TWO WEEKS原作ネタバレ!最終回結末が原作韓国ドラマで発覚!

三浦春馬,TWOWEEKS,原作,ネタバレ,最終回,結末,韓国ドラマ,リメイク,感想
TWOWEEKS

三浦春馬,TWOWEEKS,原作,ネタバレ,最終回,結末,韓国ドラマ,リメイク,感想

三浦春馬主演のドラマ「TWO WEEKS」の原作ネタバレ!最終回結末は原作の韓国ドラマで発覚!面白いですよ!ネタバレをみてから最終回まで迎えたいという方は必見!三浦春馬主演のドラマ「TWO WEEKS」の原作ネタバレ!最終回結末が原作韓国ドラマでチェック!

スポンサーリンク

 

三浦春馬主演のドラマTWO WEEKSの作品概要をチェック!

今回は7月期新ドラマ、三浦春馬さん主演の「TWO WEEKS」についてご紹介していきます

 

原作は韓国ドラマ、どんな内容のドラマで、韓国版ではラストはどうなったのかネタバレ公開です!

 

父親役という新境地の三浦春馬さん、地上波では「オトナ高校」以来の主演になります。

では新ドラマ「TWO WEEKS」について、原作のネタバレとともに韓国版のラストも見ていきましょう。

 

具体的な概要は、、、

<2週間のタイムリミットサスペンス>

父性に目覚めた男は、愛する娘を救えるか—。

一度は人生を捨てた男が初めて出会った8才の娘は、白血病を患っていた—。

ドナーとして再び生きる意味を見つけた男の前に、殺人の濡れ衣が立ちはだかる!

検察、警察、政治家、闇の組織…次々と明らかになる陰謀から逃れ、

初めて父性に目覚めた男は、娘の命を救うことができるのか!?

「TWO WEEKS」公式ホームページより

といったものです。そうです端的に申しますと2週間に及ぶ壮絶な逃亡劇を描く物語です。

 

その中で色々な思惑が交錯し、三浦春馬さん演じる結城大地がどう逃げていくのか、そして初めてあった娘にどんな感情を抱くのか、非常にスリリングでそれでいてハートフルなドラマになっているのではないでしょうか。

楽しみですね!

そんなドラマTWOWEEKSの原作は日本ではなく韓国ドラマであるという噂があります。

真相を見ていきましょう!

 

ドラマTWO WEEKSの原作は韓国ドラマ!リメイクだった!

それではドラマ「TWO WEEKS」の原作について見ていきましょう。

原作は2013年に韓国で放送された全部で16話のドラマでした。

日本ではBSにて放送されましたが、非常に世間の評価が高かったみたいです!

 

全16回の内容を1クール10回でどう収めるのかも注目ですね、

またその他キャストが発表になっていませんが、気になるところです!

どのような方が選ばれるのでしょうか。

そんなドラマTWOWEEKSの原作に対する皆様の声について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ドラマTWO WEEKSの原作韓国ドラマに対する感想

TWO WEEKS,相関図,キャスト,日本,子役,韓国,比較

それでは原作の韓国ドラマに対する感想を見ていきます!

・全16話だけど、もう少し話数少なくして展開をテンポよくしてもいいかな!? という気持ちはあったが結局、後半は先が気になって気になって、一気見してしまった。

・絶対見て! まではいかないけれど、クオリティはそれなりに高いし、暇つぶしにはとてもいいドラマだと思う!!

・ハラハラドキドキの展開で面白かった‼️子役の女の子が可愛すぎる(о´∀`о)

などなど、やはり非常に高評価な意見が多かったです!

これは本作が楽しみです。

次に韓国ドラマの原作のネタバレについて見ていこうと思います。

 

ドラマTWO WEEKS韓国版のネタバレ結末(ネタバレ注意!)

ここではドラマTWO WEEKS韓国版のネタバレ結末について見ていきます!

まず、結論を言ってしまうとハッピーエンドです!

こういったドラマは意外と後味悪く終わってしまうことも珍しくはないのですが、本作はハッピーエンドなんです。

簡単に説明すると白血病を患った8歳の娘、スジンの骨髄移植を2週間後に迫り、テサンの周りを様々な陰謀が渦巻いていますが、全て解決するんです!

そして暴力団員とつながりのある国会議員だったり・・・悪者は全て逮捕、そしてテサンの無実は証明されるのです。

それでは少し掘り下げて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

テサンの逃走、さらには取り巻く闇

テサンはもともと不良と言われる類の方で、当時のボスである悪徳事業者イルソク。

そのイルソクは、国会議員のソヒと手を組み麻薬の密輸を進めていたのでした。

イルソクの愛人のミスクは、麻薬密輸の事実を知ったことでイルソクに殺害され、その罪をテサンに着せるのです。

そこからテサンの逃走劇は始まるのでした。

ここではどんどんテサンを取り巻く環境が変わっていきます。

 

病気の娘、スジン

テサンは昔イネと言う名の愛した女性がいました。

そのイネが突如としてテサンの前に現れます。

この二人は8年前に分かれています。

そこで告げられるのはなんとイネがテサンの子供を産み育てていたことです。

そしてその娘、スジンは白血病を患っていたのでした。

イネはテサンに骨髄検査を受けて欲しいというのです、そう、スジンには骨髄移植が必要でした。

当初戸惑いを隠せないテサンでしたが実の娘と会い少しずつ父性が目覚め、検査、すると骨髄が一致し移植ができることになります。

しかし身に覚えのない罪で逮捕されてしまうテサン、しかし護送車が事故を起こしここしかないと逃亡することを選ぶのです。

 

激動の逃走劇

テサンは自分の無実が証明されるデータの入ったデジタルカメラの存在を知り、探しているところ再び殺人の疑いがかかってしまいます。

しかし娘のため、テサンは追い続けます。

スジンのことを心から想って、満身創痍になりながら逃走する姿は多くの涙を誘いました。

移植手術をするために、途中で負った怪我に敏感に反応するほどテサンはスジンを気にかけていたのです。

そして殺害されたミスクは地検のジェギョンが送り込んだスパイだったのです。

ミスクの殺害が許せずテサンを追って行く中で、テサンが真犯人ではないという事実を掴み、次第にテサンと協力関係になって行くのです。

テサンは孤独な闘争を繰り返してきましたが回が進むごとに協力する人も現れ、無実が証明されていくのでした。

スポンサーリンク

 

逃走劇の結末

そして無罪を証明すること、真犯人を逮捕させるというミッションをクリアしたテサン、しかし娘・スジンの骨髄移植という最大のミッションがまだ残されていました

無事に手術日に間に合い、自分の骨髄が移植される姿を感慨深そうに見つめます。

もちろん手術は成功しハッピーエンド。

退院日にテサンは病院まで行くのですが刑事のスンウの姿もありました。

実はイネの現在の恋人だったのです。

当初三角関係がこじれ、嫉妬もありテサンの逮捕に躍起になっていたスンウですが、最後には晴れ晴れとした表情になっていました。

退院後、テサン・イネ・スジンの3人はキャンプに来き、スジンが寝た後に話すのはスンウのことでした。

テサンはイネにスンウの元に行くように話します。

自分がかわいそうだからって、何年も支えてくれた人と別れるようなことはするなと。

しかしスンウもいい人・・・イネのことを愛してないわけではないが、3人の気持ちを知らんぷりはできない、何よりもスジンがパパを望んでいると身を引くのです。

とにかく3人に必要なのは時間、すぐには一緒に暮らせないけど、と前を向く選択をしたのでした。

>>相関図とキャストをチェック!!

 

TWO WEEKS原作ネタバレ!最終回結末が原作韓国ドラマで発覚!まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

結末はハッピーエンドながら中身が詰まっていてハラハラするシーンも多いのが特徴です。

この原作ですが、感動する人が多かったようです。

7月から始まる新ドラマ「TWO WEEKS」について詳しく紹介しました。

 

韓国ドラマでのラスト、涙なしでは見られません。

まだ三浦春馬さん以外キャストが発表になってないので、そちらも非常に楽しみですね。

本ドラマの内容はすでに原作の評価が高いことから間違いないと思いますが、キャストで左右される可能性もなくはありません。

だからこそ、ぜひ今後の情報にも注目してください!

また情報が入り次第追記させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

TWOWEEKSを見逃したら無料視聴する方法はコチラ!

>>安全な方法で「TWOWEEKS」の動画を見る!

 

スポンサーリンク

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。