同期のサクラの原作は漫画?原作担当の脚本家の評判や酷似の漫画とは?

ドラマ

同期のサクラの原作は漫画なの?原作担当の脚本家の評判や酷似の漫画情報もチェックしてみました!高畑充希のドラマ「同期のサクラ」の原作だと言われている漫画や、ドラマ原作担当の脚本家の評判に対する絶賛の声が興味深い!高畑充希のドラマ「同期のサクラ」の前評判は?

スポンサーリンク

 

同期のサクラの原作は漫画?漫画は存在するけど別物?

ドラマは原作も気になるものですが、ドラマ『同期のサクラ』に原作の漫画はあるのでしょうか?

どうやら、ドラマ『同期のサクラ』に原作の漫画はなかったようですね。

原作の漫画は存在する?とも思われていたようですが、そういうことですので、別物となりそうです。

 

では、ドラマ『同期のサクラ』に、小説など、ほかの原作は存在したのでしょうか?

調べてみましたが、ドラマ『同期のサクラ』には、ほかにも原作は存在しませんでした。

ドラマ『同期のサクラ』は、脚本家の遊川和彦さんによるオリジナルとなっていたのですね。

それでは、遊川和彦さんについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

同期のサクラの原作を担当する脚本家は?

ドラマ『同期のサクラ』の脚本を担当するという、脚本家の遊川和彦さん。

いったい、どのような人物だったのでしょうか?

 

遊川和彦さんは、1955年10月24日、東京都出身の63歳。

『GTO』、『女王の教室』、『家政婦のミタ』、『過保護のカホコ』など、これまで数えきれないくらいの人気ドラマの脚本を手掛けていました。

2017年には、映画『恋妻家宮本』で、脚本だけではなく、監督も務めています。

 

ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を受賞するなど、その評価は高いものとなっていました。

これなら、ドラマ『同期のサクラ』にも期待することができるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

同期のサクラの原作は過保護のカホコの人!高畑充希と再タッグ!

ということで、ドラマ『同期のサクラ』の脚本家は、遊川和彦さんでした。

さて、最近の遊川和彦さんの代表作といえば、高畑充希さん主演のドラマ『過保護のカホコ』が挙げられます。

 

ドラマ『過保護のカホコ』では、高畑充希さんが過保護な女性を演じ、話題に。

相手役の竹内涼真さんも注目され、知名度が上がることにつながりました。

そのため、ドラマ『同期のサクラ』でも高畑充希さんと竹内涼真さんの再共演を望む声まであったほど。

 

これが実現するか否かは不明ですが、高畑充希さんと遊川和彦さんは再タッグとなりましたので、ドラマが人気作になることを祈りたいですね。

 

同期のサクラの原作を担当した人のドラマと視聴率は?

ドラマ『同期のサクラ』の脚本家である遊川和彦さんのこれまでの実績も知りたいですよね。

はたして、遊川和彦さんの、過去に脚本を担当してきたドラマの視聴率とは、どれくらいの数値になっていたのでしょうか…?

 

調べてみたところ、なんとも衝撃的な結果となっておりました。

『女王の教室』が25.3%、『家政婦のミタ』に至っては、驚異の40・0%。

ドラマ『同期のサクラ』とおなじ高畑充希さん主演の『過保護のカホコ』も、14.0%となっていたのです。

 

ここまで実績が顕著なものだったというのなら、はたして、ドラマ『同期のサクラ』の視聴率はどこまで行くというのか、見どころになってくることでしょう。

 

ちなみに、同期のサクラは主題歌も話題になっていますよ!情報をまとめてみました!

 

同期のサクラの原作は漫画?原作担当の脚本家の評判や酷似の漫画とは?まとめ

ドラマ『同期のサクラ』は、高畑充希さんが主演、遊川和彦さんが脚本を担当ということですから、まさにゴールデンコンビ。

少なくとも、このドラマは、視聴率に関しては、まったく心配がないといえるかもしれませんね。

あとは、キャストに竹内涼真さんの登場があるのかどうかということを、ぜひ、見守っていきましょう。

同期のサクラの見逃し動画視聴はこちら!!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。