事実婚と内縁関係の違いは?義務や権利は発生するの?

NEWS

近年、芸能人や有名人でも事実婚をする人たちが増えてきていますよね。

ですが、事実婚とは名前だけ知っていたとしても、具体的にどういったものか知らず、その境界線が曖昧になっている人が多いのではないでしょうか?

 

そこで、この記事では、事実婚と内縁関係の違いについてお伝えしていきます。

事実婚と内縁関係の違いは?

事実婚と内縁関係の違いについてですが、実はどちらも同じ状態なのです。

事実婚と内縁関係はつまるところ、法律上は結婚(婚姻)をしていない状態のことです。

しかし、厳密に事実婚や内縁関係がどういったものなのかは定義されていません。

 

ではなぜ、言葉に違いがあるのか。

意味についてはどちらも違いはありませんが、時と場所によって事実婚と内縁関係を使い分けることがあります。

 

例えば、自分達からカミングアウトする場合は『事実婚』が用いられる事が多く、メディアなどの公的な場所では『内縁関係』と使われる事が多いです。

 

また、事実婚と内縁関係では、受け取り側のイメージというのが変わってきます。

一般的には、事実婚は自分達から婚姻届を出さないけれど、婚姻関係を結びたい男女というイメージが持たれやすいです。

 

対して、内縁関係は、婚姻届を”出せない”状況にある男女がイメージされやすいのです。

婚姻届けを出せない状況とは、簡単にいうと不倫関係など何かしらの理由があるという事です。

 

そのため、事実婚は選択的事実婚、内縁関係は自発的内縁と呼ばれることもあります。

注意してほしいのが、『内縁関係=やむを得ない状況』というわけではありません。

スポンサーリンク

 

 

事実婚や内縁関係が認められる状況とは?

事実婚や内縁関係になる(認められる)にはどうしたら良いのか。

先ほどもお伝えしたように基本的には、『これが事実婚(内縁関係)』というものは定義されていません。

 

そのため、パートナー同士がお互いに夫婦になりたいという意思が共通していたり、共同生活をしている実態があり、周りから夫婦関係にあると認められている場合は、事実婚や内縁関係が成り立っていることになります。

ですが、事実婚や内縁関係を証明することができます。

 

事実婚(内縁関係)の手続きは住民票の続柄に(未届)を加えてもらえます。

これは、『二人は夫婦関係にあるけれど、婚姻関係は出していないよ』ということを意味しているものとなります。

 

役所で手続きをすれば、簡単に記載してもらえます。

ただ、パートナーがお互いに独身であるということを確認するために戸籍のコピーが必要となります。

スポンサーリンク

 

事実婚や内縁関係と同棲の違いは?

事実婚や内縁関係について見てきましたが、『同棲とは何が違うの?』と、まだ疑問に感じている人がいるかもしれませんね。

パッと見ただけではどちらも同じで、男女が一緒に共同生活をしている点に違いはありません。

 

ですが、唯一違うのがパートナー同士の意思です。

同棲の場合はお互いに『夫婦である』という認識はなく、一緒に住んでいます。

 

事実婚や内縁関係になるには”お互い”に夫婦であるという認識を持つ必要がありますので、片方だけがその意思を持っていても、成り立ちません。

そのため、長期間同棲しているパートナーがいたとしても、夫婦としての意思がなければ、それはただの彼氏彼女の関係でしかありません。

 

事実婚や内縁関係の関係に進展したい場合は、お互いの意思を確認して、必要に応じて証明しましょう。

スポンサーリンク

 

事実婚と内縁関係の違いは?(義務・権利)

事実婚や内縁関係になると通常の結婚と同じように義務や権利が発生します。

一部例をあげると、貞操義務や扶養義務があります。

 

よく勘違いされやすいのが事実婚ならパートナー以外と肉体関係を持つことが許されるということです。

事実婚や内縁関係にある場合いは貞操義務が発生するため、浮気をした場合は慰謝料の請求が可能となります。

 

また、扶養義務が生じるのでお互いに協力をして生活補助をしていく必要があります。

さらには、場合によっては遺族年金を受け取ることができると言われています。

 

ですが、遺産相続に関しては、当然ながら血縁者が優先されるので子供や配偶者の親族に相続権が優先付与されます。

事実婚と内縁関係の違いのまとめ

事実婚と内縁関係の違いについてお伝えしました。

どちらも法律上の違いはなく、簡単にいうならば『法律上結婚をしていないが結婚の意思があり夫婦関係になりたい2人。』

ということになります。

 

共同生活をしていても、夫婦関係の意思がない場合は同棲となります。

  • 夫婦関係の意思がお互いにある場合は事実婚(内縁関係)
  • 夫婦関係の意思がない(又は片方だけある)場合は同棲

このようになります。

 

近年、働き方や考え方が変化してきていて、事実婚や内縁関係にして、法律婚をしない人たちが増えてきています。

どちらが良くて、片方が悪いなどではありませんので、これから先のことをパートナーと話し合ってみてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。