それでも世界は美しい142話ネタバレ最新と感想!ニケを取り戻す?

それでも世界は美しい

花とゆめ掲載の大人気漫画・それでも世界は美しい142話ネタバレ最新確定感想!ニケを取り戻す?それでも世界は美しい142話ネタバレ最新情報をご紹介!

 

 

スポンサーリンク

 

それでも世界は美しい142話のネタバレ最新確定情報!

それではここから、それでも世界は美しい142話のネタバレ最新確定情報をチェックしていきましょう!

「それでも世界は美しい142話」は、4月20日発売の花とゆめに掲載されました!

 

世界中の石碑を集めて

リビたちは、ついにニケをこの世に取り戻す方法を見つけました。

シドン欠片を集めようと、世界中の石碑をめぐっていましたが、これではリビの寿命に間に合わない事がわかってしまうのです。

 

今現在発見されているのは200余りの石碑です。

これらを全部吸収しても元の大きさには戻せません。

ということは、まだ発見されていない石碑があるのだという事がわかるのです。

石碑の1つでも足りなければ、完全体に戻ることはできないのです。

そして、守護者になり代わることも出来ません。

スポンサーリンク

 

それでもやるしかない

リビはそれでもやらなくてはならないのだと言います。

もしもこれらの行動が守護者システムに損失を与えてしまったとしても・・・。

大きなリスクを背負ってまでも他の国が協力するとはとても思えません。

5大国ならまだしも、それ以外の国には手の付けようがないのです。

 

守護者システム

そこへルナがリビを連れ戻しに来ます。

守護者システムのことや、ニケが犠牲になったことを各国に通達すると、不満に思う各国の首脳陣が城に集まってきたのです。

リビ達も城へ戻ります。

すると、ニケを取り戻すことに協力してくれるというのです。

リビは、再びニケを救うために立ち上がることが出来たのです。

この姿を見ていたシドンは自分の世界とはずいぶんと変わったと思います。

そうして各国総出で石碑探しへと動くのですが、山奥や未開の地などの収集には困難をきたします。

スポンサーリンク

 

皆の協力

困り果てているところへ、ウルスラがリビの元へ訪れます。

そして、未踏の地での石碑探しにも加担してくれるというのです。

かつては敵対していた相手ですら、ニケを救おうと強力してくれることに、感動するリビです。

そう、世界は一つになりつつあるのです。

そしてリビは決断します。

守護者システムを世界中に公表するという事を!

 

それでも世界は美しい142話の前の話のネタバレ情報!

「それでも世界は美しい142話」の情報が入るまで、「それでも世界は美しい」のこれまでの話のネタバレ情報をここで振り返っておきましょう!

こちらでは、2020年3月5日に発売となった『花とゆめ』に掲載された「それでも世界は美しい141話」のネタバレをご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

悪霊とはいったい?

カラと悪霊が目覚めたたため、アルとメンフィスが様子を見ています。

そこへ駆けつけたリビですが、アルがいることに疑問を持ちます。

アルとしてはニケのことを聞きたかったのです。

悪霊はアルの質問に答えながら、自分の正体を思い出し、語り始めます。

名前はシドン・テテオラルクだと言い、かつてはこの大陸を支配した、闇の帝国の帝王最後の闇帝だというのです。

シドン・テテオラルクは、自分と似ているリビに知ってもらいたいことがあるのだと言うのです。

守護者ティルスは、雨の公国の王族の一員であり、最高術者であったこと、またニケにそっくりだったと語ります。

アルは闇の帝国の直系だと言います。

 

守護者の誕生

そして、守護者の誕生について話し出しました。

この星が滅びかけたときに、技術と魔法のような操作により、最後に残ったこの大陸を安定させて、生命を守り続け、そして最初の守護者が誕生したのだと言うのです。

やがて時は経ち、二つの技は二つの民に引き継がれて、別々の国になりました。

そして、気象を操ることが出来る闇の帝国に、たった一人で乗り込んだのがティルスだったのです。

ティルスは近頃の少雨化の原因は闇の帝国の仕業ではないかと疑って、王宮の巨大遺跡を風の力で切ったのです。

ティルスは世界平和のために力を使ったのでした。

スポンサーリンク

 

ティルスとシドンの仲

ティルスはシドンを特別扱いすることなく接したため、シドンにとっては、ティルスはとても居心地の良い存在だったのです。

シドンはシドンで、ティルスには心を許し、一緒にいたいと願っていました。

ところがある日、ティルスは守護者として、シドンのもとから去っていくことになり、シドンは裏切られたと思い、長い年月をかけ、怨念が巨大化したのだと言います。

その500年後、災厄になったシドンを封印するため雨の公国から術者がやって来て、シドンの体を分け、碑の中に閉じ込めてしまいました。

 

交換可能な守護者

守護者になる資格は、高位術者または高位精神体であり、守護者は交換可能であるという事が分かります。

今の守護者のニケと同等の力を持つシドンの交換が可能だというわけです。

リビは、ニケにまた会えるかもしれないし、シドンはティルスに会えるかもしれないのです。

そしてリビたちはシドンの一部を探しにでかけます。

しかしここで、シドンから太陽王の寿命が間に合わないと・・・告げられるのです。

スポンサーリンク

 

それでも世界は美しい142話ネタバレ最新確定感想!

いよいよ世界が1つにまとまりつつありますね。

残り話数もわずかとなり、この先の展開がますます気になります!

しっかりと見守りたいと思います。

それでも世界は美しいを無料で読む

 

それでも世界は美しい142話ネタバレ最新確定感想まとめ

今回は「それでも世界は美しい142話ネタバレ最新確定感想!ニケを取り戻す?」という内容でご紹介してきました。

それでも世界は美しい142話では、かつて敵対していた相手も協力してくれるようになり、世界がまとまっていく様子が描かれました!

次号では、ニケを取り戻すことが出来るのでしょうか?見守りたいと思います。

最新情報が入ったら更新していきますね!

>>それでも世界は美しい143話ネタバレ最新!いつ掲載?太陽王の寿命は?

 

 

スポンサーリンク