監察医朝顔の漫画ネタバレ!原作で最終回はどんな内容?感想まとめ!

監察医朝顔,漫画,ネタバレ,原作,最終回,内容,感想
ドラマ

監察医朝顔,漫画,ネタバレ,原作,最終回,内容,感想

監察医朝顔の漫画ネタバレ!原作で最終回はどんな内容だったのか、無料で漫画を読んでチェックしました!皆の感想まとめもチェック!上野樹里主演のドラマ「監察医朝顔」の漫画ネタバレ情報をチェックしました!原作で最終回はどんな内容?感動のヒューマンドラマの感想まとめ!

スポンサーリンク

 

監察医朝顔は人気漫画が原作!

ドラマといえば、原作があるのか、オリジナル脚本なのかも、興味深いところではないでしょうか。

調べてみたところ、ドラマ『監察医朝顔』は、漫画が原作となっていました。

原作漫画は同名で、原作は香川まさひとさん、作画は木村直巳さんが担当していました。

2019年現在、終了していますが、かつては『漫画サンデー』で連載されていました。

連載期間は2006年から2013年までで、単行本は30巻にも及んでいます。

 

なお、『監察医朝顔』は、実際に、法医学者である佐藤喜宣さんが監修をしていたといいますから、ずいぶん本格的ですよね。

それを原作としたドラマもきっと、そうとうリアリティーがあるものになっていくのではないでしょうか。

2019年7月からの放送が楽しみですね。

 

監察医朝顔の最終回ネタバレは?

さて、ちょっと気が早いかもしれませんが、ドラマ『監察医朝顔』の最終回はどうなっていくのでしょうか。

ドラマはまだ分かりませんから、原作漫画の最終回をネタバレしていきたいと思います。

原作漫画の最終回は、ちょっと意外な内容になっていました。

万木朝顔の回想シーンがメインとなっていたのです。

万木朝顔が、これまでに関わって来たいろんな人々とのことを思い出していく、という内容だったのですね。

そして最後には、いつものように警察から呼ばれることによって、万木朝顔が仕事に追われていく、という流れになっていました。

はたして、ドラマ版はどういう最終回になっていくというのか、非常に気になりますね。

原作漫画のパターンは、ドラマ向きとは思えませんから、ひょっとしたら、若干、改変することになるのでしょうか?

実際にドラマ『監察医朝顔』が最終回を迎えるのは、2019年9月の予定です。

 

スポンサーリンク

 

監察医朝顔の原作とドラマとの違いは?

『監察医朝顔』には、ドラマと原作漫画では、どういった違いがあったのでしょうか?

 

実は、万木朝顔の母が亡くなった地震なのですが、ドラマでは2011年の東日本大震災なのが、原作漫画では1995年の阪神大震災だったのでした。

おなじ地震であっても、これはけっこう大きな違いですよね。

原作漫画の連載が始まったのは、東日本大震災が発生する前の2006年のことでした。

ですから、地震が東日本大震災でないのは、当たり前のことですよね。

しかし、どちらにしても、万木朝顔にとってはトラウマなわけですから、母との関係についても、しっかりと注視していきたいところです。

>>監察医朝顔の相関図とキャストをチェック!漫画の相関図との違いは?

 

監察医朝顔の漫画ネタバレ!原作で最終回はどんな内容?感想まとめ!

今回は「監察医朝顔の漫画ネタバレ!原作で最終回はどんな内容?感想まとめ!」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、最新情報が入ったら更新していきますね!

「監察医 朝顔」の見逃し動画を無料視聴する方法・再放送情報はこちらをチェック!!

>>「監察医 朝顔」の動画を無料視聴する方法を実際に検証しました!

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。