デカ目にしたい女子のアイメイクのやり方を最初から丁寧に!

中学生,メイク,初心者,やりかた
美容

中学生,メイク,初心者,やりかた

メイクをする多くの女子が目指している自然なデカ目。

今は様々なメイクアップアイテムやテクニックのおかげで、素人でもプロ並みのテクニックでメイクでデカ目を作っていますよね♪

 

・・・ということで今回は、デカ目にしたい女子におすすめのアイメイクの方法をご紹介していきたいと思います!

使わないと勿体無いテクニックをたくさんご紹介していますので、最後までチェックしていってくださいね!

スポンサーリンク

 

デカ目にしたい女子のアイメイクのやり方!

アイメイク,やり方,デカ目

それでは早速デカ目にしたい女子のアイメイクのやり方をご紹介していきましょう。

 

自然にデカ目を作るなら、一重や奥二重、二重など、目の形によってメイク方法を変えていくのが賢い手です♪

ということで、今回は、目の形別にデカ目を作る方法をご紹介していきたいと思います。

 

一重の場合

アイメイク,やり方,一重

引用:https://maico.maihada.jp/hair-make/20160926/

一重のアイシャドウポイントをチェック!

まずは一重の方におすすめのアイシャドウメイクのやり方をチェックしていきましょう。

一重の場合、アイシャドウが特に大きな役割を果たします。

 

抑えておくべきポイントは、

  • グラデーションカラーで仕上げること
  • パールやラメ系のアイシャドウの使用を控えること

です!

それでは、1つずつチェックしていきましょう!

 

一重アイシャドウポイント①グラデーションをつけること

まず、一重の目の方は特にアイシャドウにグラデーションを意識してカラーを入れるのがおすすめです。

自然なグラデーションを作ることで、立体感がなくなってしまいがちな一重さんのまぶたに陰影をつけることができるので、彫りの深いデカ目を演出することができます!

 

グラデーションなんて難しそう・・・と感じる方もいるかもしれませんが、グラデーションカラーのアイシャドウがセット担っているパレットを購入してしまえばとっても簡単ですよ。

つける順番は基本的に濃い色が、アイライン側で、まぶたの上にいくにしたがって、薄い白っぽい色にしていけばいいだけです。

自分の肌の色に馴染み、自然な影を作れるように研究して塗っていってください!アイシャドウのパッケージの裏面などにおすすめの塗る順番なども書いてありますので、是非参考にしてくださいね♪

アイライン寄りの位置に濃い色を入れる際は、目頭から目じりにかけ、まつ毛の生え際にそって引き、タレ目風にしたい場合は、下まつげの目尻付近にも少しシャドウをませると自然なデカ目を作ることができますよ♪

スポンサーリンク

一重アイシャドウポイント②パールやラメ系は控えよう

一重さんはアイメイクで目をスッキリと涼しげな目元を作りたい方が多いと思います!

そんな一重さんにはまぶたを膨張して見せてしまうパール系やラメ系のアイシャドウはあまりおすすめできません。

そこで、一重さんの目におすすめのは、マット系のアイシャドウ!

マット系のアイシャドウなら、テカリや無駄な光の反射がないので、キュッと目元を引き締めることができますよ♪

 

一重のアイラインメイク方法

一重さんにおすすめなアイラインの引き方のポイントは、目を普通の状態にして確認をしながら引いていく・・・というところです。

一重さんは、アイラインを綺麗に描くために、まぶたを上げて描いている人も多いと思いますがそ、その状態でアイラインメイクを終えてしまうと、普通の目のときにアイラインが見えていない場合があります。

また、目力をアップさせるためにアイラインを太く描く人もいますが、それでは逆に目が小さく見えてしまうということもありえますので、気をつけるようにしてくださいね!!

 

一重のビューラー方法

一重の方はまつげをカールさせるために使う、ビューラーの方法もワンテクニック加えるのが押すめです。

一重の目元は、根元からまつげを立ち上げてしまうと、まぶたがまつげにかぶさってしまったり、不自然なフォルムのまつげになってしまうことが多いのが特徴です。

そのため、中間から毛先を緩くカールするようにするといいでしょう!

 

まつ毛にカールがつきにくいタイプの方は、ビューラーにドライヤーを当てて、温めた状態で使うとホットカーラーのようにまつげのカールをより長い時間、きつめのカーブでキープさせることができます。

カールを持続させるには、キープ力の高いマスカラを選ぶのも良いでしょう♪

ウォータープルーフタイプのマスカラもカールのモチが良いのでおすすめですよ。

 

ビューラーでつけるカールは2回程度に分けてビューラーで癖づけるようにして、なだらかなカールをつけると、マスカラが滑らかに伸びて綺麗なまつげをキープしやすくなるのでおすすめです。

 

一重のマスカラメイク方法

一重のビューラーテクニックでまつ毛カールを作った後は、綺麗にマスカラでまつげを仕上げていきましょう!

  • デカ目を作りたい人におすすめなのはボリュームタイプのマスカラ
  • ナチュラルな印象に仕上げたい人はロングタイプのマスカラ

がおすすめです!

 

まぶたが重いタイプの方は、まぶたにマスカラが付着してしまうことが悩みの人もいますよね。

そんなタイプの方は、色のついたマスカラは塗らずに、ビューラーでまつ毛をあげ、透明タイプのマスカラをつけて上げるようにして、それに加えて目尻用のつけまつげをつけると一気に自然なデカめを手に入れることができます♪

スポンサーリンク

 

奥二重の場合

アイメイク,やり方,奥二重

引用:https://i-voce.jp/feed/10625/

奥二重はアイライナーは細く引くとデカ目に!

奥二重さんの場合は、意外かもしれませんが、細く引くことがおすすめです!

奥二重さんは二重の幅が狭いので、アイラインが太いと二重の幅が消えてしまうことも・・・。

 

そのため、細く引く方がぱっちりとした目元を作ることができるんです♪

まつげの上に目頭から目尻までしっかりアイラインを引くと、より目を小さく見せるメイクになってしまうこともありますので要注意なんです・・・。

細めにアイラインを描くためには、固めのテクスチャーのペンシルアイライナーやブラウンのリキッドアイライナーがおすすめです!

まぶたの奥の二重部分に薄いペンシルブラウンペンシルで影を作り、二重を強調すると目元の印象を強くすることができますので是非試してみてください♪

 

一般的に奥二重の目は目尻に向かって二重幅が広がっていきますので、アイラインもキワは細く初めて、目尻で幅を広げることがおすすめです!

細く綺麗にアイライナーを仕上げるにはまつげとまつげの隙間を埋めるのがおすすめです。

これができると明らかに目力がアップしますので、是非試してみてくださいね♪

 

ワンポイントとして、黒目の部分の上下にアイライナーで黒目を大きく見せてあげるようにすると黒目の目立つキュートな印象の目が仕上がりますよ!!

 

奥二重は目尻ラインを入れると目を拡張できる!

アイラインに目尻ラインを入れると目を拡張できるのでおすすめです。

奥二重まぶたの方は、切れ長のタイプの目の方が多いので、自然なデカ目を作るには切れ長の目をより強調してあげるのが正解なんです♪

目尻に拡張しても不自然なくらいのラインはプラス5mmぐらいまでです。

 

やりすぎな感じに仕上がってしまうのがイヤであれば、最初はブラウンのペンシルタイプのアイライナーを使うとさりげなく入れられますし、気に入らなかったらすぐに消すことができるのでおすすめですよ!

アイラインで目の大きさを拡張する場合は、目ばかり見ていると顔全体のバランスがおかしくなってしまいますので、必ず顔全体のメイクのバランスなども踏まえて調節していくようにしてくださいね。

 

拡張アイラインは、タレ目風にするか、跳ね上げたキャットライン風にするかでも印象が随分変わりますので、自分のなりたい目のイメージに合わせて変えてみてくださいね。

スポンサーリンク

奥二重は扇状に広がるマスカラメイクがおすすめ!

奥二重さんにぴったりなマスカラメイクは1本1本を伸ばして自然な扇状を作るメイクです。

このようなまつげをマスカラで仕上げることで目の縦幅を強調することができるようになります。これにより、ナチュラルなのに目力がアップし、上品に美人度をアップさせることができます。

ビューラーでまつげを上げた後は、まつげの根元は軽く、中間は45度程度のカールを作り緩やかに上がるカールを作りましょう。

 

そのために、マスカラは塗る前に毛先についた余分なをダマを落として、全体の液の量を均一に整えるのがおすすめです。

まつげの根元はカールが落ちやすいので、ブラシを3秒間程度押し当ててから毛先に向けてひと塗りすると綺麗なカールを作りあげることができますよ!

重ね塗りすると束になってしまい、綺麗にセパレートできなくなってしまうので一度で仕上げるようにしてくださいね。

 

 

一重、奥二重、二重におすすめなデカ目メイクのやり方法

アイメイク,やり方,奥二重

ここからは、一重、奥二重、二重のどの種類の目にもおすすめなデカ目アイメイクテクニックをご紹介していきたいと思います!

涙袋を目立たせると簡単にデカ目になれる♪

目をもっと大きく見せたい人におすすめなのは涙袋メイクです。

ギャルっぽくなってしまったり、わざとらしい媚びメイクになってしまいそうで苦手・・・と思ってまだチャレンジしていない人はこの涙袋メイクをしないのはもったいないですよ!

 

ラメがキラキラしているようなタイプだとアイドルのようなメイクになってしまうこともありますが、マットなタイプのものを使えば自然に目を大きく見せることができます。

涙袋演出用のメイクアイテムを買わなくとも、手持ちのベージュ系のパウダーシャドウをのせるだけでも涙袋メイクを作ることができますので是非チャレンジしてみてください♪

涙袋の部分も目のような存在感を出してくれるので横幅も縦幅も大きいデカ目を作ることができますし、目の下に光を集める白系の色を入れることで、うるんだ瞳を演出してくれるので可愛さや美人度がアップしますよ。

 

涙袋メイクのときにアイシャドウをのせる場所は笑ったときにぽっこりと出てくる箇所です!

裏技としては、黄色味の強いコンシーラーをのせて、指の腹でなじませると、より自然に馴染みますのでおすすめです。

さらに、目の下の涙袋のところにパウダーをのせることで、メイクがよれにくくなるので目のメイクが長持ちするという嬉しいメリットもあります。

 

ラインの長さでより目・離れ目を解消!

アイライナーの長さでより目や離れ目などのコンプレックスを解消することもできます。

目が離れているのが悩みの人は、目頭あたりからアイラインを入れるようにすると、ナチュラルに大きく、顔のバランスの良い目を作ることができます。

目の距離が近い寄り目タイプの人は、横幅が長く見えるようにラインを入れると顔のバランスがよくなります。

この場合も、目尻から5mm程度はみ出すように長めに描けば、バランスの良い目元を作ることができますよ♪

スポンサーリンク

ペンシルとリキッドアイライナーのW使いが自然

目を自然に大きく見せるアイラインを描きたいのあれば、

  • ブラウンペンシルアイライナー
  • ブラックリキッドアイライナー

をダブルで使用するという方法も是非試してみてください!

最初に使うのは、ブラウンのペンシルアイライナーで、目を開いたときにラインが見える太さで少し太めのラインを引きます。

このとき、まぶたを指で持ち上げて下側〜先までまつげの隙間を埋めるようにすると、まつげのラインが濃くなり、大きく目力をアップさせることができますよ。

 

その後にブラックリキッドアイライナー細いラインをブラウンのペンシルライナーの上から引いていくという流れです。

ブラウンのアイラインペンシルだけだとぼやけて印象が弱くなってしまったり、ブラックのリキッドアイライナーだけだとナチュラルさがなくてライナーだけが浮いてしまったりとそれぞれにマイナス面がありますが、ダブル使いをすると、それぞれの短所を補いあって、自然なのに目力のある目元を作ることができます。

 

マスカラを綺麗に伸ばして目元拡張!

デカ目を作りたいけど、自然に仕上げたい・・・というのなら、まつげを長く伸ばすのが一番です!

また、自然な仕上がりにするには、どんなに長くとも、束になっていたら、不自然で人工的な目元になってしまいます。

そのため、綺麗に毛が扇状に広がるようなまつげを作るように心がけましょう!

 

マスカラを綺麗に長く伸ばすには、ビューラーでまつげを綺麗にカーブさせることが重要です。

まつげの根元は軽くカールを作り、中間部分で45度くらいのカールを作って、最後は緩やかに上がる自然で滑らかなカールを作るのが理想です。

 

マスカラを塗るときは毛先についた余分な液はマスカラの入り口の部分で落として、まつげ全体にの液を均一に乗せるように塗っていきます。

まつげの根元には2〜3秒間くらい押し当ててから毛先に向けてひと塗りで仕上げるようにしましょう。

 

下の方向にも目を大きく仕上げたいのであれば、下まつげにマスカラを塗る前に、ホットビューラーを使って、下方向に下まつげを癖づけるのもおすすめです。

ホットビューラーをしたあとは、下まつげのマスカラは、上まつげ同様、余分についたマスカラを適度に取った後、横じゃなく、縦に持ってちょんちょんとつけていくと綺麗に下方向にまつげを伸ばしていくことができます!

 

アイシャドウは、下まぶたにも入れて拡張!

アイシャドウは上まぶたにだけ塗るものだと思っている方も多いですが、下まぶたも目尻のあたりに入れるのがおすすめです。

このとき使う色は、アイライナーと馴染み、かげのような役割を果たしてくれるブラウンのアイシャドウです。

アイシャドウを上下に入れると、目の範囲を広げることができます。

ブラウンのシャドウは同系色の3色以上のカラーが入っているパレットがあると自然なかげとグラデーションを作ることができますので、持っていない場合は1つゲットしてみてください!

ブラウンで仕上げるだけで目元をより大きく見せられますよ。

スポンサーリンク

つけまつげを使うのもデカ目メイクにおすすめ!

デカ目を作るために、つけまつげを使うというのも非常に効果的なメイクテクニックです。

マスカラが苦手な女子や、まつげの量がどうしても少なかったり、毛が短い、薄い・・という女子は、是非つけまつげを使ってみてください!

今のつけまつげはかなり品質も上がっていて、まるで地毛のように仕上げることができるようなつけまつげもあるんですよ。

 

全体につけるとわざとらしくて嫌い・・・という人は目尻だけのタイプなども非常におすすめできます。

ベースが太いつけまつげをつけるとふたえになれちゃうという人もいるので、一度試してみるのもいいと思いますよ!

 

デカ目にしたい女子のアイメイクのやり方を最初から丁寧に!まとめ

アイメイク,やり方,デカ目

今回は、デカ目にしたい女子におすすめのアイメイクの方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今日から使える簡単なテクニックばかりですので、是非自分の目に合わせてテクニックを組み合わせて理想のデカ目を作り上げてくださいね!!

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。