• HOME
  • ブログ
  • 美容
  • 奥二重のアイメイクのやり方!奥二重がもっと可愛くなるメイク術!

奥二重のアイメイクのやり方!奥二重がもっと可愛くなるメイク術!

アイメイク,やり方,奥二重
美容

奥二重さんの目元って日本人らしくて綺麗ですよね!

自然で、ナチュラルメイクが上品に決まる奥二重は女優さんにも多い綺麗な目元です。

 

しかし、二重のような目力を出すのが難しい・・・と感じている人が多いのも事実!

ほんの少しの差なのですが、二重よりもまぶたが重く見えてしまうところがコンプレックスと感じている人が多いようです。

そこで今回は、そんなコンプレックスを抱える女性のための奥二重のアイメイクのやり方や奥二重がもっと可愛くなるメイク術をご紹介していきたいと思います!

 

奥二重のアイシャドウメイク術!

それでは、まず、アイメイクで一番最初に取り掛かる、アイシャドウメイクについてチェックしていきましょう。

 

アイシャドウは、下まぶたにも入れよう!

アイシャドウは上まぶたしかしていない人も多いですが、特に小ぶりな目元の仕上がりになってしまう・・・と悩みがちな奥二重さんはしたまぶたにもしっかりとアイシャドウをするようにしてください。

アイシャドウを上下に入れると、目の範囲を広げることができます。

この時お役立ちなのは、ブラウンのパレットです。

また、できれば、同系色の色3色以上のカラーが入っているパレットがおすすめです。

これを使って、片方ずつ仕上げるのではなく、プロセスごとに左右とも重ねていくと左右差がなく、キレイにメイクアップすることができますし、時短になります。

 

自然なデカ目を作るグラデーションアイシャドウのやり方

奥二重さんはアイシャドウにグラデーションカラーを取り入れて、まぶたに陰影をつけて、凹凸を強調するのがおすすめです。

  1. パレットの中で一番白みの強いカラーを大きめのブラシか指を使ってアイホール全体にぼかします。
  2. そして、一番濃ゆい締め色を細チップや平らなブラシでライン状に、目のキワにのせましょう。
  3. 次に、目を開けたときに見えることを意識して、中間色を目のキワから自然とのせ、白みの強いカラーと締め色をつなげます。
  4. その後、下まぶたの目頭1/3にあたりまでは、一番白みの強いカラーを、目尻2/3には、先ほどの中間色をのせておきます。
  5. 仕上げに、締め色を目尻から1/3あたりまで「く」の字になるよう締め色を上と下に入れると、目力がアップします!

好みの色にならなければ、他のアイシャドウを混ぜたりして調整するのもOKですよ!

 

膨張して見せるアイシャドウはやめたほうが良い!

奥二重の女性がアイシャドウを選ぶ時に気をつけた方が良いのは、白すぎるカラーやパールやラメなどの膨張させる質感のあるアイシャドウです。

こういった膨張カラーのアイシャドウは奥二重の目を腫れぼったく見せてしまうので、マットで締まるようなカラーのアイシャドウを選ぶ方が、大きく涼しげな目元を作ることができます。

おすすめは、やっぱりマット系の薄いブラウンのアイシャドウパレットです。

アイホールにのせるアイシャドウは、肌に近い薄いブラウン系で、締め色に使うアイシャドウは、それよりもやや濃い色、そして、締め色に濃いめのブラウン色が入っているものを選べば、まぶたをキュッと引き締めてすっきりと見せつつ、目の縦幅を広げて見せることができます。

ブラウンカラーなら自然な影を作ることができますので、目元に立体感をプラスして、強力に目力をアップさせることができます。

スポンサーリンク

 

奥二重のアイラインメイク術!

アイラインは奥二重メイクの成功を握る、大切なポイントです。

 

アイライナーは基本は細く引くこと!

ぱっちりとした目力を作るためには、意外と細く引くことがおすすめです。

アイラインが太いと、二重の幅が消えてしまうので細く引く方がかえって目力はアップするんです!

 

おすすめのアイテムは

  • 薄めのブラウンリキッドアイライナー
  • 固めのペンシルアイライナー

です。

は目を開けてラインを描くところを決めたあと、二重のラインの始点や黒目の上あたりを目安に印をつけてから目を閉じて決めたポイントを通るように細く描くと綺麗に仕上げることができます。

まぶたの奥に入っている二重部分に影を作ると目元の印象を強くすることができますので、自分の目が魅力的になるように、研究してみてくださいね!

 

抑えておくべきポイントは、アイラインはキワにしっかりと細く入れて、目尻で幅を広げるということです!

引き方でいつも失敗してしまう・・・という人は、まぶたにつきやすいところは避けてリキッドアイライナーの筆先を目頭に当て、目尻の方向で筆を寝かせるように引くのがおすすめです。

まつげとまつげの隙間を埋めるのは最初は少し難しく感じるかもしれませんが、しっかり埋めることができるようになると黒目がちに見え、キュートな印象に仕上げることができますよ!

可愛い印象に仕上げたい場合は黒目の上下だけ太めにラインを引けば、目の縦幅が広く見え、下まぶたはブラウンのペンシルアイライナーを使うと自然な仕上がりにできます。

スポンサーリンク

黒より茶色、リキッドよりペンシルが柔らかい印象に!

この時、やりすぎな印象にしたくない場合は、黒色のアイライナーよりも茶色を選ぶと目立ちすぎず、柔らかいメイクを作ることができます。

よりさりげない質感にしたいなら、ペンシルタイプで、しっかり目力をアップしたいのならリキッドタイプを採用するのがおすすめです。

ペンシルタイプで描いたあと、目尻だけリキッドで仕上げる・・・など、両方を上手に使うのも良い手ですよ♪

 

ラインの長さで目のバランスもアレンジ!

人の目の形は人それぞれ。

目が近めの人も入れば、離れ目の人もいます。

こういったポイントもラインの長さや入れるポイントを調整すると、よりバランスの良い目元を仕上げていくことができます。

 

目が離れている方は、目頭の近くからラインを入れ、黒目などの強調したい部分の太さを調整したりすれば、自然に仕上げることができます。

目が近めの人は、横幅が長く見えるようにラインを入れるとバランスが整います。

この調整は目を開けたままの状態でもできるので、微調整をしてみてください。

アイラインで長さを調整した分は、アイシャドウなどで全体の目のバランスや顔のバランスに合わせて調整するとよりナチュラルに仕上げることができます。

目だけをみてメイクをしているとバランスが悪くなってしまいますので、メイクを微調整しながら、顔全体との比を整えていくようにしてくださいね。

 

奥二重のマスカラメイク術!

奥二重には奥二重をより可愛く見せるマスカラメイクがありますので、チェックしていきましょう!

スポンサーリンク

扇状マスカラメイクがおすすめ!

奥二重さんにぴったりなマスカラメイクは1本1本を伸ばして自然な扇状を作るメイクです。

このようなまつげをマスカラで仕上げることで目の縦幅を強調することができるようになります。これにより、ナチュラルなのに目力がアップし、上品に美人度をアップさせることができます。

ビューラーでまつげを上げた後は、まつげの根元は軽く、中間は45度程度のカールを作り緩やかに上がるカールを作りましょう。

そのために、マスカラは塗る前に毛先についた余分なをダマを落として、全体の液の量を均一に整えるのがおすすめです。

まつげの根元はカールが落ちやすいので、ブラシを3秒間程度押し当ててから毛先に向けてひと塗りすると綺麗なカールを作りあげることができますよ!

重ね塗りすると束になってしまい、綺麗にセパレートできなくなってしまうので一度で仕上げるようにしてくださいね。

 

マスカラ苦手さんはつけまつげを使うのもOK!

マスカラが苦手・・・、どうにも綺麗に仕上げることができない!という女子はつけまつげにチャレンジしてみるのも良い手ですよ♪

  • つけまつげの選ぶ方は黒目がちな目を目指すなら根本の密度が濃いもの
  • 幅を広げたいなら目尻が長めのもの

…を選ぶのがおすすめです。

 

ベースが太いつけまつげをつけるとぱっちりふたえになることができる人もいるので、一度試してみるのも楽しいですよ♪

つけまつげは取れてしまったり、不自然になったりするのが不安でなかなか挑戦できない・・・という人も多いと思いますが、そんな場合は、目尻だけのタイプなどを試してみるのがおすすめです。

取れづらく自然な目元を作ることができますよ!

 

奥二重さんにおすすめなハイライトメイク術

アイメイク,やり方,奥二重

奥二重さんは、まぶたの重みをスッキリ見せてくれる効果があるハイライトテクニックを取り入れるのがおすすめです!

ハイライトの役割を果たすアイシャドウを入れると、まぶたの脂肪を少なく見せ、メリハリのある目元を作ることができますよ!

 

ハイライトに使う色は

  • シャンパンゴールド
  • アイボリー

などのアイシャドウはおすすめです。

眉頭と眉下にこれらの色をハイライトとして入れると、目元の凹凸が強調され、より印象的な目元を作ることができます。

スポンサーリンク

 

奥二重さんにおすすめなアイブロウ(眉毛)メイク方法

アイメイク,やり方,奥二重

目をより魅力的に見せるためは眉毛のアイブロウメイクもしっかりと向き合うと目力は圧倒的にアップします。

カミソリやピンセットでお手入れをして、さらにメイクでで目と眉毛の間隔を狭くすることで、目を大きく見せることができるようになります。

 

コンシーラーで整えるという方法も!

あまり、眉毛自体をいじりたくない人は、コンシーラーで眉の形を引き立たせるという手もあります。

形をぼやかしてうぶ毛をコンシーラーでカバーすれば、それだけで顔の印象は大きく変わってきます。

 

眉毛マスカラも使える!

眉毛が濃ゆすぎて、アイメイクよりも印象が強くなってバランスが取りづらい、髪の色と眉毛の色があっていない・・・という人におすすめなアイテムは眉毛マスカラです。

明るめの眉毛マスカラを使って眉毛全体の色を明るめに調整すると自由自在い眉毛の様子をコントロールすることができますよ。

 

輪郭を作り上げてからはしっかりとメイクで仕上げていきましょう。

アイブロウパウダーで自眉より少し濃いめの色でまずは眉山から眉尻を描きましょう。

眉尻の位置は口角と、目尻から延長した場所に設定すると顔の全体バタンスが綺麗に仕上がります。

 

その後、中間眉山までは先ほどよりも少し明るい色で、太めのブラシでふんわり描くと、ナチュラルな美眉に仕上がりますよ!

仕上げに眉頭はブラシに残ったパウダーを少しのせ、スクリューブラシで全体の毛流れを整えれば、アイメイクの効果を引き立ててくれる眉毛メイクの出来上がりです。

 

スポンサーリンク

 

奥二重のメイクで気をつけるべきアイメイクのポイント!

アイメイク,やり方,奥二重

ここからは、奥二重のメイクで気をつけるべきアイメイクのポイントをご紹介していきます!

自分では良いと思ってやっていたメイクが、もしかしたら間違っている・・・という可能性もありますので、必ず最後までチェックしてみて、損をしていないかチェックしてみてくださいね!

 

アイラインを太くするのはNG!

アイラインを太くすれば、目力がアップする気がしますが、実は太すぎると逆に目が小さく見えてしまうこともあります。

奥二重さんは目を開いたときにアイラインが目立つので、ラインは細く入れる方がいいんです!

アイラインやアイシャドウを盛りすぎてしまうと、逆に奥二重さんの良さを台無しにしてしまうんです・・・。

奥二重さんは、目尻ラインを長くする目元メイクとの相性が良いので、今まで太めにかいてしまっていた人は今回の機会に是非見直してみてください。

 

アイラインをひく場所も要注意!

アイラインの太さも大事ですが、アイラインをひく場所も非常に重要なポイントです。

小さな目が気になる人は、まつげの上に目頭から目尻までアイラインを引くと、より目を小さく見せるメイクになってしまうこともあります。

奥二重は目頭部分が重めな人が多いので、まつげの上にアイラインをいれるよりもまつげの隙間を埋めるように、上まぶたを持ち上げてキワに少しずつラインを入れていくようにラインは細く仕上げる方が、二重幅を強調して自然で涼しげな目元になります。

そのため、アイラインで大きな効果をえたいのあれば、目の中央から目尻までだけに太めにラインを入れるやり方がオススメですよ!

目尻ラインを活用できてないのはもったいない!

うえでご紹介したように、奥二重さんの目の形は、目尻ラインを活用できていないのはもったいないので、是非取り入れてみてください!

奥二重まぶたさんは、切れ長タイプの目になりがちなので、パッチリ目を作るにはより切れ長に見せるという方法が自然でぴったりなんです。

目尻のアイラインはプラス5mmぐらいまでまず試してみましょう!

派手になってしまうのが怖いのであれば、最初はブラウンのペンシルタイプのアイライナーで少し伸ばして見るだけでも印象が変わりますので、チャレンジしてみてください。

 

この時、目や顔のバランスをみて、その長さは調整していくのを忘れないようにしてくださいね。

この伸ばし方は、タレ目風でも跳ね上げのキャットライン風でもOKなので、その時なりたい印象に合わせて調整して大丈夫です。

やさしい印象や、可愛らしい印象に見せたいときは目尻ラインを下向きにするとタレ目風にできますし、クール系にしたいときはは目尻を跳ね上げるように上向きのアイラインを描けば、また違った印象を楽しむことができますよ!

 

二重の幅に濃くアイシャドウを入れすぎ!

二重の幅に濃い色のアイシャドウをいれるというアイメイクテクニックもありますが、これはあまり奥二重さん向きのメイク方法ではありません。

二重の幅に濃いブラウンシャドウを塗布してしまうと、目を開いたときに二重部分が引き締まりすぎて、目が小さく見えてしまうんです!

そのため、アイホール全体にベージュの色をのせた後は、二重の部分には明るいブラウンや、アイシャドウパレットの中間色をいれるようにすると涼しげで垢抜けた目元になりますよ!

 

奥二重のアイメイクのやり方!奥二重がもっと可愛くなるメイク術!まとめ

今回は、奥二重のアイメイクのやり方や奥二重がもっと可愛くなるメイク術をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

アイシャドウの色や質感選びからアイライナーの種類、長さやマスカラの塗り方など、意外と見落としていたところも多いのではないでしょうか?

今回ご紹介したようなほんの少しの工夫で、あなたの目元の印象は大きく変えることができます。

お伝えしたメイクテクニックを是非デイリーのメイクに取り入れて、新しく、より綺麗な自分を発見してみてくださいね!!

スポンサーリンク
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。