松坂大輔の怪我の原因のファン情報が浮上!犯人はサイン転売が目的?

スポーツ

松坂大輔の怪我の原因は?犯人はサイン転売が目的?そしてファン情報が浮上!?松坂大輔さんの怪我の原因がファンとの情報が浮上しました。その理由が犯人はサイン転売が目的だったのではないかとネット上で話題になっています。今回はその実態、気になる今後を調査します。

スポンサーリンク

 

松坂大輔の右肩の怪我の理由や現在の状態は?

『平成の怪物』とも呼ばれている松坂大輔さんにまたしても右肩負傷の悲報が…

2019年2月11日、キャンプで沖縄を訪れている際に事件が起きました。
大勢のファンに囲まれている松坂大輔さんですが右肩を引っ張っられてしまい右肩を負傷してしまったのです。

『関節がずれたような状態』と診断されており、これが原因で炎症を起こしたと言われていましたが脱臼には至っていなかったといいます。

 

松坂大輔さんといえば驚異の右肩の持ち主で有名ですよね。

松坂大輔さんの凄さといえば高校生の頃から注目されており、高校3年間の公式戦の成績は59試合 防御率1.12 40勝1敗 379回 423奪三振です。
野球を知っている人だとこの数字のすごさが一目瞭然ですよね。

 

松坂大輔には親近感があってファンが近づきすぎる?

プロ野球選手はといえばファンサービスが重要になってきます。

ただ強いだけではプロとは呼べないのがプロ野球なんです。

その為誰よりもそれを理解している松坂大輔さんなだけに入団をした一年目のキャンプから大勢のファンに囲まれていましたがそれでもサインに応じるなどファンを大切にしてきたのです。

プロ野球ファンはアイドルファンとまったく一緒で球団入りや退団での出待ちももちろんあります。

試合後なんてしんどいはずなのにそれでもファンサービスを大切にする松坂大輔さんは本当に素敵なプロ野球選手ですよね。

実は私も某球団の大ファンなのでファンクラブにも過去加入していましたし、出待ちもしたことはあります。
熱血ファンは想像以上に多いのです。

スポンサーリンク

 

 

松坂大輔の怪我からの練習試合への復帰予定は?

気になるのはいつ練習試合に復帰できるのか。

今のところ確定されていませんが今キャンプ中はノースロー調整となり戦列復帰は早くても5月以降の可能性と発表されました。

ファンの方がどれくらい強く引っ張ったのかなんて実際のところ明確にはされることはありませんがここまでネット上でも取り上げられているくらいですからかなり重症なんじゃないでしょうか。
もしくは、早期復帰に備えて完治を第一にしているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

松坂大輔の怪我事件にネットの反応は?

松坂大輔の怪我事件にネットの反応はどうなのでしょうか?

すると、こんな声が上がっていましたよ!

  • 『ファンがけしかえらん』
  • 『本人の自己管理が足りない』
  • 『球団の警備態勢が甘かった』
  • 『もともと右腕を痛めていてファンに右腕を引っ張られていたと言うのは後付け理由であってそれを利用してしまった』
  • 『ファンサービスを中止にしたらいい』

など厳しい意見が多数上がっています。

なぜここまでネット上で発言できるのか。不思議ですよね。

おそらく批判しかできない人はプロ野球ファンとは無関係の人間だと私は思うんですよね。もしくは、他球団の熱血ファンによる批判ですね…

しかし松坂大輔さんを気遣う声も…

  • 『ファンが選手に怪我をさせちゃだめだろ 一生懸命練習している選手がかわいそう』
  • 『また元気な姿で戻ってきてくれるはず』
  • 『松坂大輔がかわいそう』
  • 『松坂大輔さんの復帰を願うばかりです』

など復帰を待っているファンも
たくさんいるのです。

スポンサーリンク

 

 

松坂大輔の事件のファンの名前や顔画像も?犯人が特定されない背景は?

この事件の犯人ですが実際のところ判明されていません。

大勢のファンに囲まれて移動する松坂大輔さん。

おそらくこの時に事件が起きたのではないかと言われています。

しかしこんなに大勢の中から犯人を見つけ出すなんて正直厳しい話です。

未だ目撃情報や映像などもない為犯人が名乗り出るまで特定はできません。

松坂大輔さんを目の前に興奮していたファンですから自分が怪我をさせてしまったなんて思いもしないでしょうけどね。

その為怪我の犯人は一般人の可能性が高い為現段階ではわかりませんでした。

 

松坂大輔の怪我や故障歴は?

松坂大輔さんは過去にもこんなに怪我を負っていました。

2011年:レッドソックス所属。右肘のトミー・ジョン手術を受けました。

トミー・ジョン手術とは『肘の内側側副靱帯再建手術』の通称で、あのダルビッシュ選手も受けた手術なんです。

痛めている靭帯を切除し体の他の部分から健康な腱を移植するというものですが、この手術を受けた場合長期にわたるリバビリが必要になるのです。

松坂大輔さんは2012年の6月に復帰したのですがトミー・ジョン手術の影響かどうかはわかりませんが成績不振が続いてしまったのです。

2015年4月:ソフトバンク所属。右肩の筋肉疲労が判明し、ノースロー調整の措置が取られました。その1ヶ月後には2軍戦で実戦復帰しましたがその4日後に異常を訴え、その後はリハビリに努めていました。

その年の8月に右肩の手術を受けました。

内視鏡下による

  • 「右肩関節唇及び腱板クリーニング術」
  • 「ベネット骨棘切除術」
  • 「後方関節包解離術」

で復帰まで6ヶ月程度かかってしまいました。

右肩の関節に生じていた複合的なダメージと異常を手術で取り除きました。

右投右打選手なだけに右腕の損傷が多い事がわかります。

スポンサーリンク

 

 

松坂大輔のサイン転売の相場はいくら?

実際犯人はサイン転売が目的だったのでしょうか。

ちなみの直筆サインだと相場をオークションで調べてみました。

色紙だと1,000円前後、サインボールだと2,000円〜10,000円、ユニホームだと50,000円から転売されています。

選手もファンの為にと思ってサインをしているのにオークションで高く販売されているとなんとも言えない気持ちになりますよね。

昔に比べると簡単にサインが手に入ってしまう為、転売目的がかなり増えてきているのが現実なんですね。

 

松坂大輔のケガに仮病説も?

右肩炎症に仮病説も出ているのです。

松坂大輔さんが右肩の痛みを訴えたのは数日後だと言われている事からファンに引っ張られたのが本当に原因なのか?という意見もあります。

今回の事件だけではなく松坂大輔さんは何度も右肩を故障している事から引っ張られただけでもどうしても故障しやすくなっているのは間違いありません。

スポーツをしていた方だと経験があるのではないでしょうか。

私も過去にスポーツを長年していたのですが、一度怪我をしてしまうと同じところばかり損傷してしまうのです。

仮病説が出るのは仕方のない事ですが、プロ野球を続ける以上松坂大輔さんの右腕が完治することは難しいことなんです。

 

松坂大輔の怪我の原因のファン情報が浮上!犯人はサイン転売が目的?まとめ

今回の松坂大輔さんの怪我について詳しく調査しましたが、やはり転売目的で選手にサインを求める人がかなり多いようで中日は事前に球団公式ホームページにファンに対する異例の『お願い』を掲載していたと言います。

今回の事件同様、どの球団も非常識なファンには頭を抱えているようです。

一緒に写真を撮ろうとして選手を驚かせたり、サインをもらう列に割り込んだりとルールを守れないファンが多いようです。

今回の事件の犯人は転売目的ではなく熱狂ファンだった可能性もありますがこのような事件が起こってしまった以上球団側も今後の対策を考えないといけないでしょう。

そんな転売目的でサインを求める心無いファンが減る事を願うばかりです。
松坂大輔さんには批判の声なんて気にせず気持ちよく復帰してほしいですよね。

>>松坂大輔の子供の画像や学校が凄い!子供時代の松坂大輔との違いは?

 

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。