フェアリーテイルの最強キャラをランキング形式で一挙大公開!

ランキング

様々な最強キャラが登場しているフェアリーテイル。最強キャラをハッキリさせておきたいですよね!?ここで絶対的な実力を持つ最強キャラをランキング形式で厳選。フェアリーテイルの最強キャラランキングで絶対に欠かせないキャラを知りたい方はぜひご覧ください!!

スポンサーリンク

 

目次(目次を見るには表示をクリック!)

フェアリーテイルの最強キャラランキングTOP40

フェアリーテイルではキャラの特徴や魔法、キャラクター同士による勝敗などでも強さを判断することができます。

つまり、個人的な意見が強く出てしまうのが現状です。

ここでは、これまでの会話内容なども含め、可能な限り総合的な形でランキングを作成してみました。

こいつもはずせないんだけどな!!

ってキャラもいたのですが、まずはTOP10をご覧ください。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第40位:ルーシィ

本作のヒロインであり、主人公です。

年齢は17歳で、右手にピンクの紋章があります。

髪の毛は金髪で、頭の右側のところでリボンで結んでいることが多いですが、話が進むにつれて髪型が変化していき、特に妖精の尻尾が解散して、一時期記者をやっていた頃には、髪を伸ばしていて、以降は背中まで届くほどの長髪になっています。
因みにかなりの爆乳で、作中の女性メンバーの中でも1、2を争う大きさ。
コスチュームも胸を大幅に露出、もしくは強調されたものが多く、ミニスカートもよく穿いています。

星霊魔導士で、契約した星霊をそれぞれに対応した「鍵」で呼び出す「星霊魔法」が使えます。
作者いわく、メインヒロインというより、普通の少女をテーマにしているそうです。

財閥の令嬢で父親が嫌い、自称、小説家の卵でもあります。
家はアパート住みで、よく家賃のお金が足りないと言っています。

ギルド内では、同じ読書家のレビィと一番仲が良く、作品本編の進行は、彼女の視点で描かれることが多く、作者の真島ヒロは「もう一人の主人公」と呼んだこともあるんだとか…。

変わり者が多いメンツの中では、数少ない常識人で、それゆえにツッコミ役になることが多いです。

いつも、ギルドの皆に振り回されてる印象がありますが、契約した星霊を戦闘の「道具」扱いせず、同等の立場として接する優しさを備え、時には星霊王さえ説き伏せる度胸を見せています。
天真爛漫な性格で明るく、また一方で高飛車なところもありますが、見かけによらず純情で、恋の話を持ちかけられただけで赤面して動揺してしまいます。

酒に酔うと甘えたがりになるので、よく狙われたり、捕まる事が多いです。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第39位:アズマ

「悪魔の心臓」の「煉獄の七省属」の一人。
大樹のアークを使用する魔導士で、筋骨たくましいボディを持つ男です。

茶髪をドレッドヘアにしていて、左目に模様が入っています。

耳には月のようなイヤリングをはめています。

強き者との戦いを何よりも好む戦闘狂で、任務よりも戦いを優先するフシがあり、ゼレフ復活にも差して興味を示していませんでした。
語尾に「~かね」を付ける口癖があります。

他の七眷属に先駆けて、マスターハデスからの命を受けて天狼島に潜伏し、調査に来た評議員の艦船をたちどころに爆破。

そして、天狼樹を大樹のアークで乗っ取って地形を変え、「妖精の尻尾」メンバーを弱体化させました。

エルザの魔力だけは通常通りにキープし、真剣勝負を挑むも、従えたはずの天狼樹が「妖精の尻尾」の期待を背負い折れずに立ち向かってくるエルザに味方したため、斬り裂かれて倒されてしまいました。
敗北を潔く認め、「悪魔の心臓」がジェラールの人生を狂わせてしまったことをエルザに詫びると、天狼樹に取り込まれ死亡しました。

後に、スプリンガ12のナインハルトが、キョウカや斑鳩と共に、幻影として復活させるも、エルザの気迫により消滅に追い込まれてしまいました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第38位:ホットアイ/六魔将軍

本名は「リチャード・ブキャナン」。
闇ギルド『六魔将軍』の一人で、六魔の中で最も大柄な男性です。

顔つきもカクカクしていて、修道士のような上着を着用しています。

他の六魔同様、幼い頃に楽園の塔に強制連行され、ブレインに引き取られて育ちました。

評議員に捕まる際、弟『ウォーリー』を探してくれとジュラに願いましたが、彼はエルザの友であったため、解決しました。

その際にリチャードの頬を伝ったのは、金では買えぬ澄んだ涙でした。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第37位:セイラ


シルバーに次いで、人間的な姿をしていて、生を思わせる角と、どことは言わないが牛を思わせる一部分をお持ちになられた、美女のような姿をしています。

服装は、肩口が大きく空いた東洋風。

紋章は額にあって、両腕に刺青のような模様が刻まれています。
自分の部下にすら「様」を付けるほど丁寧で物静かな性格ですが、人間の事は沸いたハエくらいにしか思っていないです。

九鬼門の司令塔であるキョウカとは、相思相愛の恋人同士で、ベッドでお楽しみをしているくらいの仲。

エルザに対しても「キョウカの前で恥をかかせた」ことを真っ先に告げて、嫉妬心丸出しでブチ切れ、キョウカの為ならば命を投げ出しても構わないほどキョウカのことを愛しています。
そしてキョウカもキョウカで、彼女に対してだけは打算もなく純粋に愛していて、二人の愛はある意味人間以上に人間らしいと言えなくもないです。

読書を好むが人間の作る創作はつまらないらしく、自身の思い描いたシナリオ通りに物事を動かすのを何より好みます。

冥界島にて妖精の尻尾に敗れましたが、「死にそうだったので」という理由で、ミラジェーン・ストラウスに接収されていました。
その顛末を受けて、弟のエルフマンは美談だと感じ号泣していますが、周囲からは「体まるごと分捕ったんだからそこまでいい話じゃないよなァ」と言われています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第36位:ブラッドマン

スプリガン12の一人で、黒衣と鎧を纏った大男。
その正体は、ゼレフ書の悪魔で、自身の体が魔障粒子で形成されているため「死神」と呼ばれていて、魔導士を魔力欠乏症に陥らせたり即死させることができます。

また、自身の体を霧のようにして相手の攻撃を無効化したり、腕を伸ばして攻撃することが可能。

ガジル曰く「大した魔力ではない」けれど、それは使用するのが魔法ではなく呪法である為であり、「九鬼門」の用いるあらゆる呪法を使うことができます。

また、「印」と言われる能力の段階があり、ブラッドマン曰く「第一の印は魔障粒子にて魔力を奪い、第二の印は骸の畑にて黄泉への扉を開く、第三の印は死神が命の審判を下す」とし、第三の印まで解放することで魔障粒子が全身から噴き出した姿へと変貌し、召還した大量の髑髏を操ることが出来ます。

マカロフとは面識がなく、名前しか知られていませんでした。

イシュガル侵攻時には、アイリーン、ラーケイドと共にフィオーレ北方から攻め込み、「青い天馬」「剣咬の虎」を全滅に追い込みました。
その後、駆けつけたガジルと対峙し、「九鬼門」を超える呪法で苦しめますが、魔障粒子と同化して「鉄(くろがね)」となったガジルに敗北。

死ぬ間際にガジルを黄泉の世界へ道連れにしようとしますが、直後にアイリーンの「ユニバース・ワン」が発動して、失敗に終わりました。

その後、ナインハルトによって幻影が作り出され、幻影ワールと共にローグを襲うも、ナツがナインハルトをKOしたことで消滅します。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第35位:ローグ・チェーニ/剣咬の虎

「剣咬の虎」最強の五人の一人、双竜の片割れです。

「影竜のローグ」の異名を持ち、左目が隠れたスタイルの黒髪で、腰に日本刀に似た武器を所持しています。
影竜・スキアドラムから滅竜魔法を教えてもらい、体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込んでいる「第三世代の滅竜魔導士」。

冷めた言動が多く、クールに思われますが、フロッシュの事が絡むと感情的になり、フロッシュが迷子になった時にそばにいたレクターを責めたり、ウェンディやガジルに詰め寄ってフロッシュの居場所を聞き、見つけた時も「ここは心を鬼にして一人でギルドで帰らす」と言いながら見守り続ける等、フロッシュに対して過保護な一面も持っています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第34位:スティング・ユークリフ/剣咬の虎

「剣咬の虎」最強の5人のうちの1人です。

双竜の片割れで、「白竜のスティング」の異名を持っています。
外見は金色の髪で、右こめかみの傷に左耳のピアスが特徴となっています。

白竜バイスロギアから「滅竜魔法」を教えられて、体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込んだ、第三世代の滅竜魔導士で、自力でドラゴンフォースを発動することができます。
基本的にマイペースで朗らか。

いい加減ともとれる言動もみられますが、根は割と繊細らしく、特にレクターや作中に酷な思いをさせたユキノに対して、複雑な感情を覗かせます。

 

また、ナツやガジルほど粗暴ではないですが、仲間の危機が絡むと激しい憤怒の感情を見せます。

かつては、ナツ・ドラグニルに憧れていましたが、現在は自分の力を過信していて、彼を見下した態度を取っています。

また、実力があるのは間違いないですが、仲間意識は希薄で冷酷非情な考えを併せ持っていました。

しかし、レクターに対しては思いやりのある一面を覗かせています。

 

タッグバトル後、ローグと共にジエンマに怒りの制裁を下されますが、彼がレクターを消したことにより、下克上のような形でジ、エンマを半殺しにします。
その後、ミネルバがレクターを殺される直前に転送魔法で避難させたため、レクターは生きていると知り安堵するも、そのままレクターを人質に取られ、レクターを取り戻すために大魔闘演武で優勝することを誓います。

最終日では「四つ首の番犬」のバッカスを倒します。

その後、自分なりの信念を示すべく、一時的に身を潜めた後単身で妖精の尻尾メンバーを全滅しようとするも、降参しました。

 

現在は「剣咬の虎」のマスターとして活躍しています。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第33位:ガジル・レッドフォックス/妖精の尻尾・元幽鬼の支配者

「鉄竜のガジル」の異名を持ちます。

ナツ・ドラグニルと同じで年齢不明の「鉄の滅竜魔導士」。

親のドラゴンの名は「メタリカーナ」。
外伝漫画『ロードナイト』では、主人公を務めます。

好きなものは鉄・ガラクタ、嫌いなものは空腹です。

趣味は音楽で、下手の横好きですが、弾き語りが大好き。

妖精の尻尾解散後は、何度か一人旅をしていたようで、温泉通になっていました。

ザンバラの黒髪は背に伸びるほど長く、顔にはいくつかピアスが付けられている、口が悪く無愛想な性格で、極めて粗暴でしたが、現在はギルドで時間を共にしていくうちに仲間の大切さを知り、少なからずではあるが穏やかな性格になりました。

「ギヒッ」という特徴的な笑い方をするため、相棒であるパンサー・リリーにもうつってしまっています。

名前の由来は、鉄を食べる時の音「ガジガジ」からきています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第32位:ゴッド・セレナ

「スプリガン12」の一人にして、聖十大魔道・イシュガルの四天王の一人(序列1位)。
鼻筋にある真一文字の傷痕と、芽のような頭頂部の髪型が非常に目を惹く豪傑です。

背中には、光背のような飾りを付けています。

事実上、イシュガルの大陸最強といわれる魔導士ですが、大げさな決めポーズを取っては、その度にスルーされたり「ゴッドバイバイ」という独自の挨拶を使うなど、マカロフ曰く「残念な感じの男」だそうです。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第31位:ミラジェーン・ストラウス/妖精の尻尾

年齢は20歳で、左ももに白い紋章があります。

好きなものは料理、嫌いなものはゴキブリです。

前髪を縛った、銀色の髪の美女。

「妖精の尻尾」の看板娘で、通称「ミラ」です。

幼くして両親を亡くしていて、6年前(当時13歳)に兄弟のエルフマン、リサーナと共にギルドに加わりました。

現在は現役を引退していますが、元は「魔人」と恐れられたS級魔導士で、実力者からもその通り名が知られています。
明るく穏やかな性格で、「妖精の尻尾」でも男女問わず人気が高いですが、天然ボケを咬ますこともしばしば。

ネーミングセンスもゼロであり、グレイに指摘された時には半泣きになっていました。

本人は乗り気ではないですが、たまにグラビアアイドルの仕事もしていて、歌やギターの腕も高いです。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第30位:ミッドナイト/六魔将軍(オラシオンセイス)

六魔将軍最強の魔道士、ミッドナイト。

ブレインのことを父と呼び慕っていますが、そこが彼の独特なポイントです。

普段は眠り続けていますが、眠っている最中でも魔法屈折(リフレクター)を、バリアーのように張っていて、いかなる攻撃も受け付けません。
初登場から眠り続けていましたが、レーサーが倒されたことによりブレインに起こされ、活動を始めました。

屈折の能力で「連合」のメンバー、裏切り者となったホットアイ、ジェラールと次々に倒していきますが、エルザには屈折の弱点を見破られ、敗北。

評議員に連行されてしまいました。

でも、その7年後にはっ脱獄し、自らを「ブレイン二世」と名乗っています。
彼の「祈り」は「静かに眠ること」。

これは奴隷時代に、他の奴隷たちの悲鳴や、ジェラールの反乱で起こった騒動で、満足に眠ることも出来なかったからのようです。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第29位:ウルティア・ミルコビッチ/魔女の罪(クリムソルシエール)・元悪魔の心臓(グリモアハート)

ウルティア・ミルコビッチは、元「悪魔の心臓」の「煉獄の七省属」のリーダーです。
グレイの師・ウルの実娘。

背中にギルドの紋章を持ちます。

幼い頃、母と別れて違法な魔法研究施設に入れられ、そのことから母を恨み続けています。
しかし、実際には「時のアークで時間を巻き戻し、母を恨む前に戻りたい」という願望があり、それを叶えるために大魔法世界を望んでいました。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第28位:ブランディッシュ

「スプリンガ12」の一人で、別名「国崩しのブランディッシュ」。

8年前の時点で、ルーシィとは同い年で、右太ももに国の紋章があります。

頭に2本の十字架のような飾りを付け、コートの下に首輪とビキニを着用した女性。

面倒事を嫌うマイペースな性格で、与えられた任務を放棄するなど適当な行動も目立ちますが、ゼレフの命令には気分に関係なく従います。

基本的に無表情ですが、スターマンゴーのジェラートが食べられなくなった際に、泣くなど感情の起伏が激しい所もあります。

実は花粉症。

母親のグラミーは、かつてハートフィリア家に仕える使用人で、かつて主人であるレイラ・ハートフィリアから星霊アクエリアスの鍵を預かっていましたが、そのことが遠因となり、母が死んだことから「レイラが鍵を取り返すために自分の母を殺した」と勘違いし、レイラとその一族に復讐心を抱くようになりました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第27位:ディマリア

「スプリンガ12」の一人で、古の時の都・ミルディアンの末裔。

別名は「戦乙女」や「戦妃」です。
国の紋章は、左足と右の肩当てにあります。

右腕に防具、左手に羽根のような飾りを付け、腰にコートを巻いた戦場を駆け巡った女神を通り名に持つ金髪の女騎士です。

ブランディッシュとは、「ランディー」「マリー」と呼び合っていますが、お互いに「思ったことをすぐ口に出す」「かわいくない」という理由から嫌いあっています。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第26位:カグラ・ミカヅチ/人魚の踵(マーメイドヒール)

魔導士ギルド「人魚の踵」最強の魔導士で、年齢は23歳。

常に冷静沈着。
黒く長いパッツンロングに、白一色の服の似合う、巨乳の美女です。
怨刀「不倶戴天」を持ちますが、決まった相手にしかその刀は抜かないと決めています。

ジェラールにはある怨みを持っていて、その名を聞くだけで取り乱してしまうことがあります。

その正体は、楽園の塔編で登場し、ジェラールに殺されたシモンの妹です。
また、エルザと同じローズマリー村出身で、本人達も忘れていたが、幼い頃にエルザに救われた経験があります。
ジェラールを庇うエルザに、それまでは殺意さえ抱いていましたが、思い出して以降は和解し、エルザを「姉さん」と呼んでいます。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第25位:ミネルバ・オーランド/剣咬の虎(セイバートゥース)

「剣咬の虎」ギルドマスターのジエンマの娘で、ギルド最強の五人のひとり。

左腹部に青い紋章があります。

古風な口調が特徴で、自信に満ちた態度と高圧的で残虐な性格をしています。

性格は、幼い頃から強さを求める父に、スパルタ教育を施されたことに起因しています。
外見に見合わず料理が上手く、普段はそうでもないが食う時は食う、そして恐ろしいほど速く痩せます。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第24位:ジェラール・フェルナンデス(ジークレイン)/魔女の罪(クリムソルシエール)

悪徳魔導士で、白髪の男です。

バラム同盟三強が一角「六魔将軍」のギルドマスターです。

筋骨隆々の大柄な男性。

本来は「ゼロ」の方が「素」で「ブレイン」の方が「上辺」ですが、あまりに凶暴なゼロを畏れたブレインが(ブレイン本人も含めた)六魔将軍の『祈り』という生体リンク魔法で、封印していました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第23位:ゼロ(ブレイン)/六魔将軍(オラシオンセイス)

悪徳魔導士。

バラム同盟三強が一角「六魔将軍」のギルドマスターです。

筋骨隆々の大柄な男性。

流れるような銀髪を持っています。

本来は「ゼロ」の方が素で、「ブレイン」の方が上辺・表向きではありますが、あまりに凶暴なゼロを畏れたブレインが、六魔将軍の『祈り』という、生体リンク魔法で封印していました。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第22位:マカロフ・ドレアー/妖精の尻尾(フェアリーテイル)

初登場時88歳(→第3部89歳→最終回90歳)。
好きなものは「妖精の尻尾」、嫌いなものは評議院です。

「妖精の尻尾」の3代目マスター→6代目マスターで、聖十大魔道の1人。

かなり小柄な老人です。

一人称は、「わし」で、 若い頃は「妖精の尻尾」のS級魔導士として活躍し、40歳で3代目マスターに就任しました。
巨人の魔法を得意とする他、炎や氷、風といった魔法も一通り使えるなど、その要領は計り知れないです。

ただし老いには勝てないようで、作中では何度か発作に見舞われて、幽鬼の支配者との戦いでは、エレメント4の策略で危篤状態にまで陥っています。
自由な発想の持ち主であるため、ギルドのメンバーからは慕われていて、双方親子のように接しています。

スケベな所が、玉に瑕です。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第21位:グレイ・フルバスター

18歳で、右胸に青の紋章が刻印されています。
氷の造形魔導士で、その実力は「妖精の尻尾」内でもトップクラスです。

すぐに服を脱ぎ出す悪癖持ちで、無意識に服を脱いでいることが多く、いつの間にか裸体の上半身になっていたり、その度に突っ込まれています。

頭は切れますが口は悪いです。

これが原因でナツと喧嘩したり、ミラジェーンをかすこともあります。
好きな物は面白いことで、嫌いなものはナツです。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第20位:未来ローグ

『剣咬の虎』所属の、影の滅竜魔導士ローグ・チェーニ、その人です。
X798年の未来の住人(26歳)で、現在のローグとは異なり髪の左半分が白いです。

スティングの力を取り込んでいるため、モード白影竜になることが可能であり、性格は残虐非道で極めて身勝手。

正真正銘の「ローグ(ならずもの)」になっています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第19位:キョウカ/冥府の門(タルタロス)

プリコネR最年少のキャラクターで、年齢に似合わない理知的な考えと冷静な行動の出来る、おしゃまな優等生少女。

普段はエルフの森に住んでいます。

お勉強が得意で、同じギルドメンバーで年上のミミやミソギに勉強を教えています。

記憶と知識を失っている主人公にも勉強を教えようとしていましたが、ミミに自分が教えたいとお願いされたため、彼に関してはミミに立場を譲っています。

男性不信のようで、男には基本ツンツン。主人公も例外ではなく、当初は「へんたいさん」「ふしんしゃさん」「防犯魔石を鳴らしますよ」と警戒心を剥き出しにしていました。

後に主人公に邪な気持ちがなく、純粋な親切心で接してくれていることに気付き、考えを改めています。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第18位:ブルーノート・スティンガー/悪魔の心臓(グリモアハート)

非常に長い黒髪を布で束ねた男で、モミアゲは鋭角にトンガっています。

悪魔の心臓(グリモアハート)の副官的存在で、8万の兵を一人で滅ぼした伝説を有します。
口癖は「飛べそう」などです。

一応組織のNo.2。

ゼレフや大魔法世界にもあまり興味がなく、彼の目的フェアリーテイルの初代マスターメイビス・ヴァーミリオの墓に眠る、三大魔法の一つ「フェアリーグリッター(妖精の輝き)」を手に入れることでした。
天狼島に降り立つと、ナツを始めとするS級受験者や相棒たちをあっという間にねじ伏せ、カナが放った未完成版妖精の輝きも無効化しますが、駆け付けたギルダーツにより妨害されます。
ギルダーツに危険性を感じブラックホールで圧殺しようとするも、あっけなくギルダーツに破壊されてしまい、破邪顕正・一天で大空へ飛ばされ、海へ落下しました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第17位:星霊王

竜ノ湖太郎のライトノベル『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』に登場する惑星級以上の星に存在する主精霊のこと。

箱庭における三大最強種の一角です。

物質体(マテリアル)、星辰体(アストラル)、虚数体(タキオン)を統合させた完全生命体で、完全に殺すには無限に存在する世界を破壊し続けるようなでたらめな力でない限り不可能です。

召喚には星の主権が必要とされます。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第16位:冥マルド・ギール/冥府の門(タルタロス)

闇ギルドの中でも、特に大きいバラム同盟の一角・冥府の門(タルタロス)の副官のような存在です。

マスター「END」が、何らかの要因で封印されたために、マスターに変わり代理としてギルドを率いています。

ゼレフ書の悪魔(エーテリアス)の中でも一線を画した存在で、ゼレフが自分達エーテリアスを想像した、真の目的「自分の殺害」についても認知しており作中での行動はすべてそこに絡んでいます。

戦闘中も、常にENDの書を手から離さずに持っていて、ENDを復活させるべく、フェイスを大陸中に設置し魔力の消滅を計画しています。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第15位:END(イーエヌディー)/冥府の門(タルタロス)

「冥府の門」のマスターで、ゼレフ書最強最悪の炎の悪魔です。

その正体は、伝説の黒魔導士ゼレフの実の弟でもあったナツ・ドラグニルで、END(エーテリアス・ナツ・ドラグニル)です。

元々は普通の人間でしたが、生まれて僅か数年で一度この世を去ってしまいました。

しかし、ゼレフによって保管されていたナツ自身の肉体を使い、最後で最強のエーテリアスとして創造、蘇生されたゼレフからは「自分を壊してくれる存在」と称されていますが、ナツ自身はゼレフとの関係を一切知りません。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第14位:シルバー/冥府の門(タルタロス)

「冥府の門」幹部「九鬼門」がが一角。

端正な顔立ちの中年男の姿をしていて、左額に傷があります。
「絶対零度」の異名を持ち、纏う鎧には「ABSOLUTE ZERO」と刻まれ、耳には十字架のピアスを付けています。

その二つ名が示す通り、氷の滅悪魔導士で、悪魔のみで揃えられた(とされる)九鬼門に属しながら、悪魔を誅する魔法を使うことができます。
性格は一見アッケラカンとしていて、太陽の村を誤って凍らせてしまった尻拭いをしてくれたナツに対しては、素直に謝罪したり、全裸で投獄されたリサーナにバスタオルを投げ与えたりしていますが、戦いとなると狂戦士の如く凶暴に、氷のように冷酷に敵を追い詰めます。

彼はその苗字からもわかる通り、17年前に死んだグレイ・フルバスターの父親。

ナツにも「匂いが似ている」と言われていて、それを指摘された際には手のひらを返したがごとく暴行を振るっています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第13位:ジュラ・ネェキス/蛇姫の鱗(ラミアスケイル)

「蛇姫の麟」最強の魔導士で、聖十大魔導の末席(後に序列五位に昇格)。

通称、岩鉄のジュラ。
ハゲにマッチョの巨漢という、インパクト抜群の外見だが、年齢は35歳。
若くして外見相応…もとい大人びた風格の男性で、六魔将軍をたやすく圧倒、滅神魔導士を秒殺するなど実力は計り知れないほど高いです。
二つ名の通り、大地を自在に操る力を持ち、攻防友に隙が無いです。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第12位:エルザ・スカーレット

 

エルザ・スカーレットは『妖精女王(ティターニア)』の異名を持つ、妖精の尻尾最強の女魔導士。

19歳で、鎧を身に纏っていて、左腕に青の紋章があります。

得意技は、換装(別空間にストックしている武器を呼び出す魔法)。

好きな物は、武具と鎧で、嫌いな物は、悪(厳格で規律を重んじる)です。

弱点はお酒(怒り上戸)といった、特徴や性格のキャラですが、とにかく戦闘力が異常に高いです。

 

並の魔導士や兵士では束になっても敵わないと言われ、ナツもグレイも全く歯が立たない『片腕で巨大な魔物の角』を抱えることができるなど、フィッジカルはトップクラス。

戦闘能力だけでなく知性も高く、魔法の癖や特徴の分析などに遺憾なく発揮していますが、長い間座学に触れる機会に恵まれなかったためか、魔術が絡まない文芸が苦手です。

奴隷時代の影響で義眼とはなったものの、視覚から効果を及ぼす魔法全般を無効化できます。

ただし、両目で見ると半分は効果を受け、ずば抜けた攻撃型の戦士といえるキャラです。

 

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第11位:ラクサス・ドレアー

S級魔導士。

年齢は23歳で、左胸下に紋章があります。

好きなものは、最強で、嫌いなものは弱者とはっきりしている性格なのが、よくわかります。

好きな音楽のジャンルは、ロック+クラシックの融合といった特徴を持ちます。

マカロフの実孫で、闇ギルド『大鴉の尻尾』のマスター・イワンを父に持ち、常にヘッドフォンを付け、葉巻を吸っていますが、そのヘッドフォンには、サウンドポッドという魔導式音楽プレイヤーが繋がっています。

屈強な逞しい身体と精悍な容貌を有し、これだけでも最強キャラにふさわしい人物。

大舞踏演武の際には、女性たちから付きまとわれるなど強い上に、かなりモテるキャラでも知られています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第10位:ラーケイド・ドラグニル

スプリガン12の一人。左肩に国の紋章があります。

ゼレフと似た風貌の金髪の青年で、常に合掌しながら微笑を浮かべています。

額に白い十字架模様があり、背中にも巨大な十字架のようなものを背負い、はだけた左腕に数珠が付いています。

ゼレフ曰く、アクノロギアを倒す可能性さえ持っている「秘密兵器」で、メイビスからは「異質」と評され、オーガストやアイリーンと共に「スプリガン12」の中でも特別だと自称しています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第9位:アイリーン・ベルセリオン

 

『緋色の絶望』の異名を持ち、オーガストと並んで最強と称されるスプリガン12最強の女魔導士。

ゼレフから“天才”とも言われたハイエンチャンターであり、アクノロギアとの一戦では大地への付加によって地面をえぐる突風を出しています。

その見た目はエルザと似ている長い緋色の髪を持ち四つ編みにしており、彼女とは何らかの関係がある様子です。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第8位:ギルダーツ・クライヴ

年齢は45歳→46歳で、左胸に紋章があります。

S級魔導士で、「妖精の尻尾」最強の男です。
髪型は、オールバックで色は茶色。

お茶らけた性格で、美人に目が無いスケベ。

そして、かなりドジです。

後述の魔法のせいで、うっかり村を滅ぼしたこともあり、ハルジオンの町は彼1人の為だけに可動式に改造されています。

ルーシィや作者からも「どんだけバカなんだ!」と突っ込まれていました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第7位:ハデス

悪魔の心臓(リモアハート)のマスター。
右目に眼帯を付けています。
ゼレフを手に入れるために天狼島に侵入を指示した張本人です。

実は、彼はフェアリーテイル2代目マスター(プレヒト)。
マカロフにマスターの座を譲った張本人で、天狼島後編にてナツたちと戦いました。

敗北後戦艦にもどったハデスは、ゼレフによって殺されてしまいました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第6位:ナツ・ドラグニル

火竜(サラマンダー)の異名で、年齢不詳。

右肩に赤い紋章があります。

好きなものは、火・熱いもので、嫌いなものは乗り物・冷たいものです。

滅竜魔法を操る『火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)』といった、炎と素手での格闘術を駆使した肉弾戦を得意とします。

そして、滅竜魔法の効果により身体能力も高く、嗅覚・聴覚・視覚が常人離れしており、身体も頑丈。

炎を食べることで魔力や体力を回復したり、増幅することが可能だが、逆に火属性以外の魔法を食べると生気が無くなり、熱を奪う兎兎丸の青い炎や途轍もない悪臭を放つ黄色い炎を食べた際には地獄を見ていました。

 

かなり多くの能力を持ってるキャラクターであり、実質最強のキャラクターであるといえます。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第5位: マルド・ギール

戦闘中も常にENDの書を手から離さずに持っており、ENDを復活させるべくフェイスを大陸中に設置し魔力の消滅を計画してナツとグレイと戦いを繰り広げました。

冷静さと冷酷さを併せ持った性格をしており、エルザを痛めつける遊びをしていたキョウカのせいで不快な思いをしたというだけで罰を与えています。

タルタロス編最終局面にてナツとグレイの二人と戦い、エーテリアスフォームになった事で圧倒しましたが、半悪魔化したグレイに究極の呪法であるメメント・モリをふさがれ、ドラゴンフォース発動のナツにやられ敗れました。

破れた後突如現れたゼレフに本に戻され、その本さえも消失し姿を消しました。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第4位:オーガスト

相手の魔法を見た瞬間にコピーできると同時に自身には相手の魔法が無効になります。

もはやなんでもありの魔法を使用。

どれだけ強力な魔法を受けても無傷だったのはこの魔法の力によるものです。

 

ゼレフとメイビスの息子でナツの甥に当たり、後にアルバレス帝国『スプリガン12』の一人となります。

別名は『魔導王』と呼ばれ、髭を蓄え襟が分かれたマントを羽織った老人です。

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第3位:イグニール「炎竜王」

ナツに滅竜魔法や言葉、文化を教えた火竜。

メタリカーナからは『彼ほど勇敢で人間を愛した竜はいない』と言われており、強さも優しさも兼ね備えています。

かつては『炎竜王』とも呼ばれていて、放つ炎のひと吹きは山をも飛ばす威力を持っていると言われているほどの力を持っています。

 

アクノロギアの滅竜魔法で他の四頭の竜と共に魂を奪われて弱体化し、その後『冥府の門』との戦いでアクノロギアの出現に伴いナツの体から姿を現し、ナツに全てを話す代わりにENDが封印された本をマルド・ギールから奪うよう依頼しています。

アクノロギアとの戦いでは、アクノロギアの左腕を食い破る成果を出していますが、反面、自分自身も左半身を失う重傷を負った挙句、ブレスで止めを刺され敗戦。

その後、この世にいる限界が来て昇天していきますが、その時悲しむナツに対し『未来を語れ、それが生きる力だ』と言い残して、死の直前にはナツに自らの魔力を託しています。

 

フェアリーテイルの最強キャラ第2位:アクノロギア

『闇の翼』と呼ばれる漆黒のドラゴンで、最も凶悪だったと言われる魔導士ゼレフすら慄く世界最強の竜。

体には不気味な紫色の模様が全身にあります。

他のドラゴンと同様に高い知性を有しますが、人間を虫ケラとしか考えてなく、言葉を話しません。

ブレスは天狼島を消滅させるほどの威力を誇り、黙示録にはかつて国一つを滅ぼしたほどです。

その気になれば世界を支配できる力を持っていて、『魂』をも抜き取る滅竜魔法を使います。

人間の姿に戻ることもでき、人間時は黒いマントを纏い長髪で体中に紋様がある褐色肌の男性の姿をしています。

 

能力は通常、滅竜魔導士は、己の体質を各々の属性の竜に変換して身体能力を強化し、自らの属性の物質を食べることで体力回復・強化が可能で、それぞれに己の属性の物を操ることができます。

これが滅竜魔法の基本であり、滅竜魔導士はそれぞれ属性を持つが、アクノロギアには属性が無いです。

 

スポンサーリンク

 

フェアリーテイルの最強キャラ第1位:ゼレフ・ドラグニル

魔法界史上、最も凶悪だったと言われる通称『黒魔導士ゼレフ』・

ナツの兄であり、本名はゼレフ・ドラグニル。

幼少のころから『天才』と言われるほどの魔導士であり、他を寄せつけない力を持っています。

幼くして亡くなった弟のナツの死を機に、『Rシステム』や『エクリプス』を作り出し、ナツの体を使い『END』として蘇生させました。

 

ゼレフ自身、本人の意思と関係なく、不老不死の体と周囲の生命を枯渇させる力を持つことからも負けない強さを持ってます。

ゼレフの体は『アンクセラムの黒魔術』という古い『矛盾の呪い』に掛かっており、命を尊く思うほど人の命を奪い、魔法をうまく使えなくなります。

命の重みを忘れれば、魔法を使うことができるといった、気持ちに左右される側面を持ちます。

 

フェアリーテイルの最強キャラランキングまとめ

フェアリーテイルの最強キャラをランキング形式でご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

中にはランキング入が微妙なキャラや、入っていてもおかしくないキャラのいましたよね。

能力が多くて、それぞれの特性がかなり強いものを持ったキャラクターが多いですが、弱点があるのも事実。

ぶつかりあったらどうなるかわからないところがワクワクしてきたりもします。

正確な優劣はつけ難いところもありましたが、最強キャラの現状としてはここに挙げた通りではないでしょうか。

スポンサーリンク