10の秘密の原作は?ネタバレ情報やあらすじ!

10の秘密

ドラマ「10の秘密」の原作はオリジナル作品でしょうか?それとも小説や漫画が原作なの?ネタバレ情報やあらすじを一挙にご紹介!10の秘密の原作者は脚本家なのでしょうか?それとも有名作家なの?とっても気になるネタバレ情報やあらすじも徹底調査しました!さらに出演者情報も!

スポンサーリンク

 

10の秘密の原作は?

https://twitter.com/oricon/status/1197464671785230336
1月スタートのフジテレビ系列火曜10時放送の、「10の秘密」がすでに話題になっています。

「10の秘密」というタイトルから、気になるのが原作ですが、タイトルからして宮部みゆきの小説かな?とか、何かの漫画が原作なのかな?などと思いました。

しかし調査した結果、脚本家である後藤法子さんのオリジナル脚本が原作だという事が判明しました。

本格的なサスペンスドラマだという事です。

これは楽しみですね!

 

10の秘密の原作はなし?あらすじ情報!

「10の秘密」の主演は、俳優の向井理さんです。

そして離婚することになる向井理さんの元奥さん役が仲間由紀恵さんという事で、すでに面白そうな予感がします。

「10の秘密」は、原作はなく脚本家によるオリジナル脚本という事で、誰も結末を知りません。

興味津々ですね!

超簡単なあらすじとしては、愛する娘を誘拐され、様々な秘密に翻弄される向井理さん演じるシングルファザーのお話しという事です。

もう少し詳しくご紹介しますね。

向井理さん演じる主人公白河圭太は、、14歳の娘(山田安奈)と二人暮らしのシングルファーザーで、職業は建築確認検査員をしています。

仲間由紀恵さん演じる元妻、由貴子から一方的に離婚を通告され、由貴子はさっさと家を出て行ってしまった結果、娘と二人暮らしの生活を送っているのです。

娘のことはとても愛しており、自分を犠牲にしてまでも、娘のことを最優先に考えて生活をしてきました。

そんな娘との関係もとても良好。

しかし、そんな平穏なある日突然、圭太のもとに電話がかかっていきます。

「娘を預かった。命が惜しければ元妻を探せ。」

そうです。大事な愛娘が誘拐されてしまったのです。

そこから圭太の娘を探す日々が始まりますが、やがて、元妻の秘密や娘の秘密が明らかになっていくのです。

スポンサーリンク

 

10の秘密の原作ネタバレ情報は?見どころは?


「10の秘密」の見どころは、どんなところにあるのでしょうか?

今回、シングルファーザー役を演じる向井理さんの父親ぶりも気になりますが、なんと言っても、「秘密」がキーとなっています。

登場人物それぞれの秘密を、ドラマを観ながら楽しめると思います。

サスペンスドラマですので、毎回謎解きのようなワクワク感や、登場人物の「ドキッ」とするような言動も見どころですね!

向井理さんは、こう述べています。

「秘密が多いドラマなので、放送中に出た宿題を次週の火曜日までに考えていただくような作品」

との事で、視聴者も一緒になって楽しめるドラマのようです。

 

10の秘密の原作は?ネタバレ情報やあらすじ!まとめ

「10の秘密」は、ドラマの中にそれぞれの「秘密」がちりばめられています。

そんな様々な秘密が次々と明るみになっていくにつれ、とんでもない展開に発展するようです。

ここまで聞いただけでも、ワクワク、ゾクゾクしますね。

誰にだって秘密はあります。

そんな秘密に焦点を当てているのが、視聴者も一緒になって楽しめるポイントではないでしょうか。

もしかしたら、自分と同じような秘密を持っている登場人物もいるかもしれませんよ!

久しぶりの、オリジナル脚本による、本格サスペンスドラマです。

今からとても楽しみで、ワクワクしてしまいます。

ぜひ、2021年幕開けの1月スタートドラマ「10の秘密」を見逃さずに、チェックしてみてください。

▼「10の秘密」見逃し動画▼
もらえるポイントで無料視聴できる

>トライヤル中に解約もOK!
登録1分で見れる!

スポンサーリンク