ルパンの娘 歌ってる人は大貫勇輔!円城寺輝の正体は?

ルパンの娘,歌ってる人,ルパンの娘,大貫
ドラマ

ルパンの娘,歌ってる人,ルパンの娘,大貫

ルパンの娘 歌ってる人は大貫勇輔!ミュージカル出演多数の実力派だった!他に出ていたドラマは?ルパンの娘での円城寺輝の正体はなに?ルパンの娘 で華と歌ってる人はだれ?と注目が集まってる俳優は大貫勇輔!華の幼馴染でミュージカルを突如始める円城寺輝の正体が気になる!

スポンサーリンク

 

ルパンの娘 歌ってる人に気になってる人が多数!ネットの反応

7月スタートのフジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」。放送前にも、主演を務める深田恭子さんの”泥棒姿”が注目を浴びていましたね。実際に放送がスタートした際の、視聴者の声を集めてみました。

『全員キャラが濃い』という感想が多いようですね。中でも、深田恭子さん演じる主人公の幼馴染が気になる!という方がたくさんいるようです。一体その幼馴染とは何者なのか、誰が演じられているのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ルパンの娘の歌ってる人は円城寺輝!俳優は大貫勇輔!

横関大さんの小説を原作とするドラマ「ルパンの娘」。

主人公の三雲華(深田恭子さん)は、泥棒一家である“Lの一族”の娘ですが、泥棒家業を継ぐことを拒み、図書館で司書として働いています。一方、桜庭和馬(瀬戸康史さん)は警察一家で育ち、警視庁捜査三課に所属する刑事。

 

そんな2人がある日、図書館で出会い付き合うことになりました。そして、和馬は華を自分の実家へ連れていきます。ところが、それまで華は和馬が警察官であることは知らず、和馬の実家の玄関に飾られた桜庭家の家族写真を見て、その事実を知ることになります。

問題なのは、三雲家つまり“Lの一族”は警察からも一目置かれるくらいの存在だということです。
この許されない恋は、一体どうなってしまうのでしょうか。

 

ルパンの娘 歌ってる人・円城寺輝の役どころは?

そんな華の幼馴染である円城寺輝。円城寺輝は、幼い頃から華と一緒に育ち、現在では世界を股にかける大泥棒。“Lの一族”の婿としてもぴったりの相手です。さらに、輝は幼い頃から華に好意を寄せていました。

華と和馬の許されない恋にライバルの輝が加わることで大きくストーリーが動き出しそうですね!

 

ルパンの娘 歌ってる人を演じてるのは大貫勇輔!


この円城寺輝役を演じるのは、大貫勇輔(おおぬきゆうすけ)さん。大貫さんは、1988年8月31日生まれの30歳(2019年7月現在) で、出身地は神奈川県だそうです。また、身長は180cmでアクロバットが得意なようです。

亀梨和也さんと深田恭子さん主演のドラマ「セカンド・ラブ」で、連ドラ初出演を果たしたそうです。最近では、2018年放送のドラマ「高嶺の花」の家元役で注目を集めていましたね。

 

大貫勇輔のホリプロオフィシャルサイト

大貫勇輔の公式インスタグラム

 

スポンサーリンク

 

ルパンの娘で歌ってる人・大貫勇輔はミュージカルも!どんな舞台?動画は?

大貫勇輔さんは2011年ごろに芸能事務所であるホリプロに所属しました。

それまでは、実家がダンススタジオだったこともあって、小さい頃からダンスを学び、17歳でプロのダンサーとなり数々の作品に出演。バレエや体操、ストリートダンスまで多岐に渡るダンスをこなします。

日本代表としてパリで行われたストリートダンス世界大会に出場したり、日本を代表するNBAバレエ団と共に舞台「ドラキュラ」でプリンシパルを演じたりしています。

そして、俳優として2011年にミュージカル「ロミオとジュリエット」に初出演して注目を浴びます。その後にはミュージカル「キャバレー」で藤原紀香さんのお相手に抜擢されさらなる注目を浴びることになりました。

2018年3月には、世界中で上演されている名作ミュージカル「メリー・ポピンズ」にも出演しています。大貫勇輔さんはバート役を射止め、演技・歌ともにか観客から大好評だったようです。

 

ルパンの娘 歌ってる人は大貫勇輔!円城寺輝の正体は?まとめ

(引用:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12206-332630/)

ドラマ「ルパンの娘」は、現代版「ロミオとジュリエット」とも言われていますが、今後の展開が楽しみですよね。深田恭子さんの泥棒姿も色っぽくてとても素敵です。

さらに、ストーリーはもちろん、出演者の方がとても魅力的ですよね。特に、今大注目の俳優ともいえる大貫勇輔さん演じる円城寺輝の役どころや、ダンスは必見です。ぜひ注目してみてください!

ルパンの娘を見逃したら無料視聴する方法はコチラ!

>>ルパンの娘の動画を見逃したらこの方法で無料視聴!

 

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。