リセランの副作用の危険性は?全成分チェック!敏感肌でも大丈夫?

リセラン

リセランに副作用の危険性は?全成分確認して危険は本当にないのかをチェックしてみました!敏感肌でも大丈夫?リセランを使うことで肌などに副作用の危険性は無いの?全成分問題なし?製造工程上で危ないポイントがないのかチェック!

▼今なら初回80%オフ!▼

>今なら送料も無料!
返金保証付きで安心!

 

リセランに副作用の危険性はある?全成分チェック!

くすみ・ハリ不足に幹細胞アプローチしてくれると、話題の美容液『リセラン』!!

2016年 In cosmeticsで金賞受賞、他にも数々の口コミ調査で第1位、3冠獲得の超優秀美容液です♪

 

今回は、こちらの美容液『リセラン』に、副作用の危険性はあるのか?など、皆さんの気になるであろう点を、徹底的に調査したいと思います。

 

リセランの成分に副作用の危険性は?

まずは、美容液『リセラン』に配合されている成分です。

管理人サヤ

毎日、直接顔につけるものだから、その成分はとても気になりますよね・・・どんなものが配合されているのかチェックしてみましょう!

リセランの全成分水、イソペンチルジオール、グリセリン、PEG-20、コチョウランエキス、ベニコウジ菌/(アサイヤシ果実/コメヌカ)発酵液、へキサカルボキシメチルジペプチド-12、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト角化細胞順化培養液、アセチルヒアルロン酸Na、フラーレン、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸桿菌/乳発酵液、酵母エキス、スクワラン、水添レシチン、酢酸トコフェロール、マンニトール、カフェイン、DNA-Na、PEG-60水添ヒマシ油、PVP、メトキシケイヒ酸オクチル、ビサボロール、オレイン酸ソルビタン、オレイン酸PEG-4、トリセテス-5リン酸、セテス-25、セテス-15、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、カニナバラ果実油、エチドロン酸4Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG

 

記載の成分表を見ると、聞きなれた成分から、あまり知らない成分まで、様々なたくさんの成分が配合されていることがわかりますね。

基本的に成分表は、左上から順に、配合量の多い成分となります。

この『リセラン』には、水が1番高い割合で配合されているということになりますね。

 

これらの成分には、危険性はありません。

『リセラン』に配合されている成分は、ほとんどが植物など、天然由来のものが多く含まれています。

ですので、副作用が起きるような成分は見つかりませんでした!

 

『リセラン』の特徴は、「国産ヒト型幹細胞エキス(日本人のヒト幹細胞を使用)」「胡蝶蘭発酵エキス(世界初の独自成分)」を使用していることです。

日本人のヒト幹細胞を使用している国産品ということで、副作用の心配はなく、高品質で安心・安全なアイテムとして支持する方は多いようです。

また、5つの無添加にもこだわったことで、より副作用など危険性に関する心配はないと思われます。

 

リセランの製造工程に副作用の危険性はない?

『リセラン』には、3つのこだわりがあります。

  1. 国産
  2. 培養液が開示されている
  3. ウイルス検査済み

ということです。

このような安全へのこだわりから、副作用の危険性も低く、安全な美容液なんですね!!

 

リセランの副作用?ウィルスの危険性はない?

先にもお伝えしましたが、ウイルス検査済みの製品なので、そちらの心配もありません!!!

安全性が高く安心して使えるように、国産であることや、培養液を開示していて、ウイルス検査済みである、という3つが、この『リセラン』のこだわりです。

 

リセランに副作用は出ませんでした!敏感肌でもOK!

敏感肌の私も副作用など感じることなく、安全に使用できました!

それどころか、リセランを継続使用することで肌水分が増えたおかげか、肌トラブルも減りましたよ♪

→リセランへの皆の意見は?

 

リセランの副作用の危険性は?全成分チェック!敏感肌でも大丈夫?まとめ

今回は、『リセランの副作用の危険性は?全成分チェック!敏感肌でも大丈夫?』について調べましたがいかがでしたでしょうか?

 

まとめると・・・

  • 副作用が起きるような成分は入っていない
  • ウイルス検査済み
  • 国産である
  • 基本的には無添加の処方
  • 肌が弱い方にも安心

 

ということです^^

 

調査してみたところ、『リセラン』は安心して使用することができるということがわかりましたね!

今なら大変お得なキャンペーンが開催中ですので。ぜひこの機会に試してみてくださいね!

▼今なら初回80%オフ!▼
1日66円
で試す!>返金保証付きでリスクなし!<
敏感肌でも安心!!