大学生のメイク初心者がおさえるべきメイク方法とは?

中学生,メイク,初心者,やりかた
美容

中学生,メイク,初心者,やりかた

大学生になると、急に周りのみんなが大人っぽくなって焦ってしまうことはありませんか?

その印象を左右するのが、「メイク」!

周りの友達が一気に綺麗に可愛く大人っぽくなった理由は、メイクの力が非常に大きい可能性があります・・・。

そんな大きな力をもつ、メイクをあなたは存分に活かせていますか?

 

そこで、今回は大学生のメイク初心者が抑えるべきメイクの方法をご紹介していきたいと思います!

大学生にもなると、オフィシャルな場では逆に大人の嗜みとしてメイクをすることを求められる場も増えてきますので、手に入れておかなければならない技術ですから、最後までチェックしていってくださいね!!

 

スポンサーリンク

 

メイク前にプラスしたいスキンケア

大学生,メイク,初心者

それでは早速、大学生のメイク初心者が抑えるべきメイクのポイントをチェックしていきたいと思います!

これはあまり取り入れることができていない人が多いですが、メイク前にスキンケアをプラスするとメイクの仕上がりが一気にアップします!

肌のくすみがとれ、お化粧のノリもよくなりますので、是非取り入れるようにしてくださいね。

 

まずは、洗顔料でしっかりと洗顔して、しっかり肌の汚れを落とすことが肝心です。

夜は何もしてないから、洗顔することないんじゃない?と思ってしまうかもしれませんが、実は、私たちの顔は夜寝ている間に汗や皮脂などにほこりなどの汚れが付着して、意外と汚れているんです・・・。

こんな状態でメイクをすると、当然、メイクが崩れやすくなってしまいますので、しっかりと洗顔をしてからメイクをするようにしましょう。

また、皮脂などの汚れは、水だけでは落ちにくいため、ちゃんと洗顔料を使用するようにしてください。

ただ、乾燥肌で肌の調子が悪い時は、刺激の強い洗顔料や、洗顔自体が肌に影響を与える場合もありますので、肌の状態を確認しながら、洗顔を取り入れるべきかどうかもチェックするようにしてください。

 

洗顔をしたあとは、化粧水や乳液でたっぷりと肌を保湿するようにしましょう。

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態になっていますので、なるべく早くこの保湿作業は行うようにしましょう。

 

化粧水、乳液を使う時は、ハンドプレスを行い、しっかりと保湿することで肌の奥まで浸透させることができます。

できれば、化粧水は、2回にわけて行うと肌への浸透がよくなりますので、時間がある際は実践してみてくださいね。

これも、あまり知られていませんが、肌の表面のキメは、重力の効果で下を向きがちなので、下から上に向かって優しくなじませることがおすすめです。

化粧水や乳液を顔につけたあとは、首元までしっかりとケアしておくと、メイクがより長持ちするようになります。

一番のおすすめは、首元の動脈を化粧水でパッティングするという方法。

首元をパッティングし冷やすことで、皮膚の温度を下げ汗や皮脂によるメイク崩れを防ぐことができちゃうんです!

これを行うと肌がひんやりしてきますので、それがメイク開始OKのサインです!
冷蔵庫で冷やしておいた化粧水を使うと速攻で効果を感じることができるのでおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

 

むくみ解消・くすみ解消マッサージ

大学生,メイク,初心者

スキンケアのあと、ベースメイクの前は、むくみ解消やくすみ解消のマッサージを加えていくと、顔のくすみや化粧ノリがよくなっていきます!

これはプロのモデルさんもよくやっている方法なんですよ。

このタイミングでリンパマッサージをすると、むくみがとれて、肌の透明感がアップします。

 

洗顔後に化粧水とクリームをつけてからのタイミングで行えば、摩擦も減るので肌にかかる負担も少なくして傷める必要もありません。

顔のリンパを流していくときは、肌の上で手をやさしく滑らせるイメージでokです!力を入れすぎるとシワの原因にもなりますので、気をつけてくださいね!!

各手順、3回ずつが目安です。

額の中央部分に親指以外の4本の指を添え、顔の側面を通って鎖骨までリンパを流すようにさすりましょう。これだけで顔が熱くなるのを感じる方も多いでしょう。

次に、中指と薬指であご先を軽く挟み、耳裏のリンパに向かって、フェイスラインを引き上げるようにリンパを流し、耳の後ろのツボを押したら、鎖骨へリンパを流します。

目頭からこめかみに向かって、目の周りの骨に沿って軽くプッシュします。この時、目の上だけでなく、下も骨に沿ってプッシュしましょう。
そしてこめかみを押したらさらに鎖骨へ流せばOKです。

これらのマッサージを軽いタッチで3回ずつ程度行えば、滞りがちなリンパを流すことができるので血行が良くなり、化粧ノリの良なり、くすみを解消して透明感のある肌に仕上げることができますよ!

 

ベースメイクで、しっかり美肌メイク

大学生,メイク,初心者

素肌を整えたあとは、ベースメイクをして、しっかりと美肌をメイクしていきましょう。

ちなみに、先ほど化粧水や乳液はしっかりと肌になじんだことを確認してからメイクを始めるのがおすすめです。

これらを処理した後の肌は、水分や油分が肌表面に残っていて、べたついており、化粧下地やファンデーションを乗せてもムラづきしやすくなったり、メイク崩れしやすくなってしまいますので、約1~3分は時間を置くようにしましょう。

もうメイクをしてOKかどうかのチェックは、手の甲を肌にあてて、肌感触がさらりとしているなら大丈夫です。

 

メイク初心者の大学生の方に、まず考えてもらいたいのは自分がどのファンデーションが向いているか、仕上がりがどのタイプが好きかというところを選ぶこと!

ファンデーションは、

  • クリーム
  • リキッド
  • パウダー

の3種類があり、それぞれに使用感や仕上がりが変わってきますので、どれを選ぶかを考えなければならないんです。

これは肌のタイプにより、向き不向きがあり、乾燥肌の方は保湿力が比較的高いクリームタイプやリキッドタイプ、脂性肌の方はパウダータイプのファンデーションがおすすめです。

あとは、仕上がりがどの感じが好きか・・・などのポイントをチェックして、自分にはどれがあっているかを確かめていってください。

 

また、質感選びと一緒に注意してチェックしてもらいたいのがファンデーションの『色』です。

肌の色を美白にしたいからって、少し明るい色を選んでしまったりすると、実は、自分の首の色と違いが出てしまい、顔だけ浮いてしまうという結果になってしまうこともあるんです。

そのため、ファンデーションは、自分の首の色を基準に選ぶようにすると、自然でナチュラルな仕上がりになります。

手の甲にテスターをなじませるとわかりやすいですよ!

ドラッグストアでも、肌の色味を調べてくれる案内のお姉さんがいたりしますので、そのお姉さんに自分の肌のタイプだとどれが合うかを聞いてみてもいいかもしれませんね♪

 

スポンサーリンク

 

顔の額縁、眉毛の格上げメイク

大学生,メイク,初心者

アイメイクに力を入れすぎて、眉毛メイクを適当に済ましてしまっている人も多いですが、眉毛は顔の額縁とも呼ばれているほどに顔のバランスを左右するパーツなので、ここが意外と力の入れどころです!

 

眉毛はペンシルでうすく線を描き、眉の形を作りましょう。

眉尻は小鼻と目尻の延長線上に設定し、眉山は黒目の外側部分の延長線上に作るとバランスの取れた美眉に仕上げることができます。

眉カラーが髪の色と合っていない人は、眉マスカラを使って、眉毛自体の色も整えるようにしましょう。

これだけで垢抜けた綺麗な眉毛が出来上がりますので、試してみてくださいね。

 

盛りすぎないナチュラルアイメイク

大学生,メイク,初心者

大学生のメイク初心者さんにおすすめなのは、盛りすぎないナチュラルアイメイクです。

 

アイシャドウのポイント

まず、顔色にあったアイシャドウを選ぶようにしましょう。

アイシャドウにはいろんなカラーがあり、メイクを始めたての時は、いろんなカラーを試してみたくなってしまうものですが、このアイシャドウはメイクの中でもかなり強い印象を与えるアイテムなので、自分の肌に合ったナチュラルなカラーを1つ見つけるようにしましょう。

そのカラーをベースに、色味を入れていけば、ナチュラルな目元華やぎメイクにもさりげなく遊びを入れることができます。

アイシャドウをつける際は、ブラシだけでなく、指などを使うと肌に馴染みやすかったり、渦付きなのに輝くバランスの良いアイシャドウメイクをできますので、両方を使って綺麗な色味と陰影を作り出すようにしてください。

スポンサーリンク

アイラインのポイント

また、アイラインはペンシルとリキッドライナーの2本は少なくともゲットするようにしましょう。

まつげの隙間を埋めるのは硬めのテクスチャーのアイラインペンシルで、目尻のはね上げライン、タレ目ラインはリキッドで作る・・・などと工夫を入れるとより印象に残る目元をメイクで作り出すことができますので、自分の目をより魅力的に仕上げる使い方を研究して行くようにしてください。

できれば、黒とブラウンを両方ゲットしておくと、より深みのあるメイクを作ることができますよ!

 

ビューラーとマスカラのポイント

まつげを上げる際に使うビューラーの選び方も、まつげメイクの仕上がりを左右します。

おすすめは、日本人の目の形に合わせて作られているタイプのビューラー。

海外の有名なビューラーも多々販売されていますが、外人の目の形と日本人の目の形は異なり、まつげのアプローチも異なりますので、できれば日本人用のものを選ぶ方が、まつげに対してより良い角度でカーブを作れるようになります。

まつげは3段階にわけて、緩やかなカーブを作ることで、マスカラも伸びやすくなり、綺麗にセパレートしていて長いまつげを作ることができるようになりますので、そういった点も注意してみてください。

 

マスカラは、ロングタイプとボリュームタイプがありますが、まずメイク初心者のかたに採用してもらいたいのはロングタイプです。

ロングタイプで1本1本のまつげの長さを扇状に伸ばすことで、盛りすぎている感じを出さずに自然に縦と横に広がるでか目を作ることができますので、まずはロングタイプのマスカラで自分の目がどのようになるのかを確かめてみてください。

 

また、忘れてしまいがちなのが下まつげのビューラーとマスカラのメイク。

下まつげは、普通のビューラーだとクセづけがしづらいので、できればホットビューラーをゲットしておくと、より下まつげを下に伸ばすことができます。

ホットビューラーで下に伸ばしたあと、下まつげはマスカラの余分な液をとってから、縦にしてチョンチョンと乗せていくようにしてください。

下のまぶたについてしまったマスカラは、すぐに綿棒で拭き取ればいいので、思い切って塗ってしまって大丈夫ですよ。

 

スポンサーリンク

 

顔の印象を左右するリップメイク

大学生,メイク,初心者

メイクをするなら、リップメイクにもきちんと気を配る必要があります。

リップを大人っぽく綺麗に仕上げるには、まず自分に似合うカラーを探すということが重要です。

 

肌は、イエローベースとブルーベースの2パターンがあり、それぞれの肌をより綺麗に明るく見せてくれるカラーのリップを選ぶと、あなたの顔の印象がよりよく見えるようになります。

イエローベースの人は、リップはサーモンピンク、オレンジ、ピーチ、コーラルなどの黄味がかった色味が似合う傾向があり、ブルーベースの肌の色の人はピンク、ローズ、ワインレッド、ピンクベージュ、ボルドーレッドなどの色味のリップがよく似合うとされています。

肌に合ったのリップを使うと肌の色を綺麗に引き立てて健康的な血色の良さを出すことができるようになりますよ!

 

また、リップは、リップブラシを使って、輪郭をきちんと縁取るように塗るようにすると、格段に大人っぽくメイクを仕上げることができるようになります。

特に、口角の部分はリップをせずに済ましてしまう人が多いですが、ここをきちんと塗るようにすると、口の印象が大きくなるので、小顔効果を得ることができます。

はみ出してしまったリップは綿棒でとって、綺麗な形に仕上げると唇の印象が綺麗になり、メイクにメリハリを与えることが出来ます!

 

スポンサーリンク

 

顔に華やぎを与えるチークメイク

大学生,メイク,初心者

顔に華やぎを与えるチークメイクの方法もチェックしていきたいと思います!

チークを忘れてしまったり、省略してしまったりしている人も多いですが、チークで頰に色をつけるだけで血色感が出て、健康的で可愛らしい印象を作ることができます。

乗せ方や色によっては、顔を引き締めて見せる効果も期待できますので、試してみる価値はありますよ!

 

チーク用ブラシにチークを少量とり、取りすぎてしまった場合は、少し手の甲で粉を落としてから使いましょう。

チークを置く位置は、笑った時に高くなる箇所で、キュートな印象に仕上げたいのであれな頬骨から頰に円を描くようにくるくるとのせ、キュッと顔を引き締めて見せたい時は頬骨から中央に向けてサッと色を入れるようにしましょう。

小顔に見せたい場合は、奥行きを出して、耳の近くまでチークを付けるといいですよ♪

 

また、これはメイク全般に共通したことですが、必ず明るい光の下で行いましょう。特にチークは暗いところと明るいところで塗ったのでは、出来上がりにかなり差が出てきます。「なんか薄い気がする……」と思って塗り重ねてしまい、明るい場所に移動した時に「何これ!濃い!」となってしまうことだけは防ぎましょう。

初心者大学生の垢抜けチーク方法の一つ目は、なりたいイメージのチークを選ぶということです。チークにも、パウダーかクリームチークかなど、いくつかの種類があります。パウダーは粉っぽくなるので、ナチュラルな化粧にしたいときはクリームを選ぶのがおすすめです!カラーも理想のメイクを研究して購入してください。

チークをあまり上手にできない場合は、ベースメイクより前にチークを塗る・・・というのも良い手です。

ベースメイクよりも前にチークを塗ると、肌の内側から萌え出るような自然な血色感を作り出すことが出来ますので、さりげなく色味を入れたい時はこんな風に工夫してみると、表情が変わってくるので面白いですよ。

また、メイク全体に言えることですが、メイクをする時は、ちゃんと明るい場所でするようにしてください。ライトの明るさの種類によって色味の仕上がり全く異なって見えてしまいますので、できればいろんな照明で自分のメイクの仕上がりをチェックするといいでしょう。

 

大学生のメイク初心者がおさえるべきメイク方法とは?まとめ

大学生,メイク,初心者

今回は、大学生のメイク初心者が抑えるべきメイクの方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ご紹介してきたポイントを実践してみるだけであならのメイク力は一気に格上げしちゃいますよ♪

初心者の今だからこそ、正しいメイクの方法を身につけて、今後の人生の美人度をアップさせていっちゃいましょう!

是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。