シャーロック相関図キャスト!日本版ディーンフジオカに対する反応は?

シャーロック

月9の日本版ドラマ「シャーロック」の相関図キャスト情報をチェック!日本版のメインキャストはディーンフジオカ・岩田剛典!そのほかのキャストや相関図は?キャストに対するみんなの反応も!シャーロック相関図キャスト!日本版ディーンフジオカに対する反応をまとめて紹介!

スポンサーリンク

 

シャーロックのドラマ化・キャスト相関図!ディーンフジオカ主演で話題に!

https://twitter.com/SHERLOCKcx/status/1164795185789669377

2019年の月9といえば、『トレース科捜研の男』、『ラジエーションハウス』、『監察医朝顔』と、医療ものが一貫して続いてきました。

きわめて異例でしたが、10月クールの新作はコナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズのリメイクである『シャーロック』と、久々のミステリーとなります。

 

それだけにドラマ『シャーロック』が気になりますが、主演するのは、ディーン・フジオカさん。

ディーン・フジオカさんといえば、2018年にも海外文学リメイク作品であるドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』で話題になりましたから、今作にも期待ですね。

 

しかし、『シャーロック・ホームズ』シリーズは、世界を代表するミステリーだけに、日本版となれば、どんな内容なのかが実に興味深いところでしょう。

そこで次では、ドラマ『シャーロック』の日本版の中身を確認していきたいと思います。

 

シャーロック 日本版はどんな話?

主人公のシャーロックは、フリーランスの犯罪コンサルタント。

これまでに数々の難事件を解決してきた実績を持っています。

天才的な頭脳を持ってはいますが、自分も犯罪者になりそうな素質も持っているという、二面性のある男なのでした。

 

一方、そんなシャーロックの相棒を務めるのが、精神科医のワトソン。

ひょんなことから、シャーロックと知り合って、彼に惹かれていき、同居するようになっていきます。

そんなワトソンは、実は、かなり繊細な心の持ち主でもありました。

 

そんなシャーロックとワトソンでしたが、2人の目の前には、次から次へと難事件が降りかかってくることになるのでした。

はたして、シャーロックとワトソンは、乗り越えていくことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

シャーロックのキャストと役柄紹介!相関図は?

ドラマ『シャーロック』のキャスト、役柄、相関図が気になります。

が、現状、役柄の決まっているキャストは、シャーロック役とワトソン役のみでした。

 

シャーロックのシャーロック役:ディーン・フジオカ

フリーランスで、特定の組織とは関係がない、犯罪コンサルタント。

子供のころから犯罪に興味を持ち、たくさんの事件の解決に貢献してきましたが、人間的には危ない面もあわせもっているのでした。

 

シャーロックの主題歌はディーンフジオカ?という話もあるんですよ!情報をまとめました!

 

スポンサーリンク

 

シャーロックのワトソン役:岩田剛典

精神科医で、東京都内の病院で働いています。

シャーロックに初めは好感が持てなかったものの、次第にその魅力にハマっていくことになり、彼とコンビを組むことになります。

 

シャーロックの刑事役:佐々木蔵之介

このほか、佐々木蔵之介さんが、役名は不明ながらも、刑事役で出演することが決まっています。

 

シャーロック相関図キャストに対するみんなの感想は?

原作に負けず劣らずの傑作になるかもしれない、ドラマ『シャーロック』。

そのキャストや相関図への視聴者の声も調べてみました。

 

結論としては、ディーン・フジオカさんや岩田剛典さんといったキャスティングには、期待する声がとても強くなっていたのです。

2人ともイケメン俳優ですから、当然のことでしょう。

 

が、一方では、このような声も。

 

 

たしかに、原作のシャーロック・ホームズは野放図なキャラクターなので、犯罪コンサルタントというのは、原作ファンには違和感があるのかもしれません。

しかし、本作は二次創作ですので、そのうちよさも伝わってくることでしょう。

 

シャーロック公式サイト

シャーロック公式ツイッター

シャーロック公式インスタグラム

 

 

シャーロック相関図キャスト!日本版ディーンフジオカに対する反応は?まとめ

『シャーロック・ホームズ』シリーズの実写化は、過去に例がたくさんあります。

が、日本人の登場人物で、現代の日本を舞台に実写化するのは、すごいこころみですね。

追加キャストの発表など、内容がさらに充実することを願いたいと思います。

 

シャーロックの見逃し動画視聴はこちら!!

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。