女子大学生のメイクで初心者が抑えるべき10のポイント

中学生,メイク,初心者,やりかた
美容

中学生,メイク,初心者,やりかた

大学生になって、メイクに改めて向かい合う女子は多いですよね!

高校生までは校則などでメイクを禁止されていたのに、大学生になったら途端に周りの女子がメイクをしだして、戸惑っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、女子大学生のメイクで初心者が抑えるべき10のポイントをご紹介していきたいと思います!

わかっていると思っていても、間違っていたり、勘違いしていたり、見逃しているポイントもあると思いますので、是非最後までチェックしていってくださいね!!

 

スポンサーリンク

 

女子大学生のメイクで初心者が抑えるべき10のポイント

それでは早速、女子大学生のメイクで初心者が抑えるべき10のポイントをご紹介していきましょう!

 

スキンケア

大学生,メイク,初心者

まずは、基本のスキンケアをチェックしていきましょう。

どんなに綺麗に上手にメイクをすることができたとしても、肌自体のコンディションが整っていなかったら、台無しですので、メイクを始めるこのタイミングで、日々のスキンケアの基本を身につけていくようにしましょう。

 

大学生の若い肌は基本的に以下の工程。

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液

と、メイク後の場合はクレンジングの工程を行えば問題ありません!

 

洗顔は汗や皮脂、ほこりなどの汚れを落として清潔に保つ役割があります。

せっかく毎日使うものですから、洗顔料も保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

保湿成分が配合されているものでしっかりと仕上げることができれば、しっとりとやわらかな肌をキープすることができます。

 

洗顔をしたあとは、すぐに化粧水をつけて、肌にたっぷりのうるおいを与えることが重要です。

特に頬や口周りなどは乾燥しやすい部分ですので、重ねづけをするとメイクの持ちもよくなります!

また、化粧水は安くても構わないので、たっぷり使って肌を保湿し、水分を逃さないように化粧水のあとはすぐに乳液を塗るようにしましょう。

乳液は肌のうるおいをキープする役割を持っており、その中でも保湿力の高いアイテムを選ぶと、しっとり肌をキープすることができます。

これらも安いもので問題ありませんが、この工程を毎日サボらないようにしましょう。

 

また、普段の生活でおすすめしておきたいのは、顔にも塗って良いタイプの日焼け止めを塗るようにすることです。

若い頃からこうやって紫外線対策をしておくと、年齢を重ねたときに、シミやシワのでかたが変わってきますよ!

 

これに加えて、外から帰ったら、すぐにメイクをオフして保湿をするという習慣もつけておくと、若々しい肌を長くキープすることができますよ!

メイクがしっかり落とせていないと、あらゆる肌トラブルの元となりますので、毎日のケアにしっかりと取り組むようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

下処理(眉毛ケア・産毛ケア)

大学生,メイク,初心者

引用:https://goo.gl/sRvns3

また、メイクの仕上がりを高めるためにしておきたいのが下処理の眉毛ケアと産毛ケアです。

 

眉毛は、基本的には理想の眉毛をアイブロウで描いてから処理するのがおすすめです!

ノーメイクの状態で眉毛を揃えていくと、左右非対称になってしまうことが多いので、気をつけてくださいね!

 

使うアイテムは眉毛ハサミやピンセット、カミソリ。

これらを使って理想の眉毛の形を作っていくようにしましょう。

眉毛ケアをする際、初心者さんには眉毛の上部分は、少し形を整えるくらいならOKですが、あまりいじらないのがおすすめです。

眉毛は下部分だけ処理して、眉毛の毛の長さをカットして整えましょう。

 

また、産毛ケアもした方がメイクのノリがよくなります。

これは毎日のようにする必要はありませんが、洗顔料の泡を顔につけて、カミソリで顔全体を時々処理してあげるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ベースメイク

大学生,メイク,初心者

お化粧の工程として最初にすべきはベースメイクです。

 

簡単に綺麗に仕上げるには、以下のもの。

  • 化粧下地(もしくはBBクリーム)
  • ファンデーション

を使いましょう!

 

顔を保湿したあとに、必要であれば日焼け止めを塗り、その後、化粧下地を塗ってからファンデーションを塗ります。

化粧下地に日焼け止め成分が配合されていることもありますので、そういったものを使っても良いでしょう!

 

また、化粧下地は、なりたい肌に合わせていろんな種類のものがありますので、ちょっとどれを使えばいいかわからない・・・という場合はBBクリームをチョイスするのがおすすめです。

どんな肌でも比較的肌馴染みがよく、色の種類も1種類だけのことが多いので扱いやすいですので、最初はこれで良いでしょう!

 

また、ファンデーションにもメーカーによって様々な色味が用意されています。

これについては肌表面の色を左右しますので、きちんと自分の色にあったものを選んでいく必要があります。

 

ファンデーションを選ぶときのポイントは、自分の肌色になじむ色を選ぶことです!

このとき、自分の肌色になじむファンデーションを選ばないと、首の色と顔の色が異なり、顔の色だけ浮いて、不自然に見えてしまう場合がありますので、色選びは慎重に行うようにしてくださいね。

一般的には、手の甲の部分にファンデーションのテスターを塗り、色馴染みが良いものを採用すると顔に馴染む色を選ぶことができますので、テスターのあるもので色を確認してから購入するようにしてください!

スポンサーリンク

アイブロウ

大学生,メイク,初心者

次に、行っていくのは顔の輪郭と言われている眉毛のメイクの方法をチェックしていきましょう。

眉毛のメイクはアイブロウと言われています。

アイブロウは2つ。

  • パウダータイプ
  • ペンシルタイプ

がありますが、初心者におすすめなのは、ペンシルタイプです。

 

このとき、色選びに最初は悩むと思いますが、この色に関しては、髪色に合わせて選ぶのがおすすめです。

髪色を明るく染めていない場合は、グレー系の色味を選び、髪色を茶色に染めている場合は茶系のアイブロウを選ぶようにしましょう。

使う場合は、眉ブラシで毛の流れを整えて、伸びすぎているところは眉用のハサミで切って、眉のラインからはみ出しているところは、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃って整えます。

先ほどお伝えしたように、このとき、眉毛の上の部分は整える程度で、あまりいじらないようにしてくださいね。

 

その後、アイブロウペンシルでで薄い部分に眉毛を薄くちょっとずつ描いていき、自然な眉毛を作り上げるようにしてください。

場所の目安としては、黒目の外側あたりから、目尻の間の間に眉の最も高い部分である眉山を作り、眉尻は小鼻から目尻の線をそのまま伸ばした場所に作ると綺麗な眉毛になりますので、足りない部分はアイブロウで描き足していくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

アイシャドウ

大学生,メイク,初心者

次にまぶたの部分のメイクをアイシャドウでしていきましょう。

アイシャドウには、パウダータイプとクリームタイプがありますが、まずは色の乗せ具合を調整しやすいパウダータイプがおすすめです!

 

そして、色は、ナチュラルな仕上がりになるのに、目を大きく見せてくれる茶色系の色味がおすすめです。失敗しにくいベージュ〜茶系がベストです。

ベージュから茶色までの色味が3〜4色入っているアイシャドウをゲットしておくとグラデーションテクニックを使って、目を大きく見せることができますし、色味の調整もしやすいのでおすすめです。

まぶたの窪みに囲まれた部分全体に一番白みの強いベージュ系の色を塗り目に向かってグラデーションを意識してアイシャドウを濃ゆいものを塗っていきましょう。

 

アイライナー

大学生,メイク,初心者

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/428027/photo/1186656/

アイライナーは、女子にとって、メイクの中でも特に重要な工程ですよね!

 

アイライナーには・・・。

  • パウダータイプ
  • ペンシルタイプ
  • クリームタイプ
  • リキッドタイプ

と、かなり多くの種類がありますが、初心者にはペンシルタイプとリキッドタイプのダブル使いがオススメです。

 

アイラインの基本のラインはペンシルで描いて、目尻の目立たせたい部分にはリキッドを作る方が目力をアップさせることができますよ♪

まつげとまつげの間はペンシルで埋めるようにするとナチュラルなのに目の印象を高めることができます。

 

色は黒と茶の2タイプがメインで、ブラックの方が目力をアップさせることができますが、ブラウンの方がさりげなく盛ることができます。

目元は涙や目薬などで濡れてしまうことも多いですので、化粧が落ちてしまうリスクを考えると、やはりウォータープルーフタイプのものがおすすめです。

 

下まぶたのラインは、黒目の中央部分から目尻に向かってかくと、自然に目を大きく見させることができます。

 

スポンサーリンク

 

マスカラ

大学生,メイク,初心者

引用:http://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB007277/

アイライナーが終わったあとは、次にまつげのメイクをしていきましょう。

まずは、まつげにビューラーをかけていきましょう。

まつげは三段階くらいに分けて緩やかなカールを作っていくと、まつげがちゃんしっかりついて伸びるようになります。

 

マスカラには、2つのタイプ。

  • まつ毛を長くすることができるロングタイプ
  • まつ毛を濃く見せるボリュームタイプ

があるので、お好きなタイプのものを選んで購入するようにしましょう。

 

ビューラーでマスカラのフタについているブラシを取って、容器の入り口で余計なマスカラ液を落とし、まつ毛の根元に付けて小さく左右に揺らしながら毛先に向かって塗っていくようにしましょう!

ダマにならないように丁寧に作っていくのが垢抜けたメイクに仕上げることができます。

 

このとき、カールを長持ちさせたい場合や、プールや海などのアクティビティや、汗をたくさんかくタイプの女性におすすめなのはウォータープルーフタイプの落ちにくいマスカラです。

ただ、仕上がりは綺麗になりますが、ウォータープルーフのマスカラは、メイクを落とす時に専用のウォータープルーフ対応の目元用リムーバーやオイル系のクレンジングを使用する必要があるので、メイク落としに手間がかかったり、まつげや目元に負担をかけてしまうというデメリットもありますので、お好みで選ぶようにしてください。

 

マスカラのカラーには、基本的な色は、黒か茶があります。

黒い方が目力はアップしますが、茶色い方が優しい印象に仕上がりますよ!

また、最近では赤や青などのカラーマスカラも人気がありますので、ポイントで入れてみても面白いですよ♪

 

そして、うわまつげをメイクしたあとは、下まつげです。

下まつげはあまりにもマスカラで盛ろうとするとくどい昔っぽいメイクになってしまうこともありますので、マスカラのブラシを縦にして、一本ずつ塗るように丁寧に仕上げるのがおすすめです!

下まつげにもマスカラはしたいけど、普通のマスカラだと大きくて上手にできない・・・という人は、下まつげ用の小さめなマスカラも販売されていますので、そういったタイプのマスカラを使用するのも良いでしょう♪

スポンサーリンク

チーク

大学生,メイク,初心者

引用:https://lovely-media.jp/posts/5770

忘れがちですが、ほほにチークを入れるのも非常に重要です!

チークにも、主にパウダータイプとクリームタイプがありますが、最初はパウダータイプのものがおすすめです。

ピンク系とオレンジ系がメジャーなカラーですので、お好きなタイプのカラーを選んでみてください。

ピンクだとフェミニンな印象に、オレンジ系だとカジュアルな印象になります。

口紅やアイシャドウとの色バランスや、最終的に作り上げたい顔の印象に合わせてカラーを選んでください。

 

笑ったときに、一番高くなる頰の位置に向けて、こめかみからその部分に向けて色を載せるようにしてください。

ナチュラルな仕上がりになるように、鏡で色味や範囲をチェックしながら調整するようにしてくださいね。

 

慣れてきたら、ベージュ系のチークも顔を引き締めた印象に仕上げることもできるので試してみてください!

 

スポンサーリンク

 

リップ

大学生,メイク,初心者

引用:https://goo.gl/sRvns3

リップもメイクの印象を大きく変えるポイントです。

リップを塗る前に、リップクリームで、唇に水分を保湿すると、伸びがよくなりますので、まずリップクリークを軽く塗り込んでからリップメイクをしていくようにしましょう。

そのあとに、リップは色が濃ゆすぎると老けた印象に仕上がってしまうことも多いので、初心者の方におすすめなのは、自分の唇の色に近いコーラルオレンジやピンクなどのカラーです。

上唇に薄く塗ったら、下唇と合わせて、ンパッと唇を押し付けあって色味を調整すると、肌馴染みの良い仕上がりになります。

全体への塗り込みは、指を使ってしまうと良いですよ♪

 

このとき気をつけてもらいたいのが、前歯にリップがついてしまうという事故です。

リップを塗ったあとは、誤って歯についてしまっていないかどうかをきちんとチェックするようにしてくださいね!

 

慣れてきたら、いろんな色のリップを楽しんだり、リップを塗ったあとにグロスで仕上げてツヤ感を楽しんでみたりするのもおすすめです♪

韓国メイクで流行したティントなどもナチュラルに仕上がりますので、是非試してみてください。

スポンサーリンク

ハイライト・シャドウ

大学生,メイク,初心者

引用:http://favor.life/12442

ハイライトとシャドウはやりすぎると、劇団風なメイクになってしまうのであくまでもさりげなく使用するのがおすすめですが、上手にできるようになると、堀が深く、メリハリのある美人顔に仕上げることができるので、少しずつ取り入れていきましょう!

ハイライトはパール感があるホワイトのシャドウのようなパウダーで、鼻筋やTゾーン、上唇の窪みとあごにちょんちょんと乗せていき、肌になじませます。

そしてシャドウは、主に鼻筋を目立たせるために筋の横部分に専用のブラシで少しずつ入れて、指でなじませましょう。

最後に指でなじませないと不自然なギャルメイクになってしまうこともありますので、あくまでも少し凹凸を強調させる程度でOKです!

 

最初は足らないくらいのメイクで十分ですので、少しずつ取り入れてみてください!

このテクニックを使うだけで鼻筋が通り、凹凸のはっきりした小顔を作ることができますよ♪

>>女子大学生の髪型なら大人可愛いパーマ!

 

女子大学生のメイクで初心者が抑えるべき10のポイントまとめ!

大学生,メイク,初心者

今回は、『女子大学生のメイクで初心者が抑えるべき10のポイント』という内容で、メイク初心者のためのメイク方法や肌ケア方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介したポイントを抑えるだけで、基本的なメイクはできるようになります。

まずは、基本を抑えた上で、自分の顔にぴったりのメイク方法に応用していくようにしてください!

 

大学生にもなると、お呼ばれの場では、その場ににあったメイクをできるようになることも求められてきます。

基本的なメイクをすることは大人の嗜みとして非常に重要ですので、是非、この機会に学んでいくようにしてくださいね。

>>女子大学生のミディアムヘアアレンジ!

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。