔だけど怒った顔は比じゃない」らしいです。

第104期訓練兵団を4位の成績で卒業しています。

16歳の白人少女としてはかなり小柄な体格ですが、父の教育により優れた格闘能力を持っています。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング10位:エレン・クルーガー

 

進撃の巨人強さ最強ランキング9位:ライナー・ブラウン

ウォール・ローゼ南区第104期訓練兵団を次席で卒業した、大柄な体格の少年です。
筋骨隆々としており、角張った輪郭と鼻の形が特徴的。
冷静かつ気のいい性格で、責任感が強く、面倒見も良い。

仲間から厚く信頼されるリーダー的存在で、年長者なだけあって同期から兄貴分として慕われています。

巨人に襲撃されたウォール・マリア南東の山奥の村の数少ない生き残りで、故郷に帰るという一心で生きており、絶対に曲げられない信念を持つ者同士として、エレン・イェーガーに深く共感している。ベルトルト・フーバーとは、同郷のなじみで、よくともに行動しています。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング8位:フリーダ・レイス

表向きは地方の一貴族である、壁内の真の王家レイス家の長女。
当主のロッド・レイスと、その正妻の第一子として生まれ、叔父のウーリ・レイスから、代々レイス家の血族に受け継がれてきた特別な巨人化能力を引き継ぎ、以降ウォール・マリア陥落まで壁内の真の王として中央上層部から崇められていました。
同じ母から生まれた弟にウルクリン、ディルクと、妹にエーベル、フロリアンがいて、他に、ロッドの妾であるアルマが生んだ異母妹ヒストリアがいます。

年齢は明言されていませんが、始祖奪還計画が開始される3年前、15歳のときに始祖の巨人を継承していて、その3年後にグリシャに食われたことから享年18歳であると思われます。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング7位:ヴィリー・タイバーの妹

九つの巨人の一つ、「戦鎚の巨人」の継承者で、本名を含めた個人情報は不明。
戦鎚の巨人継承者は本来、彼女の兄で、タイバー家当主であるヴィリー・タイバーでしたが、彼が役目のため継承を拒否し、彼女が継承しました。
ヴィリーを「兄さん」と呼び、彼が宣戦布告後エレン・イェーガーに捕食された際は、タイバー家の務めを果たした事を、「大変ご立派でした」と称賛しました。

 

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング6位:アルミン・アルレルト

濃く太い眉毛、やや丸めの鼻、耳が隠れるボブカットヘアの金髪碧眼の少年です。
エレンとミカサの幼馴染。

特にエレンとは、ミカサと知り合う以前からの親友で、彼と同じくシガンシナ区で生まれ育ちました。
彼の祖父が隠し持っていた、外界について記された蔵書を彼がエレンに見せたことが、エレンが外の世界に憧れる切っ掛けとなっていて、以来、エレンとアルミンは同じ夢を抱いています。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング5位:ウーリ・レイス

ウーリ・レイスとは、レイス家当主であるロッド・レイスの弟にして、元始祖の巨人の継承者。
(ウーリ→フリーダ→グリシャ→エレン となっていて、エレンの3代前にあたります)
ケニー・アッカーマンの友人で、彼を王制側に引き入れた人物でもあります。
姪である、フリーダ・レイスに食われ、物語の開始時点で既に死亡しています。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング4位:グリシャ・イェーガー

エレンの父親で、本業は医者です。
シガンシナ区を流行病から救ったことから、街の住民や駐屯兵団から尊敬されています。
自宅の地下室に「真実」と称する何かをエレンに明かそうとしていましたが、シガンシナ区の陥落後は行方不明になりました。

彼には謎の行動が多く、エレンの巨大化や地下室に巨人に関する何かがあるなど、この物語を握るキーパーソン的な存在となっています。

 

進撃の巨人強さ最強ランキング3位:ベルトルト・フーバー

高身長で爽やかな見た目。

作中ではイケメンと評判のベルトルトです。

エレンと同じ104期の訓練生であり、首席のミカサ、次席のライナーに次ぐ第3位の実力の持ち主です。

平均してどの能力も高く、ミカサと対等に渡り合える戦闘能力を有する反面、大人しく積極性に欠ける部分があって、自分でも「自分の意志がない」と自嘲するシーンも。

同郷であるライナーと親しく、共に行動をしていることが多いです。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング2位:ジーク・イェーガー

壁内人類と敵対する「戦士」の中で戦士長と呼ばれる男性。

ライナー、ベルトルト、アニの上官にあたります。
壁外から来た、「九つの巨人」の一つ「獣の巨人」の巨人化能力者です。

戦闘の時は獣の巨人に変身し、他の巨人よりも長い手を活かし、砕いた岩を野球の投球のように投擲する攻撃を得意とし、戦闘力は巨人化能力者の中でも非常に高いです。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人強さ最強ランキング1位:エレン・イェーガー

エレンは本編の主人公です。

壁の外の世界へ行くことと巨人を1匹残らず駆逐することを熱望し、調査兵団を志します。

 

進撃の巨人強さ最強ランキングまとめ

今回は進撃の巨人で最強の巨人強さランキングについてお伝えしました。

今回は単純な戦闘能力を中心に考察した結果となります。

 

巨人たちの面白いところは、所有者によっても戦闘力が変化するところです。

そのため、所有者が移動すればその分最強の巨人強さランキングが変化することが予想されます。

 

ただ遠距離戦だけで考えると獣の巨人が最強かもしれませんね。

数km先から岩が無数の岩が飛んできたら、安易に近づくことができないですよね。

 

また、このさきエレンが所有している進撃の巨人の能力が明らかとなっていくことが予想されますが、一体どのような能力なのかがとても気になりますよね。

スポンサーリンク