24時間テレビのギャラ総額と寄付の関係は?問題になっている点がヤバイ!

24時間ランナー

24時間テレビのギャラ総額と寄付の関係は?ギャラ問題がヤバイと言われている理由とは?24時間テレビのギャラ総額と寄付の関係をチェックしてみました!チャリティ番組だけど、ギャラがかなりの額、出演芸能人に渡ってる?ギャラ問題やそれぞれの出演者の報酬額とは?

スポンサーリンク

 

24時間テレビの出演陣ってギャラどれくらいなの?

『24時間テレビ』といえば、日本一有名なチャリティー番組ですよね。

さて、チャリティー番組であれば、本来、収益などはすべて寄付となるはずなのに、実は、『24時間テレビ』の場合は異なっていたようです。

初耳という方もいらっしゃるでしょうが、『24時間テレビ』の出演者には、ちゃんとギャラが支払われていたからです。

 

一部では、このことに納得がいかないとして、『24時間テレビ』にあえて出演しないという芸能人もいたとか。

よく考えてみれば、それはそれで、筋の通った考え方なのかもしれませんね。

 

さて、ギャラがいいか悪いかはともかく、出演者に支払われているギャラとは、いったい、いくらだったのでしょうか。

関係者の話としては、『24時間テレビ』の出演者へのギャラはかなりの額に及ぶと言われていました。

なかでも嵐の場合、ギャラの額は1000万円にも及んだとのこと。

グループ全体で1000万円ではなく、メンバーそれぞれ1000万円で、トータル5000万円という意味ですね。

さらに、『24時間テレビ』内のドラマに出演した場合、加えて500万円が支払われたといいます。

 

いかがでしょうか?

これでは、チャリティー番組と聞いて思い浮かべるイメージとは、だいぶ違うと言わざるを得ないですよね…?

 

24時間テレビの出演陣へのギャラは寄付から制作費を差し引いた金額?

メインパーソナリティーなのか、ただの出演者かによっても、『24時間テレビ』のギャラはそうとう変わっていたものと見られます。

しかし、それにしても、1人あたり1000万円~1500万円とは、一般のバラエティー番組でも、ここまでもらわない人もいるでしょうから、微妙ですよね。

 

それでは、こうした『24時間テレビ』のギャラとは、どのようにして計算されていたのでしょうか。

どうやら、一部の記事によれば、広告収入からギャラと制作費を差し引いた金額が寄付になるとのこと。

ということは、『24時間テレビ』のギャラとは、広告収入から制作費と寄付を差し引いた額、ということでしょうか?

ますます、チャリティー番組なのか?という疑念が高まってしまいそうな気がします。

スポンサーリンク

 

24時間テレビ出演陣へのギャラ総額はどれくらいってこと?それぞれの芸能人のギャラ

さて、『24時間テレビ』に出演している芸能人へのギャラ総額は、はたして、いくらくらいだったのでしょうか?

嵐のメンバー1人だけで1000万円だったとしたら、他の人たちが少額だったとしても、トータルではかなりのものになってしまいそうですが…?

 

なんと、総額では2~3億円にも及ぶとも言われていました。

ほとんど宝くじの最高額レベルですから仰天してしまいますよね?

 

それぞれの芸能人のギャラも気になりますが、高額だった人の場合、単独で1億円もらったケースもあったとか。

さらに、あのふなっしーも、5万円もらっていたというのです。

ある程度、想像してはいましたが、『24時間テレビ』は、ギャラだけでかなりの額に及んでいたようですね。

 

24時間テレビ松本人志のギャラへのコメント

『24時間テレビ』のギャラは、どうやら、いろいろとワケアリだったようですね。

そこで、出演者によるギャラに対するコメントが気になってきますが、なにか出ていたのでしょうか。

 

ここで注目すべき発言としては、ダウンタウンの松本人志さんのものがありました。

松本人志さんは、1992年に『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めたのですが、そのとき、ちゃんとギャラをもらったと発言していたのです。

おまけに、チャリティー番組からギャラをもらったことに対して、抵抗も感じたとのこと。

しかし、なんだかんだで、結局、ギャラはもらうことにしたという、松本人志さん。

 

ギャラをどのように使ったのかも注目点となるでしょうが、これは本人がコメントを避けていました。

松本人志さんといえば、遊び好きでも知られていますので、ひょっとしたら、そういうことに使った可能性も否定はできなそうですね。

スポンサーリンク

 

24時間テレビ出演陣:司会のギャラは?問題なくらい高額?

ふなっしーでもギャラが5万円だったという、『24時間テレビ』のギャラ問題。

では、そんな『24時間テレビ』で司会を務めた場合、ギャラはいくらくらいになるものでしょうか?

 

できれば歴代司会者全員のギャラが知りたかったのですが、こちらは、調べてみても、さすがに分かりませんでした。

しかし、実は、『24時間テレビ』の初代司会を務めた人物が問題なくらいの高額のギャラをゲットしていたとの情報をつかめたのです。

 

先ほど、単独で1億円もらったケースがあるとご紹介しましたが、これがまさにその人で、1億円ももらった『24時間テレビ』の初代司会とは、あの萩本欽一さんなのでした。

これには萩本欽一さんもおどろいたろうと思いましたが、実はこれ、萩本欽一さんが値切って引き上げた結果だったのです。

そうであったとしても、ギャラが高額すぎることに変わりはありませんけどね。

 

24時間テレビ出演陣:ランナーのギャラは問題ない?

やっぱり、『24時間テレビ』とくれば、司会もさることながら、ランナーが象徴的ですよね。

さて、司会なら芸能色が強いものの、ランナーはチャリティー色が強いですので、ギャラはないのでしょうか。

 

もちろん、そんなことがあろうはずもなく、ちゃんと支払われていました。

先ほど取り上げた萩本欽一さんは、初代司会者であると同時に、ランナーもしていました。

では、ランナーとしてのギャラはいくらだったのかといいますと、司会より低かったものの、2000万円だったとか。

 

問題ないのか気になりますが、支払われている以上、少なくとも法的にはセーフなのでしょうね。

なお、やはりランナーをした杉田かおるさんは、自身のギャラは少なかったと語っています。

>>24時間ランナー歴代リタイア者・距離一覧!達成できなかった理由は?

 

スポンサーリンク

 

24時間テレビ萩本欽一はギャラを寄付した?

このように、萩本欽一さんは、『24時間テレビ』から、司会として1億円、ランナーとして2000万円、トータルで1億2000万円もギャラを得ていました。

これだけ稼いだとなると、どのように使ったのかも気になって来ますよね?

 

実は、萩本欽一さんは、自身に支払われたギャラをすべて寄付していました。

値切って引き上げたと伝えましたが、自身の金銭欲のためではなく、チャリティー目的だったというわけです。

最初に聞いたときは嫌な話だと思いましたが、実は、ずいぶん感動的なエピソードだったのですね。

 

 

24時間テレビの制作費や収入の内訳は?

最後に、『24時間テレビ』の制作費や収入の内訳についても、チェックしてみましょう。

 

まずは制作費ですが、総額は約4億2000万円とのこと。

内訳は、メインパーソナリティーが、ジャニーズの場合、1人約1000万。

パーソナリティーが、1人約500万円。

続く収入は、CM収入が約22億2750万円、募金が約8億5670万円、各種グッズの売上が約6億4000万円となっていました。

 

この結果から見れば、大幅な黒字となりそうですね。

はたして、2019年の、『24時間テレビ』の収益は、どれくらいの額に及んだのでしょうか?

 

24時間テレビのギャラ総額と寄付の関係は?問題になっている点がヤバイ!まとめ

今回は「24時間テレビのギャラ総額と寄付の関係は?問題になっている点がヤバイ!」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、情報が入ったら追記していきますね!

 

24時間テレビはランナーの4人目の予想もネットで白熱してて面白かったので、こちらの記事でみんなの予想と反応をチェックしてみました!

 

スポンサーリンク
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。