アースセレブレーション2020の駐車場やアクセスについてはこちら!

イベント

アースセレブレーション2020の駐車場やアクセス情報について書いています。

3日間に行われる大きなイベントのため、楽しみにしている人が多いのではないでしょうか?

 

とっておきのイベントに乗り遅れないためにも、あらかじめアースセレブレーション2020の駐車場やアクセスについて知っておくことをおすすめします。

では、早速チェックしていきましょう!

 

アースセレブレーション2020へのアクセス情報!

アースセレブレーション2020の開催日程は3日間で行われます。

場所は、新潟県佐渡市小木、佐渡全体となっています。

 

佐渡市は島となっているので、交通手段が限られてきます。

そのため、ものすごく大きなイベントとなっています。

 

新潟県佐渡市へいくためには、基本的には、カーフェリーに乗っていく必要があるので、普通のイベント会場へいくのとは少し違った雰囲気で道中が楽しめることでしょう。

では、どうやって小木中心部へいけば良いのか。

 

佐渡へいくためのアクセス方法は主に4つ。

  1. 新潟市〜両津
  2. 寺泊〜赤泊
  3. 直江津〜小木
  4. 新潟〜佐渡(記事を書いた時点では運休)

4番は、飛行機となっていますが、記事を書いた時点では運休中となっていたため、乗っていくことができないので、ご注意ください。

 

1〜3はカーフェリーや、ジェットフォイル、高速船など様々となっています。

 

新潟から両津へはカーフェリーだと2時間30分。

ジェットフォイルだと、約65分で到着しますが、車の搬送ができないのでご注意ください。

 

寺泊から赤泊のアクセスルートで佐渡市へ向かう場合は、高速船『あいびす』に乗り、乗船時間は約65分となっています。

あいびすも車を搬送することができませんし、運休期間が設けられているので、ご注意ください。

 

直江津から小木市へ向かう場合は高速カーフェリーが出ています。

こちらだと、約1時間40分で到着しますし、車を搬送できます。

 

これらの交通ルートでご自身が一番向かいやすい物を使うのが良いですが、個人的には、直江津から小木市へ向かう高速カーフェリーを利用するのが良いかと。

時間の短縮ができますし、車を搬送できるので、佐渡市についても車で移動することができるので、スムーズに移動しやすくなるからです。

 

また、アースセレブレーション2018の中心部である小木へ直接いくことができます。

アースセレブレーション2018へ車で向かうことができるので良いですよね。

 

車を搬送しなくても、佐渡市の中は交通機関がしっかりと用意されているので、そちらを利用することで移動できますので、ご安心ください。

 

アースセレブレーション2020のアクセス料金

アースセレブレーション2019にアクセスするための方法をご紹介しました。

記事を書いた時点では、飛行機が運休となっていたので、基本的には海を使ってアクセスすることになります。

その時、気になるのが料金ですよね。

 

一体何円くらいとなっているのかもしっかりとご紹介していきます。

新潟市〜両津はフェリーだと4130円、ジェットフォイルだと9720円となっています。

 

寺泊〜赤泊はあいびすを利用する場合は、4890円です。

直江津〜小木はカーフェリーだと6520円で車を搬送する場合は、車校が3m未満は18480円、3m以上6m未満の場合は、23480円となっています。

※記事を書いた時点での情報となりますので、最新の情報は佐渡汽船の公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

 

アースセレブレーション2020に駐車場はあるの?

県外から車でアースセレブレーション2019へ向かう場合、駐車場があるのかはとても重要な要素となります。

駐車場は普通車と大型車共に無料で駐車できる場所が用意されているので、車で向かうことができます。

佐渡市小木みなと公園付近に用意されていると、書かれています。

 

万が一、そこの駐車場が埋まっていたとしても、佐渡市の別の場所に駐車場があるので、恐らく駐車することができるでしょう。

 

アースセレブレーション2020の駐車場やアクセスのまとめ

今回はアースセレブレーション2019の駐車場やアクセスについてお伝えしました。

アースセレブレーション2019は新潟県佐渡市で開催されて、佐渡市は島となっているので、海路を使って向かうことになります。

 

アクセスの方法はいくつかあるので、この記事を参考に、ご自身が向かいやすい物を選んでくださいね!

都内からだと高速フェリーを使えば、4時間ほどで到着することができますよ!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。