高嶺と花最終話ネタバレ最新と感想!しあわせいっぱいの結婚式でハッピーエンド?

漫画

花とゆめ掲載の大人気漫画・高嶺と花最終話ネタバレ最新と感想!しあわせいっぱいの結婚式でハッピーエンド?高嶺と花最終話ネタバレ最新と感想!しあわせいっぱいの結婚式でハッピーエンド?二人の前に立ちはだかる試練とは?

最新話更新中→『高嶺と花』ネタバレ一覧

 

本記事は「高嶺と花」のネタバレをしていますが、「U-NEXT」なら文字だけでなく、漫画で最新話や最新刊をすぐに読むことができますよ♪

▼31日間の無料体験・600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※U-NEXTでは、31日間の無料トライアルを開催中!登録日を含む31日以内で解約すれば違約金もかからずに解約可能です♪

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

高嶺と花101話のネタバレ最新情報!いつ掲載?

それではここから、高嶺と花101話のネタバレ最新情報をチェックしていきましょう!

ここの内容は情報が入ったら更新していきますね!

「高嶺と花101話」は、7月20日発売の花とゆめに掲載されました!

 

半年後

入籍発表から半年後。

花は、高嶺の強力なサポートもあって、無事に大学に合格します。

そして、いよいよ高校生最後の日です。

サッカープロデビューを控えた、おかモンはすっかり有名人になっており、話しかけるのも一苦労です。

そんなおかモンにサポーターになるからと告げると、友だちでいいよ、と言われます。

 

スポンサーリンク

 

それぞれの道

それぞれが、自分で選んだ道を進んでいくのです。

花は花の道を進みます。

いよいよ結婚式です。

 

いよいよ結婚式

花の着替えが終わったところへ高嶺が訪れます。

そこには、ウエディンぐドレスをまとった花が・・・!

高嶺はズキューンとなってしまいます。

しかし、「普通だ」というのです。

しかし、花に悟られ、「最高にイケてる!!!」と白状します。

 

スポンサーリンク

 

歳の差

高嶺は28歳、花は18歳。

この歳の差は一生埋まることはない。

だからこそ、一緒にいた時間を楽しんでいくのだと・・・。

そして、「これからもどうぞ仲良くしてくださいね」と思う花なのです。

指輪交換は飛び切り豪華な指輪です。

 

誓いのキス

続いて誓いのキス。

怒った顔も、笑った顔も、くやしい顔も、楽しい顔も、全部私のものと近いのキスをする花でした!

「だってあたしが捕まえたんだもん!」

おわり。

 

スポンサーリンク

 

高嶺と花101話の前の話のネタバレ情報!

「高嶺と花101話」の情報が入るまで、「高嶺と花」のこれまでの話のネタバレ情報をここで振り返っておきましょう!

こちらでは、2020年6月19日に発売となった『花とゆめ』に掲載された「高嶺と花100話」のネタバレをご紹介いたします。

 

滝に打たれて

入籍発表会の日取りが決まり、なぜか滝に打たれる高嶺と花です。

サプライズデートで滝行とはと思いますが、披露宴に向けて緊張を落ち着かせるための計らいだったのです。

 

スポンサーリンク

 

披露宴会場では

「あんなに男前なのにロリコン」とか「本当に高校生と?」などと皆が口々に噂しています。

しかしそんな中、ルチアーノが明るく声をかけてきました。。

歳の差を気にしている2人に、ルチアーノのパパは愛に歳の差なんて関係ないのだと言います。

そうして、いよいよ披露宴がスタートします。

お見合いから始まった二人は、これまでいろいろあったわけですが、あらゆるトラブルから逃げずにいられたのは、一緒にいようと高嶺が言ってくれたからなのです。

これまでのすべてが今の花を支えているのだと感じるのでした。

 

披露宴も無事終わって

花は披露宴で、「私が納得したからここに座ったんです。少しもひけ目はありません。」とあいさつします。

会場では、喜ぶ人や応援してくれる人、反対する人さまざまな披露宴となりました。

そして披露宴後、10年遅れて生まれてきたのは花の落ち度だという高嶺です。

罰として、「これからも毎日バラを受け取れ」と言ってバラを渡すのでした。

>>高嶺と花102話ネタバレ最新と感想!そんなにうまくはいかない新婚生活?

スポンサーリンク

 

高嶺と花最終話ネタバレ最新と感想!しあわせいっぱいの結婚式でハッピーエンド?まとめ

今回は「高嶺と花最終話ネタバレ最新と感想!しあわせいっぱいの結婚式でハッピーエンド?」という内容でご紹介してきました。

しあわせいっぱいの新婚生活が続くはずなのに、高嶺と花の前に立ちはだかる試練とは?

最新情報が入ったら更新していきますね!

 

U-NEXTでデザートを無料で読む

 

スポンサーリンク