フェアリーテイルの最強キャラをランキング形式で一挙大公開!

様々な最強キャラが登場しているフェアリーテイル

一体誰一番強いのか。

つまり、最強キャラは誰なんだ!とここでハッキリさせておきたいですよね!?

話が進むについて、どんどん強いキャラが登場してきたフェアリーテイルではありますが、ここで絶対的な実力を持つ最強キャラをランキング形式で厳選してみました。

フェアリーテイルの最強キャラランキングで絶対に欠かせないキャラを知りたい方はぜひご覧ください!!

目次(目次を見るには表示をクリック!)

フェアリーテイルの最強キャラランキングTOP10

フェアリーテイルではキャラの特徴や魔法、キャラクター同士による勝敗などでも強さを判断することができます。

つまり、個人的な意見が強く出てしまうのが現状です。

ここでは、これまでの会話内容なども含め、可能な限り総合的な形でランキングを作成してみました。

こいつもはずせないんだけどな!!

ってキャラもいたのですが、まずはTOP10をご覧ください。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第10位:ラクサス・ドレアー

まずは『ラクサス・ドレアー』。

CVは小西克幸さんと速水秀之(少年時代)となっている。

  • S級魔導士:23歳
  • 左胸下に紋章
  • 好きなもの:最強
  • 嫌いなもの:弱者
  • 好きな音楽のジャンル:ロック+クラシックの融合

といった特徴を持ち、マカロフの実孫で闇ギルド『大鴉の尻尾』のマスター・イワンを父に持つ。

常にヘッドフォンを付け、葉巻を吸っているが、そのヘッドフォンにはサウンドポッドという魔導式音楽プレイヤーが繋がっている。

屈強な逞しい身体と精悍な容貌を有し、これだけでも最強キャラにふさわしい人物。

大舞踏演武の際には、女性たちから付きまとわれるなど強い上にモテるキャラでも知られている。

 

もともとは祖父のことえお『じーじ』と呼ぶなど、かわいらしい幼少期を過ごしていたが、青年時から反抗的になり『マスターの座を譲れ』と度々迫るようになる。

冷酷非道な言動と相手をバカにする態度のため、ナツやエルザとは仲が悪く、ミラジェーンをはじめとする多くのギルドメンバーからも嫌われている存在。

しかし、それとは裏腹に仲間を想う純粋な心も秘めており、『妖精の法律』でマグノリアもろともギルドを壊滅しようとしたが、失敗。

実は、妖精の法律は『術者が敵と認識した者以外に効果がない』という性質があり、ラクサスがギルドのメンバーを敵と認識しきれていなかったことを示す形となった。

 

マカロフの危機を感じ取り『悪魔の心臓』マスターハデスとの決戦に乱入し、一矢報いるも倒すには至らず、残った魔力をナツに貸し与え後を託すことに。

第2部では、天狼島からの帰還後にギルダーツの配慮によりギルドに復帰。

冥府の門との戦いではテンペスターを一瞬で撃滅するものの、彼の残した魔障粒子により病に倒れることに。

いつ死んでもおかしくない状況ではあったが、グレイがテンペスターを氷漬けにしたことで魔障粒子抗体をポーリュシカから投与され、息を吹き返し一命をとりとめた。

 

終戦後はもっと強くならなければ仲間を護れないことを痛感し、雷神衆の3人を抱きしめ、修業をやり直すことを誓った。

そうして第3部では、精神的にも強くなっていたことで戦闘力も上昇していた。

アルバレス帝国のスプリガン12が一角アジィール・ラムルに窮地に追いやられたマカロフ達を救い出し、核爆発ほどもあろうかと思われる大雷撃を浴びせ砂津波を弾き飛ばすというバケモノじみた魔法を見せている。

ゼレフ(アルバレス皇帝)率いるスプリガン12マグノリアに侵攻を掛けるとワール・イーヒトの本体を叩き、感知していなかった魔障粒子中毒の発作により窮地に立たされるも、ワールの能力を利用して全ての魔障粒子を消し去り、ワールを完全破壊に追い込んだ。

その直後、ナインハルトによって作り出されたハデスの幻影に追い詰められるもかろうじてこれを撃破し、バケモノ2連戦にさすがに疲れ果てて本部へと帰参した。

 

魔法

  • レイジングボルト
  • 雷の滅竜魔法 :イワンにより体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込まれている
  • 雷竜の咆哮(らいりゅうのほうこう) :口から電撃を繰り出す
  • 雷竜方天戟(らいりゅうほうてんげき) :雷で方天戟を創り出し、敵に目がけて投げつける
  • 雷竜の顎(らいりゅうのあぎと) :巨大なドラゴン型の雷撃で相手を貫く
  • 術式 :フリードから教えてもらった
スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第9位:グレイ・フルバスター

グレイの強さはなんといっても得意とする『氷』を変化させる魔法。

幼少期のグレイを救ってくれたウルが氷の造形魔法の師匠にあたります。

武器や物体の造形に特化した『静のアイスメイク』を得意とし、魔法を使うときは両手を使って生み出すことで高い強度と造形の制度を高めている。

師匠のウルからは造形創造するスピードは幼い年齢ながら魔道士の中でもトップクラスとお墨付きをもらえたレベルです。

 

で、グレイの得意技は『アイスメイク』でこの名前を掛け声として造形することを基本としています。

基本的な戦闘スタイルは、アイスメイクシールドで自身の正面に氷の壁を作り防御しながら、アイスメイクランスで氷の騎兵隊を操り敵に攻撃をするといったもの。

しかしながら、中盤からは生み出す武器の幅が広がり、アイスメイクグングニールで大槍を造形し、敵に投げつけたりしていてどんどん強くなったキャラでもあります。

  • 二刀流の氷の剣で敵に切りつける氷魔剣:アイスブリンガー
  • 大剣で切りつける氷聖剣:コールドエクスカリバー

などの技も出てくるようになり、まさに『氷の滅悪魔道士』の称号にふさわしい人物といえる。

 

魔法

  • 盾(シールド):八方に広がる花のような形状の盾を造り出す。広範囲を護ることができる。
  • 槍騎兵(ランス):手先から無数の氷の槍を造り出し敵を貫く。
  • 床(フロア) :辺り一面の足場を凍らせる。
  • 大槌兵(ハンマー) :巨大な氷のハンマーを作り上げて落下させる。
  • 牢獄(プリズン) :氷の檻を造り出し閉じ込める。
  • 戦斧(バトルアックス) :氷の斧を造り出す。
  • 城壁(ランパード) :氷の壁を造り出す。
  • 飛爪(ひそう) :氷の爪のついた鎖を造り出す。
  • 大鎌(デスサイズ) :氷の大鎌を造り出す。
  • 戦神槍(グングニル) :氷の大槍で相手を貫く。海中においても有効。
  • 氷欠泉(アイスゲイザー) :地面から大量の氷を間欠泉のように噴き出させる。
  • 氷雪砲(アイスキャノン) :巨大な大砲を造形し強烈な砲撃を放つ。
  • 氷聖剣(コールドエクスカリバー) :身の丈を超える氷の大剣を振りかざす。
  • 氷魔剣(アイスブリンガー) :二対の氷の剣で十字に斬撃する。
  • 氷刃・七連舞(ひょうじん・ななれんぶ) :氷の刃で敵を切り裂く連続攻撃。

氷の滅悪魔法

  • 氷魔の激昂(ひょうまのげきこう) :口から冷気を放つ。広範囲攻撃。
  • 氷魔零ノ太刀(ひょうまゼロノタチ) :悪魔の氷で造った太刀で居合い斬りを放つ。
  • 氷魔零ノ破弓(ひょうまゼロノハキュウ) :悪魔の氷で造った弓矢で相手を貫く。
  • 氷魔零ノ破拳(ひょうまゼロノハケン) :悪魔の氷で造った手甲を両拳に纏い、相手を殴り飛ばす。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第8位:エルザ・スカーレット

 

エルザ・スカーレットは『妖精女王(ティターニア)』の異名を持つ、妖精の尻尾最強の女魔導士。

  • 19歳
  • 鎧を身に纏っており、左腕に青の紋章
  • 得意技:換装(別空間にストックしている武器を呼び出す魔法)
  • 好きな物:武具と鎧
  • 嫌いな物:悪(厳格で規律を重んじる)
  • 弱点:お酒(怒り上戸)

といった特徴や性格のキャラであるが、とにかく戦闘力が異常に高い。

並の魔導士や兵士では束になっても敵わないと言われ、ナツもグレイも全く歯が立たない『片腕で巨大な魔物の角』を抱えることができるなど、フィッジカルはトップクラス。

戦闘能力だけでなく知性も高く、魔法の癖や特徴の分析などに遺憾なく発揮しているが、長い間座学に触れる機会に恵まれなかったためか、魔術が絡まない文芸が苦手である。

奴隷時代の影響で義眼とはなったものの、視覚から効果を及ぼす魔法全般を無効化できる。ただし、両目で見ると半分は効果を受ける。

 

魔法

鎧を纏っており所有している鎧の種類は100種類以上で、エルザ自身も把握できていないし作中でも限られたものしか登場していない。

  • 複数の武器を同時に操ることができる「天輪の鎧(てんりんのよろい)」
  • 攻撃力を上げる「黒羽の鎧(くれはのよろい)」
  • 耐熱効果をもつ「炎帝の鎧(えんていのよろい)」
  • 投擲力を上げる「巨人の鎧(きょじんのよろい)」
  • 魔導集束砲ジュピターの一撃をも耐える「金剛の鎧(こんごうのよろい)」
  • 耐電効果がある「雷帝の鎧(らいていのよろい)」
  • 速度を上げる「飛翔の鎧(ひしょうのよろい)」
  • 伸縮自在な「悠遠の衣(ゆうえんのころも)」
  • ギルドの名を冠す鎧でエルザ最強の「妖精の鎧(アルマデュラ・フェアリー)」
  • 耐水効果を持つ「海王の鎧(かいおうのよろい)」
  • セクシーな衣装を模った「誘惑の鎧(ゆうわくのよろい)」
  • 空間や魔法さえも切り裂くことができる「天一神の鎧(なかがみのよろい)」

一部の紹介にはなるが、ずば抜けた攻撃型の戦士といえるキャラ。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第7位:アイリーン・ベルセリオン

 

『緋色の絶望』の異名を持ち、オーガストと並んで最強と称されるスプリガン12最強の女魔導士。

ゼレフから“天才”とも言われたハイエンチャンターであり、アクノロギアとの一戦では大地への付加によって地面をえぐる突風を出している。

その見た目はエルザと似ている長い緋色の髪を持ち四つ編みにしており、彼女とは何らかの関係がある様子。

 

能力

高位付加術士(ハイエンチャンター)である彼女は全てのものに対し魔法付加を与え変化させることが可能であり、ゼレフからは魔力を付ける外すの天才と言われているほどの能力を持っている。

周辺の環境や気候を自在に変えてしまうほどの能力であり、 雪山である霊峰ゾニアの一面を花畑にした。

これは攻撃に使用することができ、大気への付加で地面すらえぐる突風を出しており、アクノロギアすらとりあえず褒めたほど。

  • 相手の姿を変える
  • 空に巨大な目を投影して周囲の様子を探る
  • 味方の兵士に魔法効果を付加
  • 相手の付加術を分離
  • 剣に人格を付加し擬人化させる

その他にもここまでのことができる能力を持ったキャラ。

また、ドラゴンの力を人間に付加することにより、竜と同等の力を得る魔法、滅竜魔法を編み出している。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第6位: マルド・ギール

  • CV:森川智之
  • 別名:冥王 マルド・ギール

戦闘中も常にENDの書を手から離さずに持っており、ENDを復活させるべくフェイスを大陸中に設置し魔力の消滅を計画してナツとグレイと戦いを繰り広げた。

冷静さと冷酷さを併せ持った性格をしており、エルザを痛めつける遊びをしていたキョウカのせいで不快な思いをしたというだけで罰を与えている。

タルタロス編最終局面にてナツとグレイの二人と戦い、エーテリアスフォームになった事で圧倒したが、半悪魔化したグレイに究極の呪法であるメメント・モリをふさがれ、ドラゴンフォース発動のナツにやられ敗れる。

破れた後突如現れたゼレフに本に戻され、その本さえも消失し姿を消した。

 

呪法

  • 喜び(アレグリア)』:冥界島を元の冥界獣の姿に戻し、内部への侵入者を吸収させる。
  • 荊 :地面から巨大な荊を生やし相手を縛り付けたり叩き潰したりする。
  • 冥界樹(デア・ユグドラシル) :荊の比ではない程巨大な樹木で相手を潰す。
  • メメント・モリ :巨大な悪のエネルギーで相手を完全消滅させる。
  • エーテリアスフォーム :最強形で悪魔の姿を見せる。
スポンサーリンク

フェアリーテイルの最強キャラ第5位:オーガスト

相手の魔法を見た瞬間にコピーできると同時に自身には相手の魔法が無効になる。

もはやなんでもありの魔法を使用。

どれだけ強力な魔法を受けても無傷だったのはこの魔法の力によるもの。

 

ゼレフとメイビスの息子でナツの甥に当たり、後にアルバレス帝国『スプリガン12』の一人となる。

別名は『魔導王』と呼ばれ、髭を蓄え襟が分かれたマントを羽織った老人です。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第4位:イグニール「炎竜王」

ナツに滅竜魔法や言葉、文化を教えた火竜。

メタリカーナからは『彼ほど勇敢で人間を愛した竜はいない』と言われており、強さも優しさも兼ね備えている。

かつては『炎竜王』とも呼ばれていて、放つ炎のひと吹きは山をも飛ばす威力を持っていると言われているほどの力を持っている。

 

アクノロギアの滅竜魔法で他の四頭の竜と共に魂を奪われて弱体化し、その後『冥府の門』との戦いでアクノロギアの出現に伴いナツの体から姿を現し、ナツに全てを話す代わりにENDが封印された本をマルド・ギールから奪うよう依頼しています。

アクノロギアとの戦いでは、アクノロギアの左腕を食い破る成果を出していますが、反面、自分自身も左半身を失う重傷を負った挙句、ブレスで止めを刺され敗戦。

その後この世にいる限界が来て昇天していきますが、その時悲しむナツに対し『未来を語れ、それが生きる力だ』と言い残して、死の直前にはナツに自らの魔力を託している。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第3位:アクノロギア

『闇の翼』と呼ばれる漆黒のドラゴンで、最も凶悪だったと言われる魔導士ゼレフすら慄く世界最強の竜。

体には不気味な紫色の模様が全身にあるが、ゼレフ曰く『時代の終わりを告げる黒き竜』と。

他のドラゴンと同様に高い知性を有するが、人間を虫ケラとしか考えておらず、言葉を話さない。

ブレスは天狼島を消滅させるほどの威力を誇り、黙示録にはかつて国一つを滅ぼしたほど。

その気になれば世界を支配できる力を持っており、『魂』をも抜き取る滅竜魔法を使うらしい。

 

人間の姿に戻ることもでき、人間時は黒いマントを纏い長髪で体中に紋様がある褐色肌の男性の姿をしている。

霊峰ゾニアにてギルダーツを奇襲してアッサリと倒す。

ナツ達と『冥府の門』との戦いでは、ENDを破壊するために現れナツの体から出現したイグニールと戦い、死闘の末、左腕を食い破られながらも勝利し再び姿を消した。

 

能力

通常、滅竜魔導士は、己の体質を各々の属性の竜に変換して身体能力を強化し、自らの属性の物質を食べることで体力回復・強化が可能で、それぞれに己の属性の物を操ることができる。

これが滅竜魔法の基本であり、滅竜魔導士はそれぞれ属性を持つが、アクノロギアには属性が無い。

アクノロギアは、火や”氷といった属性に当たる物ではなく魔法そのものを喰らい、全ての”魔”を喰らい力とする終焉の竜、つまりあらゆる魔法が効かない魔竜である。

フェアリーテイルの最強キャラ第2位:ナツ・ドラグニル

  • 火竜(サラマンダー)の異名
  • 年齢不詳
  • 右肩に赤い紋章がある
  • 好きなものは:火・熱いもの
  • 嫌いなもの:乗り物・冷たいもの

滅竜魔法を操る『火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)』といった、炎と素手での格闘術を駆使した肉弾戦を得意とする。

そして、滅竜魔法の効果により身体能力も高く、嗅覚・聴覚・視覚が常人離れしており、身体も頑丈。

実際に、銃弾を喰らっても出血程度で済んでいる。

炎を食べることで魔力や体力を回復したり、増幅することが可能だが、逆に火属性以外の魔法を食べると生気が無くなり、熱を奪う兎兎丸の青い炎や途轍もない悪臭を放つ黄色い炎を食べた際には地獄を見ていた。

体温上昇

全身から高熱を放つ魔法を使い、ガラスを一瞬で溶かしてバルカンの投げつけた氷柱を瞬時に蒸発させ、鉄をも溶融させる。

第二魔法源解放後は半端じゃない程火力が上がっており、闘技場を溶かし、砂を爆発させた上に蒸発させる。

しかも仲間には被害を加えないという大胆にして繊細な熱放射が可能になっている。

 

火竜の鉄拳(かりゅうのてっけん)

拳に炎をまとわせたパンチ。

冥府の門編では一撃で大き目の屋敷を粉砕したうえで家じゅうのハーブを一瞬で焼き落としていた。

 

火竜の咆哮(かりゅうのほうこう)

滅竜魔導士の基本技『咆哮』で、夏の場合には口から炎のブレスを放つ。

海底から発射して水面に到達するほど強力な『爆圧』と『火力』を持っている。

 

火竜の翼撃(かりゅうのよくげき)

相手を鷲掴みにし、腕から炎を噴射し、または炎をまとった両腕でなぎ払う。

アニメではララバイの吐いた炎を繰って放ち山を一撃で粉砕していた。

その他にも以下のような能力を持っている。

 

  • 火竜の鉤爪(かりゅうのかぎづめ) :炎をまとった足で蹴りを放つ。
  • 火竜の劍角(かりゅうのけんかく) :全身に炎をまとった体当たりを繰り出す。
  • 火竜の煌炎(かりゅうのこうえん) :右手と左手の炎を合わせ巨大な炎にし、相手に叩きつける。
  • 火竜の炎肘(かりゅうのえんちゅう) :肘から炎を噴射することで、勢いを加速させたパンチを繰り出す。
  • 紅蓮火竜拳(ぐれんかりゅうけん) :火竜の鉄拳を連続で繰り出す。
  • 火竜の砕牙(かりゅうのさいが) :炎をまとった爪で横に薙ぎ、敵を切り裂く。
  • 火竜のつば :火竜の咆哮と見せかけて唾を吐く。
  • 制御返し :炎を制御する兎兎丸との戦いで会得。彼が持つ炎を操る能力を跳ね返すことができる。

 

滅竜奥義

  • 紅蓮火竜拳(ぐれんかりゅうけん) :『火竜の鉄拳』を連続で放ち、炎の拳の連撃を叩き込む。

 

  • 紅蓮爆炎刃(ぐれんばくえんじん) :炎を纏った両腕を螺旋状に振るい、爆炎を伴った強烈な一撃を放つ。

 

  • 〝不知火型〟紅蓮鳳凰劍(〝しらぬいがた〟ぐれんほうおうけん) :全魔力を解放し、全身に炎を纏った状態から弾丸の様な突進攻撃を繰り出す「火竜の劍角」。

 

ドラゴンフォース

滅竜魔法の最終形態で、発動すると肌が鱗状になり、歯も鋭くなる。

当初はエーテリオンやジェラールの全魔力である咎の炎といった『強力な魔力』を食べることで発動していたが、『冥府の門』のマルド・ギールとの戦いでは感情の昂りによって発動。

  • モード雷炎竜(モードらいえんりゅう):ラクサスの魔力を食らったことで自身の炎の魔力に加えて雷属性が融合した状態。炎の打撃に雷による攻撃が追加されている。強力で、初使用以降任意での発動が可能になるが、魔力消費が激しいといった弱点もあった。しかし、ウルティアに第二魔法源を開放されてからはそのリスクはなくなった。

 

  • 雷炎竜の咆哮(らいえんりゅうのほうこう):口から電撃を纏った極太のレーザービームのような灼熱の炎のブレスを放つ。

 

  • 雷炎竜の撃鉄(らいえんりゅうのげきてつ) :多数のパンチの乱打を放った後、炎と雷を纏った拳で強烈な一撃を繰り出す。

 

  • 滅竜奥義・改 紅蓮爆雷刃(めつりゅうおうぎ・かい ぐれんばくらいじん) :右手に炎を、左手に雷を纏わせた状態から、雷属性が加わった「紅蓮爆炎刃」を放つ。

このようにかなり多くの能力を持ってるキャラクターであり、実質最強のキャラクターであるといえる。

スポンサーリンク

フェアリーテイルの最強キャラ第1位:ゼレフ・ドラグニル

魔法界史上、最も凶悪だったと言われる通称『黒魔導士ゼレフ』・

ナツの兄であり、本名はゼレフ・ドラグニル。

幼少のころから『天才』と言われるほどの魔導士であり、他を寄せつけない力を持っている。

幼くして亡くなった弟のナツの死を機に、『Rシステム』や『エクリプス』を作り出し、ナツの体を使い『END』として蘇生させた。

 

ゼレフ自身、本人の意思と関係なく、不老不死の体と周囲の生命を枯渇させる力を持つことからも負けない強さを持ってる。

ゼレフの体は『アンクセラムの黒魔術』という古い『矛盾の呪い』に掛かっており、命を尊く思うほど人の命を奪い、魔法をうまく使えなくなる。

命の重みを忘れれば、魔法を使うことができるといった、気持ちに左右される側面を持つ。

 

【おまけ】フェアリーテイル最強キャラでこいつらは欠かせない!

 

個人的には最強だと思っていたキャラであるが、公平性を保つ意味ではランキングに入れることができなかったキャラクターがいます。

ランキング入りしてもおかしくはない実力を持っているため、紹介しておきます。

 

星霊王(せいれいおう)

星霊界の最高権力者で、星霊界の司法を司っており、見上げるほどの巨体。

、星が刻まれた大剣を持ち一撃で冥王獣を破壊するほどの威力を持っています。

マルド・ギールと戦い、『ギャラクシアブレイド』で彼の『喜び』を解き『妖精の尻尾』のメンバーを解放したという、その実力が伺える経緯があります。

 

ハデス:プレヒト・ゲイボルグ

魔法に関しては『天才』と称されるほどの類稀な知識と才能を持つと言われていて、圧倒的なまでの大魔力と長寿を持っているキャラクターです。

闇ギルド『悪魔の心臓』マスターですが、実は、ユーリ、ウォーロッドと共に『妖精の尻尾』創設期のメンバーの一人で、元二代目『妖精の尻尾』マスターでもあります。

また、手から鎖を放ったり、指先から弾丸を撃つこともできる他、自分の右目にある『悪魔の眼』を通して周囲の状況を知る能力も併せ持っています。

 

ラーケイド・ドラグニル

スプリガン12の中でも際立った魔力を持つ者として君臨し、戦闘能力の高さは折り紙つきで、神楽の剣を軽々と受け止めました。

魔法は、睡眠欲・食欲・性欲といった人間の欲を増幅させる能力。

睡眠欲を極限まで増幅させ、永眠につかせるR・I・P(レストインピース)という異常な魔法を使用することができる。

 

ギルダーツ・クライブ

妖精の尻尾のS級魔導士で、ラクサスやミストガンと共に「妖精の尻尾」最強の男の1人と言われています。

スプリガン12が襲来した時には、ゴッドセレナに勝利してました。しかし、100年クエストに挑んでたときにアクノロギアにアクノロギアと遭遇し、左手、左足を失う重傷を負ってます。

S級試験ではナツと対戦、圧倒的な魔力でナツの戦意を喪失させるほどで、グリモアハートのNo2であるブルーノートを圧倒した力の持ち主です。

スプリガン12の襲撃時にはゴッドセレナに勝利していることからも、かなり強いキャラクターであることは間違いありません。

フェアリーテイルの最強キャラランキングまとめ

フェアリーテイルの最強キャラをランキング形式でご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

中にはランキング入が微妙なキャラや、入っていてもおかしくないキャラのいましたよね。

能力が多くて、それぞれの特性がかなり強いものを持ったキャラクターが多いですが、弱点があるのも事実。

ぶつかりあったらどうなるかわからないところがワクワクしてきたりもします。

正確な優劣はつけ難いところもありましたが、最強キャラの現状としてはここに挙げた通りではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。